寝盗られ宗介のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ネ行
 > 寝盗られ宗介
 > (レビュー・クチコミ)

寝盗られ宗介

[ネトラレソウスケ]
1992年【日】 上映時間:106分
平均点:6.00 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(1992-10-03)
ドラマコメディロマンス戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2003-10-15)【onomichi】さん
タイトル情報更新(2021-03-11)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督若松孝二
キャスト原田芳雄(男優)北村宗介
筧利夫(男優)ジミー
岡本信人(男優)謙二郎
佐野史郎(男優)信二
小倉一郎(男優)岩手の医者
梅津栄(男優)亀井の父
斉藤洋介(男優)北島マネージャー
玉川良一(男優)大造
藤谷美和子(女優)レイ子
吉行和子(女優)志乃
あき竹城(女優)ウメ
藤田弓子(女優)イネ
柴田理恵(女優)こまどり姉妹・亀井
白川和子(女優)玉枝
原作つかこうへい
脚本つかこうへい
音楽宇崎竜童
撮影鈴木達夫
製作奥山和由
バンダイ
プロデューサー若松孝二
配給松竹富士
照明安河内央之
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 こりゃ、落語だね。
成金親父のドラ息子が、親父の死ぬ前に結婚式をあげるという、簡単な話。

しかし、嫁が一筋縄でいかない。
原田芳雄演じる座長に惚れていながら、別の男と次々関係もってしまう、
素直になれない色気たっぷりの女性を藤谷美和子が演じる。

さぁ結婚式が始まった!
新しい間男と行ってしまった、藤谷演じるレイコは、果たして式場に来るのか!?
スリル満点の結婚式の場面。
原田芳雄ショーも炸裂!愛の賛歌の場面は、こんな凄い俳優が日本にいたのか?と度肝を抜かれる。

結末は?・・言わない(笑)
是非、本編を観ましょう♪
トントさん [ビデオ(邦画)] 10点(2021-03-10 23:47:00)(良:1票)
6.《ネタバレ》 女を劇団員に次々と寝取られても飄々としている宗助は、器がでかいというか人がいいというか…。
腎臓を一つ劇団員にやることになるくだりはちょっと笑える。
原田芳雄と藤谷美和子が役柄にハマっている。
元となったつかこうへいの舞台は観ていないが、舞台のほうが明らかに向いてそう。
飛鳥さん [ビデオ(邦画)] 4点(2014-04-23 00:33:51)
5.腎臓手術のあたりからか、この度を越した「いい人」が熱を持ち始め、ジミーが駆け落ちすると言い出すあたりの演劇的切り返しシーン、後ろの幕がパッと落ち楽屋が見える、あそこらへんあたりからちょっとノレてきた。大半は原田芳雄の魅力に掛かってたけど。越路吹雪の弟として「愛の讃歌」をやるのが、隠し芸的な興味ながらも見事。姉の身代わりに受験したっていうの。あと天皇の戦争責任を許してもらうためにマッカーサーに身を捧げたひばりの隠し子、なんてのも面白くはある。深読みするほどの意味はないと思うけど(芸能とは…、というところでドサ回りとつながってはいるか)。まだこの頃はひなびた風景がけっこう残っていた。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 5点(2012-02-29 09:53:36)
4.《ネタバレ》 『寝盗られ宗介』は、つかこうへいの舞台作を若松孝二-原田芳雄のコンビで映画化した1992年の作品です。つか作品はよく知りませんが、映画『寝盗られ宗介』は、やはり主人公が原田芳雄ということで、彼独自のアウトローというイメージが纏わり付きます。中年のアウトロー。そこはかとないアウトロー。アウトローの末路と言えばいいでしょうか。とはいえ、別に拳銃を隠し持っている元テロリストというわけではなく、ただのドサ回り一座の座長にすぎないわけで、その存在はアウトローにしてはかなり頼りなく、庶民的です。さらに、女房を駆け落ちさせて、戻ってくる度に、彼女がまた自分を選んだことに自足し、恋愛感情を細々と持続させるという、主人公は、なんという姑息な人格でしょうか。
しかし、単純にそうとも感じられないのです。原田芳雄が主人公を演じることにより、それが人間として、正当であるような、そんな重みを錯覚させるのです。そして、『愛の賛歌』です。このクライマックスの歌が指し示す「深み」と「高み」は、その意外性と共に、映画そのものに大きなインパクトを与えています。観ている僕らを高揚させ、そのふわーっとした高みから物語も大団円を迎えるのです。人生っていいものだなぁ~なんてね。

この映画は、ストーリーに特筆するところはないのですが、やはり原田芳雄の存在感が光ります。それは主人公の役柄を超えます。その個性をじっくりと味わえるかどうか、それによって評価が分かれる作品なのだと思います。
onomichiさん [ビデオ(邦画)] 8点(2011-08-16 08:27:50)(良:1票)
3.《ネタバレ》 同タイトルのNHKテレビドラマ(萩原流行・大竹しのぶ主演)がたいへん良く出来ていたため、期待半分、不安半分で鑑賞しました。原田芳雄は、弱みを見せることを許されない悲しい中年男。藤谷美和子は、強がる男がいかにも惚れてしまいそうなキュートで馬鹿な劇団女優を、見事に演じてみせました。藤谷は、こんなによい女優だったのだろうかと、とても驚きました。つかこうへいが書いた「寝盗られ宗介」には、長編小説、短編小説、戯曲があります。本作は、長編小説をベースにしています(ただし、つかのこの時期の長編小説は必ずラストがアンハッピーとなります)。豚と猫を掛け合わせた家畜「ぶたねこ」が登場する無茶なエピソードが妙にリアルで、おかしかった。本作は、私がつかこうへい映画でもっとも好きな作品となりました。
DONGYAOSさん 8点(2004-06-20 18:04:58)
2.元はつかこうへいの舞台ですよね。舞台で見ると面白いのかもしれませんね。映画ではなんかイマイチでした。
MASHさん 4点(2004-01-03 14:55:56)
1.原作を読んでからだったんですが、どうもミスキャストな気分でまるでダメでした。
亜流派 十五郎さん 3点(2003-11-16 10:57:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3114.29%
4228.57%
5114.29%
600.00%
700.00%
8228.57%
900.00%
10114.29%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS