情婦マノンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 情婦マノン
 > (レビュー・クチコミ)

情婦マノン

[ジョウフマノン]
Manon
1948年【仏】 上映時間:105分
平均点:8.20 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(1950-09-01)
ドラマモノクロ映画犯罪ものロマンス小説の映画化
新規登録(2003-10-15)【ともとも】さん
タイトル情報更新(2013-12-17)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
キャストミシェル・オークレール(男優)ロベール
セルジュ・レジアニ(男優)レオン
セシル・オーブリー(女優)マノン
ミシェル・ブーケ(男優)
ドラ・ドール(女優)
ガブリエル・フォンタン(女優)
ガブリエル・ドルジア(女優)
原作アベ・プレヴォー「マノン・レスコー」
脚本アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
音楽ポール・ミスラキ
撮影アルマン・ティラール
配給東宝
美術マックス・ドゥ-イ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 逆さに担ぎ上げて歩くなんて、そりゃあ誰もが驚くだろう。しかしそこまでする意味がどうもわからないけど・・・。アベ・プレヴォーの原作は若い時読んだが情熱的だった。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2013-11-27 09:55:46)
4.《ネタバレ》 喧嘩し、罵りあいながらも愛し合う二人の男女。
幾たびも、別れそうになるが、そこは運命のつながりか、地獄の果てまで二人一緒。
地獄の逃避行とも言えよう。
最後は一緒に死ぬという、これしかない終わらせ方だが、そこに持っていくまでの見せ方が巧い。

特に、終盤の砂漠を彷徨うシーンが素晴らしい。
そして怖い。
アンリ=ジョルジュ・クルーゾーが創る映画の凄さと面白さが、まさにこの砂漠のシーンに凝縮されている。

愛する人が銃に撃たれて、砂漠で死に、亡骸を運んでいるうちに、徐々に腐り始め、愛する女性が醜くなっていく。
それで仕方なしに砂の中に埋める。
顔だけには砂をかけずに。
なんと哀しく、そして美しいシーンなんだろう。

愛する男女の破滅的逃避行を描いた傑作サスペンスで、この時代のフランスにしか創れないであろう作品。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 7点(2010-10-24 01:36:33)
3.《ネタバレ》 これは恐ろしい。一見、男と女のメロドラマのような雰囲気、ラブストーリーというような感じで見せておきながらじわりじわりと二人の男女の裏に隠された何か見てはいけなかったような恐ろしいものを見てしまったようで本当に恐ろしくて、メロドラマを見ていると同時に惨酷な運命へと突き進む恐ろしいサスペンスものを見ている感覚に襲われた。クルーゾー監督らしい人間描写、追い詰めていく緊張感、そして、圧巻なのはやはりあのラストシーン!射殺された青年を逆さまに担ぎながら砂漠を歩いていくマノンの姿がとにかく怖い。怖い。これほど惨酷で恐ろしい恋愛ものなど私は初めて見たかもしれない。これはラブストーリーではあるけれど、ラブストーリーの形を借りた何とも恐ろしくも哀しいサスペンスドラマの傑作だ!
青観さん [DVD(字幕)] 9点(2009-01-14 21:56:24)
2.'51年のマーロン・ブランドと並ぶ'49年セシル・オーブリーの衝撃、この胸の高鳴りと恐るべきラストシーン!
よし坊さん [DVD(字幕)] 8点(2006-05-05 07:07:45)
1.白黒映画なんて・・という私の考えを一掃してくれた怪作。プロット、キャスト、ストーリーが現代の映画にも全くひけをとらない鋭い感性が伺えて、この監督にただただ驚嘆するばかりです。マノン・レスコー演じたセシル・オーブリーが超はまり役で、ファムファタル映画の真骨頂。永遠の名作のひとつだと思います。
ともともさん 10点(2003-10-15 09:55:59)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 8.20点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7240.00%
8120.00%
9120.00%
10120.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS