鉄拳(1990)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > 鉄拳(1990)
 > (レビュー・クチコミ)

鉄拳(1990)

[テッケン]
1990年【日】 上映時間:128分
平均点:5.86 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(1990-11-23)
アクションドラマスポーツもの
新規登録(2003-10-15)【カズゥー柔術】さん
タイトル情報更新(2014-03-10)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督阪本順治
キャスト菅原文太(男優)中本誠次
大和武士(男優)後藤明夫
萩原聖人(男優)中本真也
大楠道代(女優)志津子
藤田敏八(男優)池田医師
ハナ肇(男優)筒井専務
原田芳雄(男優)滝浦勇
脚本阪本順治
音楽梅林茂
撮影笠松則通
製作荒戸源次郎
配給松竹
照明水野研一
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 阪本監督、監督2作目なんですね。
とにかくどういう映画か、つかめない。
コメディなんでしょうかね。

後の硬派な作品を仕上げる監督のレアな珍品。
トントさん [DVD(邦画)] 6点(2019-06-25 11:12:35)
6.《ネタバレ》  人情ドラマ・・・不良映画・・・?いや、・・・ボクシング映画?サクセスストーリー・・・いや、復讐もの?・・・・(変な制服集団出てきた・・・)・・・ま、まさかのSF?というかファンタジー?・・・ヒーローもの?
 うぉぉ、この映画のジャンルは何~?
 何で最後ざるうどん食ってんの~?なんでラストそんな満足そうな笑顔なの~?
 あ!わかった!この映画のジャンルは「ミステリー」だ!!
 ピンときました☆
たきたてさん [DVD(字幕)] 4点(2013-04-09 05:01:43)
5.《ネタバレ》 ボクシングの物語だと思わせておいて、進むにつれて物語は思わぬ方向へ・・・。結構見応えがあり、面白いと思います。結局、勧善懲悪な格闘アクション映画ですね。
いさいささん [ビデオ(邦画)] 6点(2012-02-16 12:24:11)
4.前作『どついたるねん』同様のボクシング映画かと思ったのは前半のみ。師と弟子の関係の成熟してゆく様もボクサーの成長も省略され、これから大和武士がボクサーとしてのぼりつめようとしたそのとき、ドラマは大きく動き、ボクシング映画から正義VS悪のヒーローものに変容する。しかも主役は大和武士ではなく菅原文太だった。ジムの壁に描かれたウルトラマンはこのことを暗示していたのか!妻や子供にも愛想をつかされ、仕事もほったらかしのヒーローを夢見る男が、絶好の悪と遭遇し、夢を実現させるがごとくに戦うヒーロー映画。(と、書くとなんだかゼブラ-マンみたいだな、、。)しかも改造人間(一部)だし。バイクで駆けつける大和武士はさながら仮面ライダー2号だ!!坂本監督の初期作品は非常にわかりやすい男のドラマ、そして戦いのドラマが描かれますが、全てのベースはヒーローもののような気がする。この作品はそのことを強調しているように感じました。
R&Aさん [DVD(字幕)] 6点(2005-12-05 13:56:54)
3.シーザー武志さん演ずる謎の武闘派集団の残虐行為に不快感を覚え、サイボーグ化した主人公の制裁を望みながらストーリーを追っていると、話はなんだかよくわかんない方向に走り出し、仮面ライダーみたいな画になって、地球が揺れだしたあたりで、もうシーザーさんに釘付けになっている自分に気づく。一体シーザーさんはなんだったのか。ソバ食ってていいのか。変なしこりが残るが、エネルギッシュでおもしろい。
草壁さん 7点(2003-12-03 00:39:32)(笑:1票)
2.私はダメでした。いや、途中まではまだ良かったんだけど途中から我慢できなくなってきた覚えがある。ツライ映画でした。
亜流派 十五郎さん 3点(2003-11-16 11:19:47)(良:1票)
1.”あの「どついたるねん」の坂本順治監督が渾身の力を込めて描くボクシングファンタジー!”当時「どついたるねん」にえらく感動していたわたしに追い討ちをかけるごとく現れた坂本監督の最新作。しかも主演は「トラック野郎」シリーズで大好きな菅原文太と元ミドル級日本チャンピオンの大和武士!挙句の果てにはシュートボクシングのシーザー武志と来たもんだ。「この映画は只者ではない・・・」と勝手に思い込んだわたしは公開初日に劇場に飛び込んだ。そしてあまりの面白さに座席から落ちそうになった。真面目なのかふざけてるのか、現実味の無いストーリーはまさに”ボクシングファンタジー”だった。注目すべくは迫力ある挌闘シーン。ラストの文太&大和のボクシングチームVSシーザー率いる殺人格闘技集団?の戦いは本物の挌闘家だからこそ出せるリアル感と一発一発に痛さを感じさせる撮り方は素晴らしいの一言!特に文太とシーザーの一騎打ちはある意味崇高にさえ感じる名勝負だろう。
カズゥー柔術さん 9点(2003-11-12 01:22:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.86点
000.00%
100.00%
200.00%
3114.29%
4114.29%
500.00%
6342.86%
7114.29%
800.00%
9114.29%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS