ネクロノミカンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ネ行
 > ネクロノミカン
 > (レビュー・クチコミ)

ネクロノミカン

[ネクロノミカン]
NECRONOMICON
ビデオタイトル : ネクロノミカン/禁断の異端書
1993年【米】 上映時間:97分
平均点:4.71 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
ホラーオムニバス
新規登録(2003-10-30)【クリムゾン・キング】さん
タイトル情報更新(2004-12-25)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリストフ・ガンズ第1話『ザ・ドラウンド』
金子修介第2話『ザ・コールド』
ブライアン・ユズナ第3話『ウィスパーズ』
キャストジェフリー・コムズ(男優)
ブルース・ペイン(男優)
リチャード・リンチ〔男優・1940年生〕(男優)
デヴィッド・ワーナー(男優)
原作H・P・ラヴクラフト第1話『壁の中の鼠』 第2話『冷気/COOL AIR』 第3話『闇に囁くもの』
脚本クリストフ・ガンズ
ブライアン・ユズナ
伊藤和典
音楽ジョセフ・ロドゥカ
ダニエル・リッチ
撮影ジェリー・リヴリー
製作ブライアン・ユズナ
サミュエル・ハディダ
製作総指揮一瀬隆重
特殊メイクトム・サヴィーニ
特撮スクリーミング・マッド・ジョージ(特殊効果)
バート・ミクソン(特殊効果)
美術スティーヴ・ジョンソン(クリーチャーデザイン)
編集クリストファー・ロス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 構成に凝りを入れたB級ホラー映画であり、いかにも原作ありきの作り。やはり特撮も、俳優の質も80年代とは違う。トム・サヴィーニ、CGなんかに負けてたまるかとばかりのヤケクソ感が垣間見える。だが、時代の流れには勝てず、彼の仕事、激減したんだろうなぁ・・・
festivaljapanさん [DVD(字幕)] 5点(2019-07-27 21:29:34)★《新規》★
6.ラヴクラフトがどんな本を書いてるかはよく知らんし、原作がどんなんかも全く知らんけど純粋にホラー映画3本のオムニバスと見れば面白いし、グロさが第二話第三話となるごとに派手になっていくのも面白い。3本とも特殊メイクをそれなりに名のしれたが担当してるし、クリーチャーデザインも結構頑張ってるので見ごたえが普通にあって逆に驚いた。トム・サヴィーニってこんなんやったっけ?って変な感じだったりツッコミたいとこもそりゃあるけど手足切り株のアレは「恐怖新聞」のアレっぽくてしゃあなかった(笑)谷譲二さんの溶解人間は見ものですけどグログロ感が面白すぎな第3話のやりすぎ感が個人的には好きですけどね~。ネクロノミカンにまつわる3つのオムニバス映画ですが、ホラー映画の実績があるわけでもないのになんで金子修介が選ばれたんでしょうね、それがどうでもいい個人的な疑問。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 6点(2018-06-22 20:06:13)
5.《ネタバレ》 ラブクラフトの役なら、コムズではなくてズバリ嶋田久作でしょう。
各話水準はクリアしていると思います。
最後、ユズナは期待通りの無茶をやってくれています。
「婦警さん 変な夫婦に だまされて 哀れ最後は 子づくりダルマ」
お粗末。
#ごめんなさい。真似してしまいました。もうしません。
アホをどりさん [DVD(字幕)] 5点(2005-11-04 09:57:16)
4.ラヴクラフトは単なるツカミとして許したとしても、いかんせん中途半端。第3話の雰囲気とああいうクリーチャーの発想は好きですが。
あおみじゅんさん 5点(2003-11-07 15:36:23)
3.そもそも期待していませんでしたが、ラヴクラフトの小説の雰囲気は微塵も感じられません。映画化自体が無茶なのか・・・。大体、第2話(監督:金子修介!)が「冷気」を元ネタにしているのは判るとして、1、3話はどこがラヴクラフトなのかさっぱり判りませんでした。彼の名前を使わないでほしい。
shakuninさん 2点(2003-11-01 04:23:48)
2.ラヴクラフトの「ネクロノミカン(死者の書)」奪取のエピソードを主軸に、3話からなるオムニバス。解き放たれた者たちが世界に恐怖と混沌を巻き起こしてくれると思ったら、一本で終わった。残念。
ロカホリさん 6点(2003-10-31 00:41:09)
1.いわずと知れた“ネクロノミカン”(死者の書)の映画で、これは3つの話からなるオムニバス形式で進む。しかし…予算が足りないせいか、メイクの方がいささか気合入ってないようにも思える。
クリムゾン・キングさん 4点(2003-10-30 04:46:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 4.71点
000.00%
100.00%
2114.29%
300.00%
4114.29%
5342.86%
6228.57%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS