ランダウン/ロッキング・ザ・アマゾンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ランダウン/ロッキング・ザ・アマゾン
 > (レビュー・クチコミ)

ランダウン/ロッキング・ザ・アマゾン

[ランダウンロッキングザアマゾン]
The Rundown
2003年【米】 上映時間:104分
平均点:5.83 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-05-29)
アクションコメディアドベンチャー
新規登録(2003-11-03)【腸炎】さん
タイトル情報更新(2017-05-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・バーグ
助監督フランク・キャプラ三世(追加撮影班助監督)
アンディ・チェン〔スタント〕(第二班監督)
演出アンディ・チェン〔スタント〕(武術指導&スタント・コーディネーター)
キャストザ・ロック(男優)ベック
ショーン・ウィリアム・スコット(男優)トラビス・ウォーカー
ロザリオ・ドーソン(女優)マリアナ
クリストファー・ウォーケン(男優)コーネリアス・ハッチャー
ユエン・ブレムナー(男優)デクラン
アーニー・レイズ・Jr(男優)マニート
アーノルド・シュワルツェネッガー(男優)クラブのオーナー(ノンクレジット)
内田夕夜トラビス・ウォーカー(日本語吹き替え版/ソフト版)
田野恵マリアナ(日本語吹き替え版/ソフト版)
有本欽隆コーネリアス・ハッチャー(日本語吹き替え版/ソフト版)
鳥海勝美マニート(日本語吹き替え版/ソフト版)
稲葉実(日本語吹き替え版/ソフト版)
坂東尚樹(日本語吹き替え版/ソフト版)
古田信幸(日本語吹き替え版/ソフト版)
小森創介(日本語吹き替え版/ソフト版)
小山力也ベック(日本語吹き替え版/ソフト版)
江川央生(日本語吹き替え版/ソフト版)
魚建(日本語吹き替え版/ソフト版)
東地宏樹ベック(日本語吹き替え版/テレビ東京版)
菅生隆之コーネリアス・ハッチャー(日本語吹き替え版/テレビ東京版)
安藤麻吹マリアナ(日本語吹き替え版/テレビ東京版)
牛山茂デクラン(日本語吹き替え版/テレビ東京版)
玄田哲章クラブのオーナー(日本語吹き替え版/テレビ東京版)
佐々木梅治(日本語吹き替え版/テレビ東京版)
岩崎ひろし(日本語吹き替え版/テレビ東京版)
仲野裕(日本語吹き替え版/テレビ東京版)
佐久田修(日本語吹き替え版/テレビ東京版)
天田益男(日本語吹き替え版/テレビ東京版)
原作R・J・スチュワート(原案)
脚本R・J・スチュワート
ジェームズ・ヴァンダービルト
音楽ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕
挿入曲ジョニー・キャッシュ"Don't Take Your Guns To Town"
撮影トビアス・A・シュリッスラー
ピーター・ライオンズ・コリスター(第二班撮影監督)
製作マーク・エイブラハム
コロムビア・ピクチャーズ(共同製作)
ユニバーサル・ピクチャーズ(共同製作)
製作総指揮リック・キドニー
ビンス・マクマホン
ジョン・コーリー〔製作〕
アラン・ビーティ
配給UIP
特撮リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
スティーヴ・ジョンソン特殊効果スーパーバイザー
ビル・ウエステンホーファー(視覚効果スーパー・バイザー)
美術カイル・クーパー(クリエイティブ・デザイン)
ガーソン・ユー(タイトル・デザイン)
スタントジャック・カーペンター
J・J・ペリー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.《ネタバレ》  これは……ちょっと雑な作りの映画であるように思えます。

 例えば主人公は「あえて銃を撃たないタフガイ」という設定であり、劇中でも「銃は持っていくな」という歌詞の曲が流れるくらいの徹底振りなんですが、そんな彼が「とうとう自らのルールを破って、銃を撃つシーン」のカタルシスが弱いんですよね。
 そもそも「過去に悲劇的な事件があって銃を撃てなくなっていたが、友を助ける為にトラウマを克服して引き金をひいた」とか、そういう展開な訳でもなく「銃を使うと大変な事になるから」という、一種の「強過ぎる自分を縛る為の枷」みたいな認識で銃を撃たずにいただけであり、窮地に陥ったら「やっぱり銃を撃たないと無理そうだから撃つ事にする」と考え方を変えただけというんだから、観ていて拍子抜けです。
 じゃあ、いざ銃を使ったら無敵の存在になるのかなと思っていたら、最初こそ恰好良く撃ちまくっていて良い感じだったのに、敵の中ボス格である鞭使い達が出てきたら、途端に苦戦して銃を奪われ、結局は肉弾戦になっちゃうという始末。
 アクション自体は主演のザ・ロックの熱演もあってクオリティが高かっただけに、この辺りの脚本の雑さが、凄く気になっちゃいました。

 ラストに関しても「コンラボスによる幻覚」のギャグで終わらせたかったんだろうけど(どうせトラビスを逃がすなら、わざわざ連れて帰らなきゃ良かったのに……)って思えちゃうしで、最後までスッキリしないんですよね。
 多分「主人公は義理堅い男なので、一度請け負った仕事は果たす事にした」→「まさか息子のトラビスに害は加えまいと思っていたのだが、そうではないと気付いて逃がす事にした」って流れなんでしょうけど、それならもっとハッキリ「このままだとトラビスは殺されてしまう」くらいの危機感を抱かせる演出にして欲しかったところです。

 そんな具合に不満点も多いんですが……どうにも嫌いになれない愛嬌も備わっているんですよね、この映画って。
 ザ・ロックと、ショーン・ウィリアム・スコットが共演しているというだけでも、二人を好きな自分としては嬉しくなっちゃうし、ちゃんと彼らを魅力的に撮ろうという意気込みは伝わってくる。
 冒頭で顔見せしたシュワルツェネッガーに、主人公から指輪を奪った同僚という強烈なインパクトを残す二人が、それっきり出番無しで終わったりもするんですが「とりあえずスターをカメオ出演させておいた」「良い味出してる小人の俳優がいたので、とりあえず出しておいた」という茶目っ気が感じられて、憎めなかったです。
 「エルドラド」が「ヘルドラド」に書き換えられている看板や、敵のボスが「歯の妖精」について部下に説明する件なんかも印象深いですね。

 願わくば、もうちょっと主役二人の掛け合いを魅力的に描いてくれていたら「嫌いじゃない映画」から「好きな映画」に変わっていた気がする……
 そんな、勿体無い一品でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 6点(2018-02-21 07:51:00)★《更新》★
17.ザ・ロック主演って事でアクション全開。銃を封印したという設定で、肉体を駆使したシーンが多いです。飽きはしないので暇つぶしにはなると思います。
真尋さん [DVD(字幕)] 6点(2011-07-17 08:40:05)
16.ザ・ロックが出てるだけにアクションは激しすぎの一言なんですが、個人的にショーン・ウィリアム・スコットのキャラがウザすぎでした。なんでアマゾンの奥地にクリストファー・ウォーケン?な感じでしたしなんでゲリラのボスがロザリオ・ドーソンなんだぁ!!と思いつつ何も考えないアクション映画と見れば全然いいんだけどキャスティングがなぁ・・・どうしようもないわ。まぁザ・ロックがめちゃくちゃ体を張って頑張ってるので(たまにワイヤーっぽい動きするけど)それを評価してあげないとね~。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 6点(2008-05-07 10:55:32)
15.所々に笑えるシーンがあって面白かった。ザ・ロックかっこ良い~。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 6点(2008-04-24 00:07:15)
14.シナリオに目新しさは全く無いが、暇つぶしに見るアクション映画としたらなかなか楽しめました。ザ・ロックのアクションはさすがに迫力もあるし、悪役のボスにウォーケンという大御所を起用する事で物語が締まって見えます。銃を封印する事で肉体派アクションとしても頑張っていると思いますし。しかしなんでシュワちゃんが・・・!?
まさかずきゅーぶりっくさん [地上波(吹替)] 5点(2008-04-20 19:06:38)
13.アクションはなかなか良かったと思う。ウォーケンのおかげで最後まで見れました。
やっぱトラボルタでしょうさん [DVD(字幕)] 6点(2006-07-21 08:28:00)
12.ロック様かっこええ!ただそれだけの映画だったかな。ショーン・ウィリアム・スコットはアメパイの時の魅力が出てなかった。
ギニューさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-09-14 23:09:31)
11.If you smell what the~は無理にしても、Just bring it!くらい言っていただけると、非常に嬉しいんですが。
永遠さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2005-09-11 09:31:36)
10.銃を使わない理由は2で明らかになるのか?このまま終わってほしくないです。
ストライダーさん [ビデオ(吹替)] 6点(2005-05-09 21:33:19)
9.これで良いのではないですか。もともとそんなに期待して観る映画でもないし、
セガールは激太り、シュワルツネガーもスタローンも衰えた今、身体ではれる
こんなアクションを出来るのは彼しかありません。これからどんどんこの様な
肩肘張らず見られるこの様なB級アクションを作って欲しいですね。
彼の次の映画も恐らく新作落ちを待って一週間レンタルで借りることでしょう。
sokratesさん 7点(2005-03-14 12:02:24)
8.思っていたよりはるかに面白かったです。アイディア豊富なアクションシーンと軽妙な音楽はかなりポイント高いです。「何かあと一本ぐらいレンタルしたいな~」という状況におすすめ。
金子淳さん 7点(2005-02-23 16:01:19)
7.《ネタバレ》 個人的には楽しめた作品でした。最近はあまり泥臭いアクションシーンを目にすることがなかったので、ロック演じる主人公がジャングルで自分より身長の低い人たちにボコボコニされているシーンは、主人公を応援するのではなくその人たちを応援してしまいました。彼らが繰り出す空中殺法や高速拳のカッコ良さに、この人たちにはぜひ最後まで生き抜いていただきたかったです(笑)「周りの人が不幸になる」と銃を使うことを拒否し続けていた主人公が、映画終盤でついに怒りが爆発して敵をものすごい射撃のテクニックで倒すシーンに思わずゲイではないのに彼に惚れてしまいかけていた自分がいました(汗)これからロックが出る映画がないか待つのが楽しみになってきた自分がいました。クリストファー・ウォーケンのあの下っ腹が出具合も悪党のボスの威厳というか象徴としてなかなか凄みがあって良かったです。
はがっちさん 7点(2005-02-13 18:38:24)
6.何で観ちゃったのかって感じです。好きな俳優とか女優が出ているわけでもないから、なおさら面白くなかった。でも、変なフルーツを食べると人の顔が変形して見えたりするのはちょっと笑えたけど。ザ・ロックは『ハムナプトラ2』のほうがよかったと思う。
Geneさん 4点(2005-01-26 10:56:18)
5.だめだよー、こんな映画、ロック様ファン以外が見ちゃ。何も目新しいものなんてない、テレビ映画程度のアクションモノなんだから。こんな映画に、クリストファー・ウォーケンが出てて仰天しました。かわいそうに。。まぁ、プロレスラーの割りにはロック様って演技できるでしょ? それにプロレスラーだから、アクションいけてるでしょ? それが確認できるだけの映画です。プロレスファンでなければ、マイナス4点くらいにしといてください。
ダブルエイチさん 5点(2005-01-26 03:45:55)(良:1票)
4.動けるアクションスターってのは貴重だと思う。現役のスーパースターのプロレスラーなんだから当然なんだけど・・・まあ、結構時間を感じさせずに楽しめました。アクションシーンはやはりさすがだと思う。
ディーゼルさん 6点(2004-12-12 22:01:00)
3.ストーリーは特にどうということもなかった。アクション映画はあまり好きでなくそんなに見ていないのだけれど15年位前に似たような映画があったような気がする。ザ・ロックはプロレスラーだけあって、格闘シーンはそれなりによくできていると思った。
HKさん 5点(2004-08-22 21:40:36)
2.近頃珍しい、キチンとカラダを張ったアクション+好みのタイプのコメディで、私はスッキリ爽快に笑えました。ザ・ロックとショーン・ウィリアム・スコットの組み合わせもバッチリ、初顔合わせとは思えない息の合ったコンビで出来れば続編も見たいと思いますし流れとしても間違いなく続編アリだと思います。ウォーケンに駄作無し、と私はずっと思って来ましたが、もちろん今回も期待は裏切られませんでした。やっぱりこの人が絡む映画はそれなりの基準はクリアしてます。主役の2人が2人共、絶対日本ではウケないタイプなのでハリウッドコメディのお約束通り日本での評判はボロボロですが、私はこの手のタイプの映画はもう大好きなので、やっぱり無くなってもらっては困ります。予算潤沢ではありませんが、それなりにお金のかけ方のツボは良く押さえていました。CG多用したカメラワークも今っぽくて面白かったし、やはりビッグバジェットには見られない作り手の誠意とチャレンジ精神、このクラスの作品ならではの真剣味が評価できます。現場は楽しそうですし、何と言ってもこの結束感は見ている側に多大な安心感を与えてくれます。ザ・ロックは私、今回初めてなんですけど、肉体美だけじゃなくて運動神経を感じさせてくれるアクションスターとして、今後大いに有望なんじゃないでしょうか。次回作が今から大変楽しみです。
anemoneさん 9点(2004-06-14 03:34:24)(良:1票)
1.今更このタイプの映画の良い所を見つけようとするのは不可能である。ハリウッドの数あるアクション映画と比べてもこの映画が持つ目新しさはあるはずも無く、ハリウッド映画史にまた駄作が一つ増えたというだけである。唯一クリストファー・ウォーケンが出演しているのが救いであるが、それはハリウッドの製作会社もこの映画の質をこれ以上低下させないための対策であり、彼にとってみればいい迷惑でしかないのである。
DREAM THEATERさん 3点(2003-11-09 18:30:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 5.83点
000.00%
100.00%
200.00%
315.56%
415.56%
5422.22%
6844.44%
7316.67%
800.00%
915.56%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review4人
4 音楽評価 5.75点 Review4人
5 感泣評価 3.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS