エリザベスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > エリザベス
 > (レビュー・クチコミ)

エリザベス

[エリザベス]
Elizabeth
1998年【英】 上映時間:124分
平均点:6.29 / 10(Review 141人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-08-28)
ドラマシリーズもの歴史もの伝記もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-01-31)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督シェカール・カプール
キャストケイト・ブランシェット(女優)エリザベス1世
ジェフリー・ラッシュ(男優)フランシス・ウォシンガム卿
クリストファー・エクルストン(男優)ノーフォーク公爵
ジョセフ・ファインズ(男優)ロバート・ダドリー
リチャード・アッテンボロー(男優)ウィリアム・セシル卿
ファニー・アルダン(女優)メアリー・オブ・ギース
ヴァンサン・カッセル(男優)アンジュー公
エリック・カントナ(男優)フランス大使ド・フォー
キャシー・バーク(女優)メアリー女王
ジョン・ギールグッド(男優)ローマ法王
エドワード・ハードウィック(男優)アランデル伯
エミリー・モーティマー(女優)キャット・アシュレイ
ケリー・マクドナルド(女優)イザベル・ノリーズ
ジェームズ・フレイン(男優)アルバーロ・デ・ラ・カドラ
ダニエル・クレイグ(男優)ジョン・バラード
ティム・ビーヴァン(男優)
シェカール・カプール(男優)(ノンクレジット)
ジャン=ピエール・レオ(男優)(ノンクレジット)
高畑淳子エリザベス1世(日本語吹き替え版)
勝部演之フランシス・ウォシンガム卿(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ロバート・ダドリー(日本語吹き替え版)
谷口節ノーフォーク公爵(日本語吹き替え版)
中庸助ウィリアム・セシル卿(日本語吹き替え版)
沢田敏子メアリー・オブ・ギース(日本語吹き替え版)
田原アルノアンジュー公(日本語吹き替え版)
丸山詠二ローマ教皇(日本語吹き替え版)
坂口賢一ジョン・バラード(日本語吹き替え版)
立石凉子メアリー1世(日本語吹き替え版)
中村秀利フランス大使ド・フォー(日本語吹き替え版)
石塚運昇アルバーロ・デ・ラ・カドラ(日本語吹き替え版)
品川徹ガーディナー司教(日本語吹き替え版)
稲葉実サセックス伯(日本語吹き替え版)
西川幾雄チェンバレン(日本語吹き替え版)
真殿光昭サー・トーマス・エリオット(日本語吹き替え版)
脚本マイケル・ハースト[脚本]
音楽デヴィッド・ハーシュフェルダー
編曲デヴィッド・ハーシュフェルダー
撮影レミ・アデファラシン
製作ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
リザ・チェイシン(共同製作)
デブラ・ヘイワード(共同製作)
ワーキング・タイトル・フィルムズ
プロデューサーメアリー・リチャーズ(ライン・プロデューサー)
配給日本ヘラルド
美術ジョン・マイヤー(プロダクション・デザイン)
ピーター・ハウイット〔美術〕(セット装飾)
衣装アレクサンドラ・バーン
編集ジル・ビルコック
字幕翻訳戸田奈津子
スタントサイモン・クレイン
デレク・リー
ロッキー・テイラー
その他デヴィッド・ハーシュフェルダー(指揮)
あらすじ
亡き父王ヘンリー八世が築いた英国教会に帰依する王女エリザベスはカトリック教徒の姉女王メアリーに幽閉されて死の恐怖を味わう。忍耐によって姉と和解して姉の死後に女王となったエリザベスは英国教会の独立を貫き、イギリス支配を目論む外国の王侯貴族の結婚の申し込みを悉く断り、フランスと組んだスコットランドの女王の野望を挫折させ、終には少女時代の恋人の個人的な愛情をも拒んで君主として成長していく。イギリスという国家との結婚を宣言した女エリザベスが日の沈むことのない帝国建設への一歩を踏み出すまでの過程を描く。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
141.《ネタバレ》 ドロドロ・コテコテの宮廷劇といえばもうイングランドのチューダー朝がピカイチ、この暗さと複雑な人間関係がたまりません。その集大成と言えるのがエリザベス一世治世ですが、この映画はその前半部分でスコットランドのメアリー・スチュアートとの関係や外交をばっさり切って、暗殺がらみの陰謀とロバート・ダドリーとの愛憎に絞ったストーリー展開となっています。 エリザベス女王はもちろんケイト・ブランシェットの当たり役にして出世作、ルックスはもちろん話し方や訛りまで変幻自在なカメレオン女優ケイトの面目躍如です。この映画はまだ若いころの出演ですが、改めて観てケイトはティルダ・スウィントンと瓜二つというかキャラ被りしてたんだなと、つくづく感じました。特にラストの白塗り顔になると区別がつきません、こんなことに喜んでいるのは私だけですね(笑)。だけどストーリーテリングは、ロバート・ダドリーとのメロドラマに軸足を置き過ぎた感じは否めませんでしたね。ここら辺を観ていると、知ってはいましたがよくもぬけぬけと“ヴァージン・クィーン”なんて言わせたものだ、さすがヘンリー八世の娘だと感心します。そこにエリザベスの秘密警察長官であるウォルシンガムが絡むわけですが、このジェフリー・ラッシュはなかなかいい味だした演技です。メアリー・オブ・ギーズの死の件やロバート・ダドリーの謀反とその処遇なんかは初耳でどう考えてもフィクションですが、まあエンタティメントですから五月蠅いことは言いますまい。だけどあまりに重苦しいストーリーテリングで、ちょっとは息が抜けるところがあっても良かったんじゃないかな。そういやヴァンサン・カッセルのアンジュ―公が女装趣味の持ち主だったとエリザベスにばれるシークエンスがありましたね、この映画で唯一笑えるシーンでした。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-01-23 23:51:01)★《新規》★
140.《ネタバレ》 父・ヘンリー8世と母・アン・ブーリンの愛憎劇を描いた『ブーリン家の姉妹』がなかなかの面白さだったので、その子・エリザベス1世の初期統治を扱った本作も連続で鑑賞しました。
いつ殺されてもおかしくない状況からの女王就任に、宗教問題で分断された国家の統合、王位簒奪を狙う周辺国家との駆け引き、国内最有力貴族による反逆未遂など、映画として面白いイベントてんこ盛りのエリザベス治世なのですが、これが実に盛り上がりに欠けるという残念な内容となっています。どうやら本作は当然に英国史を知っている人たちを対象として作られているようであり、各イベントについては観客の側で脳内補完してもらえることが前提となっているため、英語文化圏以外の観客にとっては各登場人物の行動原理が分かりづらい、大した煽りもなく大事がさらっと流されていくという不親切な仕上がりとなっています。
また、エリザベスのメロドラマが作品の横軸となっているものの、物語開始時点ですでにエリザベスとロバートとの関係性が出来上がってしまっているため、こちらも感情移入が難しくなっています。
美術や演技など見どころは多いものの、アカデミー作品賞ノミネートの割にはドラマ部分に力がなく、「名物に旨い物なし」を地でいくような仕上がりとなっています。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 5点(2016-12-05 15:29:18)
139.《ネタバレ》 ○いやぁもう少し勉強してから見るべきだった。にしてもラストシーンの存在感の凄さと言ったら素晴らしかった。○キャストも豪華。ジェフリー・ラッシュとジョセフ・ファインズは同年アカデミー賞の「恋におちたシェイクスピア」に出てるんだな。若き日のダニエル・クレイグも少しだけ見られる。○勉強したうえで続編ゴールデン・エイジ拝見したい。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-08-10 01:01:04)
138.エリザベス一世、この方の治世ならもっとたくさんドラマがあるのになあと彼女の前半生のお話で終わったのが個人的には残念。あ、続編があるのですか。楽しみ。肖像画そっくりのケイトが熱演していて、真紅のドレスを堂々と着こなす女王っぷりが冷たい顔立ちに映えます。J・ラッシュが今昔問わず英国王室に絡んでおります・・出た~ 今回悪そうだったなー。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-01-11 11:38:41)
137.「ER」のエリザベス・コーディの大ファンだからという的外れな理由で見たのですが、さすがに傑作でした。国内外の権謀術数のドロドロと、生身の女としての“性”のドロドロが混じり合った、まさにドロまみれの世界の描き方が見事。きらびやかな舞台や衣装までもが毒々しく見えてきます。私見ですが、『ローマの休日』のリアル版またはダークサイド版と言っては、褒めすぎでしょうか。女王の最後の有名な決めゼリフは、アン王女の記者会見における「ローマ!」に匹敵するかと。
それはともかく、世襲で地位を受け継いだ者が、そのまま自動的に実権を握ってしまう恐ろしさも感じました。たまたま女王が聡明であり、側近もしっかりしていたから良かったようなものの、これは壮大なギャンブルでしかありません。「さすがに古い政治システムだなぁ」と思ったら、何のことはない、今の日本も似たようなものです。しかも当時のイングランドの場合、もし無能なら暗殺や侵略といった“浄化装置”が働いたのかもしれませんが、今の日本ではそれも容易ではありません。そう考えると、500年前の英国にトリップしている場合ではない。衆議院が解散された今、あらためてそう思い知らされた次第です。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-11-17 17:15:32)
136.ちょっとグロいが、それが当時の世の中なのでしょう。その時代をリアルに表現しようとする迫力は凄いです。ラストのエリザベスはかっこいいです。あのシーンだけで十分な気もします。歴史的背景が分かってない私なんぞはそんな乱暴な感想を述べてしまうわけです。少し勉強してから見たほうが良いです。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-11-09 17:06:21)
135.《ネタバレ》 今まで観たケイト・ブランシェット出演作で一番早い作品だけあり、まだ幼さを感じるほどケイトが若い。続編を先に観てしまっていたので、余計にそう感じてしまうのかもしれない。  が、しかし、既に高い演技力はここそこに表れており、十二分に見応えのある重厚さを醸し出している。   ただ、歴史的背景などある程度の知識が無いと理解が難しい点もあるのは間違いないので、少し勉強すればもっと理解が深まるであろう。己を捨て、英国と結婚すると宣言した女王。誇り高き英国の原点を垣間見た思いでゴザイマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-10-05 07:27:53)
134.《ネタバレ》 公開時劇場で見て以来ですから、本当に久しぶり。細かい部分は忘れていますが、大まかなところは案外覚えていました。特にエリザベスが議会で演説する前にリハーサルするところが印象深いです。映画自体としては基本的に満足していますが、やはり劇場で見た時に受けた感銘には及びません。特にエリザベスとダドリーとの愛憎は、以前より薄味に感じてしまいました。それでもいい作だとは思うので、この点数です。
『ゴールデンエイジ』については……特に見直したいとは思いませんが、機会があれば見てみましょう。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-07-01 22:42:25)
133.《ネタバレ》 続編のゴールデンエイジを先に観てしまいました、ラストで決意とともに、そんな怖いメイクにせんでもええやん、というぐらい変貌する女王様(って書くと何かエロす)が、迫力ありました。
ないとれいんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-06-02 23:16:59)
132.何と言っても主演のケイト・ブランシェットがすばらしい。「ゴールデン・エイジ」を見るためには、まず前作をと思って見たのが正解だった。
エリザベスがさまざまな困難と障害を乗り越えて、女王の道を歩んでいくのがよくわかる。「ゴールデン・エイジ」でも思ったが、ブランシェットなしでは成り立たなかった映画という気がする。
この映画は音楽もまたすばらしい。エルガーやモーツァルトの音楽やもっと古い時代の曲を使って、見事に雰囲気作りをしている。
この映画以降、中世の英国を中心にした欧州の歴史に興味を覚え、これに関連する映画もたくさん見るようになった。それでもまだわからないところがたくさんあり、もっと理解できるようになると私自身のこの映画に対する点数も1~2点アップすると思う。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2011-07-27 13:06:40)
131.《ネタバレ》 内容は普通だったが、中世の世界観と映像美、ケイトの演技が素晴らしかった。
特にラストシーンは圧巻でした。
SW3のダースベイダー誕生(サイボーグ化)の場面くらいの存在感があった。
この映画が絶対君主エリザベス女王になるまでを描き、続編はその後を描いてる点でも似ている。
のははすひさん [DVD(字幕)] 7点(2010-08-07 21:29:12)
130.大学の英語の授業で字幕なしで見。内容は難しかったが、奥深い印象でした。
zackさん [DVD(字幕なし「原語」)] 5点(2009-12-03 13:44:16)
129.映像も美しいし、芝居も丁寧だし、観て得をした気になりました。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 7点(2009-08-08 14:21:40)
128.《ネタバレ》 この映画を何度も観た後で、英国ドラマのエリザベスを観てあまりの醜悪さにびっくりした。あれじゃただの色欲ババァだった。やっぱり美しさって大事。この映画のエリザベスは美しき孤高の英国を象徴していて、私の持つイギリス観をも高めてくれる。続編もDVDに録ってあるんだけど、評判が本作ほど芳しくないので食指がなかなか動かないんだよなぁ・・・。
りんすさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-08-03 12:47:47)
127.最後のケイト・ブランシェットがすごい。
出てくる人がみな美しくて、きれいな映画でした。
ゴールデンエイジもみなきゃ!!となります。
しゃっくりさん [DVD(字幕)] 6点(2009-04-30 21:22:11)
126.これがケイト・ブランシェットとの出会いだったが、なんてヘンな顔なんだろうと思った。えー、これがエリザベスなのー、場末のレストランの不機嫌なウエイトレスって顔じゃん、と思った。姉女王はそのレストランのおかみさん顔で、フランスの大使だったかは、イランのアマチュアレスラーって顔で、でもこのどんどん出てくる非史劇的な顔の連続に、そのうちリアリティを感じてくる。あんがい本物の王室世界なんてこんな感じなんじゃないかって。話はつまり『ゴッドファーザー』、次々と対抗勢力を処分していくあたりの演出は、音楽の使い方に至るまで全くイタダキでやってる。王宮の暗さを、マフィアの暗さみたいなもんだと同一視してるんだな。権力集団の暗さ。俯瞰の視点が多用されるのも、その暗さを強める。火あぶりを俯瞰で撮った映画なんて、あんまりないんじゃないか。あ、今ではケイト・ブランシェットもケイト・ブランシェットの顔も大好きです。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 7点(2008-11-01 12:10:25)
125.クラシカルで豪華な美術と役者たちの力量にすっかり魅せられた。続編も続けてDVDで見たのでケイトの迫力に気圧されてヘトヘト・・・
mimiさん [DVD(字幕)] 8点(2008-09-30 23:25:48)
124.難しかったです。
映像美とケイトの演技力に点数を。
りえりえさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-07-12 23:24:43)
123.どうもエリザベスに存在感が感じられず、成長過程の描き方も弱い。内容もマフィア物と変わらんし、宗教対立もよくわからんし、日本人受けしない作品のような。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-05-27 03:57:48)
122.参考書で予習してから鑑賞しましょう。
フッと猿死体さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-02-27 19:50:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 141人
平均点数 6.29点
000.00%
110.71%
210.71%
342.84%
4139.22%
51913.48%
63726.24%
73524.82%
82215.60%
985.67%
1010.71%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review4人
2 ストーリー評価 5.66点 Review6人
3 鑑賞後の後味 5.33点 Review6人
4 音楽評価 4.75点 Review4人
5 感泣評価 2.66点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1998年 71回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演女優賞ケイト・ブランシェット候補(ノミネート) 
撮影賞レミ・アデファラシン候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)デヴィッド・ハーシュフェルダー候補(ノミネート) 
美術賞ピーター・ハウイット〔美術〕候補(ノミネート) 
美術賞ジョン・マイヤー候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞アレクサンドラ・バーン候補(ノミネート) 
特殊メイクアップ賞 受賞ベスト・メイクアップ賞として

【ゴールデングローブ賞 情報】

1998年 56回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ドラマ部門)ケイト・ブランシェット受賞 
監督賞シェカール・カプール候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS