踊る大捜査線 THE MOVIEのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 踊る大捜査線 THE MOVIE
 > (レビュー・クチコミ)

踊る大捜査線 THE MOVIE

[オドルダイソウサセンザムービー]
(踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!)
1998年【日】 上映時間:120分
平均点:5.32 / 10(Review 319人) (点数分布表示)
アクションサスペンスコメディシリーズもの犯罪もの刑事ものTVの映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-03-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督本広克行
助監督羽住英一郎
キャスト織田裕二(男優)青島俊作(湾岸署刑事課強行犯係 巡査部長)
柳葉敏郎(男優)室井慎次(警察庁刑事局参事官 警視正)
深津絵里(女優)恩田すみれ(湾岸署刑事課強盗犯係 巡査部長)
いかりや長介(男優)和久平八郎(湾岸署指導員)
ユースケ・サンタマリア(男優)真下正義(湾岸署刑事課係長 警部)
水野美紀(女優)柏木雪乃(湾岸署刑事課強行犯係 巡査)
筧利夫(男優)新城賢太郎(警視庁捜査一課 管理官)
北村総一朗(男優)神田署長(湾岸署署長 警視)
小野武彦(男優)袴田健吾(湾岸署刑事課課長 警部)
斉藤暁(男優)秋山副署長(湾岸署副署長 警視)
小泉今日子(女優)日向真奈美(猟奇殺人犯=teddy)
津嘉山正種(男優)池神刑事局長
隆大介(男優)大林中隊長(捜査一課長特殊中隊 中隊長)
小林すすむ(男優)中西修(湾岸署刑事課盗犯係係長 警部補)
甲本雅裕(男優)緒方警官(湾岸署)
遠山俊也(男優)森下警官(湾岸署)
浜田晃(男優)島津捜査一課長(警視長刑事部捜査一課課長 警視正)
大和田伸也(男優)警察庁警備局長
佐戸井けん太(男優)魚住二郎(湾岸署刑事課強行犯係係長代理 警部補)
神山繁(男優)吉田副総監(警視庁副総監)
大杉漣(男優)公安部長
北山雅康(男優)坂下始
津田寛治(男優)捜査一課捜査員
渥美国泰(男優)警察庁長官
温水洋一(男優)会計課長
山崎一(男優)警務課長
原田清人(男優)警察庁次長
桜金造(男優)
木村多江(女優)看護婦
木内晶子(女優)カフェテラスのウェイトレス
正名僕蔵(男優)河原崎宗太
大塚良重(女優)坂下始の母親
幸野善之(男優)
脚本君塚良一
音楽松本晃彦
作詞織田裕二『Love Somebody Cinema Version』
編曲松本晃彦『Love Somebody Cinema Version』
主題歌織田裕二『Love Somebody Cinema Version』
撮影佐光朗(ステディカム)
藤石修
谷川創平(撮影助手)
製作村上光一
ROBOT(製作協力)
フジテレビ
プロデューサー亀山千広(プロデュース)
石原隆〔製作〕(協力プロデューサー)
堀部徹
臼井裕詞
配給東宝
美術梅田正則(美術監督)
照明金子康博(照明助手)
加瀬弘行(照明助手)
あらすじ
フジ系人気TVシリーズ「踊る大捜査線」の映画版。副社長(警視庁副総監を表す隠語)が誘拐された。警視庁捜査一課は極秘捜査を開始するが犯人は意外な人物だった・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213141516
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
319.《ネタバレ》 もう20年以上も前の作品になるのですね。青島さんや室井さんもすっかり年下になっちゃいました。物語の方はなんだか動機がない事件なので厚みがないですね。領収書の件だけ動機が十分過ぎるので説得力がありました。見所はあの名ゼリフです。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2021-02-11 01:42:08)
318.出れば出るほど劣化していくシリーズってのはあって、その最たるものがこれ。
テレビドラマがマスターピースで、テレビスペシャルや映画は全部蛇足。

まだ見てない人がいたら、テレビドラマはサブスクにないからDVDレンタルでもして見てくれ、
それ以外はあともう見なくていいから、本当に!と言いたくなる。

テレビドラマ版の何が良かったって、相当にパトレイバーを意識した作りだったし
(この映画のTHE MOVIEもパトレイバーの劇場版のぱk、オマージュ)
何より、フジテレビが移った湾岸という土地が、ちょうど閑散として空き地だらけというのも、
本当に時期的にパトレイバーをパクるには最高の舞台だった。
逆に数年置きに新作が出ることでいかに短期間にこの街が栄えたかも見ることができる。

そんなこんなでこの映画自体には何の思い入れもなくても、
20年も経って、大傑作ドラマの続編ってだけでもうなんか楽しめてしまうんだよね。
後半になるほど見てらんなくなっちゃうのは欠点だけど。
そうそう、何かに似てるといえば、順番は逆だけど、こち亀映画に似てる。
映画だからって話大きくしすぎるからつまらなくなるんだよ。
ドラマの良かったところは小さな事件だったということ。
ドラマをまだ見てない人がいたら、宅配レンタルででも借りて見てね。
にんじんさん [インターネット(邦画)] 6点(2020-05-09 03:36:16)
317. 警察署を舞台にした群像劇で、「太陽にほえろ!」のアンチテーゼとして登場したテレビドラマの映画化。変な緩さは現実離れが目立ち素直に笑えないが、管理社会への風刺も交えたサラリーマン喜劇としてみればそこそこ楽しめる。
 例の2本の映画へのオマージュ(?)はいただけない。流行のプロファイリングに便乗し、小泉今日子は不自然なパクリ演技の印象。そして、わざわざセリフで「天国と地獄」とはご親切。アジトが見つかるのも安易で、スモークボールの伏線ありきで作った印象。
 終盤の、室井による青島の搬送から敬礼シーンまで、感動押し売りが鼻につく。
風小僧さん [CS・衛星(邦画)] 2点(2020-01-12 11:54:03)
316.この映画版第1作、ずいぶん久しぶりに観ました。テレビドラマの放送も今は昔、距離をおいて今回観られたことで、結構楽しめた部分ってのもあります(それにしても自分はいつから、そして何故、こんなにテレビドラマというものを忌避するようになったのか)。
3つの事件を並行して描く必然性が薄いとか(事件同士をもうちょっとうまく噛み合わせられないものか)、権威の矛盾を描くのにギバちゃんのシカメッ面に頼り過ぎだろうとか、いかりや長さんボソボソ声でセリフ聞き取りにくいとか、いろいろ思うところもあるのですが。
(最後の件に関しては逆に、ドリフ全盛期のいかりや長さんはどうして、あんなに饒舌なイメージでもって「司会進行役」をやりたがったんだろうか、とも思ったりして。)
だけど、すでにテレビドラマの方でキャラが充分に練り上げられている、ということなんでしょう、迷いなく登場人物たちが各々の魅力を発揮していて、こういう部分は一種の強みですね。それに加えて、この役に小泉今日子を起用しよう、なんていうブッ飛んだ発想。ちゃんとその責任を取りますとばかり、見事にエキセントリックな存在として我々に印象づけるように彼女を撮っており、これは大成功でした。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2019-06-15 11:21:38)
315.《ネタバレ》 これはまだ面白かった。一番良かったのは、冒頭シークエンス。途中の天国と地獄へのオマージュはいらない。=下手すぎる。
にけさん [映画館(邦画)] 6点(2019-02-01 16:33:34)
314.こういうのを映画とは呼びたくない。『天国と地獄』『羊たちの沈黙』を意識したオマージュは、まるで三文芝居のような安っぽさでむしろ冒涜にも思えるほど。主人公が撃たれる等で感傷に走らせる展開は、テレビドラマの映画化ではお約束なのかというくらい見るに堪えない。これが興行成績160億円の大ヒットなんだからネームバリューが生んだ賜物というべきか。記録に残っても記憶に残らない。
Cinecdockeさん [地上波(邦画)] 1点(2016-03-22 20:43:18)(良:1票)
313.《ネタバレ》 最初で最後の「青島殺し」。
ドラマの劇場版なんて所詮ドラマの延長・・・だが本作は少し違う。
何故なら本気で「青島殺ろうぜ」という気概に溢れていたからだ。
「太陽に吠えろ」のジーパン殺し並みの勢いで。

ドラマは織田裕二と柳葉敏郎のピリピリした空気が魅力だった。
そこに警察の鬱憤やら汚職やら何やらをユーモアたっぷりに添える。
「逮捕しちゃうぞ」や「パトレイバー」のゆるい空気とシリアスな空気の両立。

ストーリーはいつも通り、
湾岸署に本部ー、
所轄はダメー、
青島どこ行くのー、
キャー窃盗ー!
一見すれば予定調和・・・だが、本作はそれほど生易しいものではない。

自分の死の運命が迫る青島。
犯人を見つけ、深手を負いながらもホシを逮捕する青島。

青島は、逝った。
この期を逃したらもう二度と殉職は出来なかっただろう。
いやあの瞬間だけでも逝っとけ。
だってあの血の量だぜ?
横でグーグーじゃねえよ馬鹿野郎・・・よくぞ生き残った青島。
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 8点(2014-12-11 08:36:25)
312.映画として評価する必要はないんだけど。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 4点(2014-09-15 11:43:59)
311.『踊る』シリーズ最初の映画化。『年末警戒SP』などで見せた緊張感がこの頃はまだ持続しており、TVシリーズの劇場版およびお祭り映画としてそれなりに楽しめる出来に仕上がっている。誘拐された警視総監と和久さん(いかりや長介)の関係を、そのまま青島と室井にスライドさせる構図も上手い。
野良猫さん [DVD(邦画)] 5点(2014-09-09 20:01:00)
310.人気番組ということで見たけど大変失望した。コメディとしては笑うに笑えず、刑事ものとしては緊張感も何もない。TVの映画化だそうだが、何となく馴れ合いでやっているように思えた。犯罪ごっこでは楽しめない。ところでいかりや長介さんは何なんだ。指導員ということらしいが何を指導しているのだ? 捜査の邪魔にしかなってないように見えるけど・・・。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 3点(2013-12-22 07:59:51)(良:1票)
309.ドラマを見てなかったことを考えると楽しめた方。最後もまんまと泣いてしまいましたし。
なこちんさん [地上波(邦画)] 6点(2013-02-17 03:54:45)
308.《ネタバレ》 テレビドラマシリーズの映画化の場合、そのテレビドラマが秀逸の場合、それを超えることはほとんど無理だと私は思っている。それでも、そこに近付けばそこそこ成功だと思うが、踊る大捜査線の1作目は映画が連続TVドラマを超えることが出来なかったが、まずまずの善戦ではないかと思う。一番大きいのは、2作目以降無くなってしまったTVドラマシリーズにあった特有の肌質があるのが大きい。個人的には青島とすみれさんが一緒に行動するところもうれしかった。
rosebudさん [映画館(邦画)] 8点(2012-10-21 18:48:00)
307.《ネタバレ》 いちおう踊るのファンです(笑)当然この映画も好きですよ。ユーモアとシリアスを散りばめて楽しく鑑賞できました。もう何回観た事やら・・・。1作目だけ犯人が巧妙にできてましたね。まさかの犯人。
でも、映画はこの1作目だけでよかったのに。
mitsuo@さん [DVD(邦画)] 7点(2012-09-12 22:49:42)
306.《ネタバレ》 ドラマ未見。この1はそこそこ良かったです。いかりや長介さんの功績が大きいですが。キョンキョンは個人的にはいらんかった。最後の青島のいびきは秀逸。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 6点(2012-07-23 01:51:05)
305.《ネタバレ》 テレビシリーズを全く観ておらず、何の予備知識もない私が、
テレビ版にハマっていた相方に連れて行かれ、当時劇場で鑑賞したのですが・・・
初めて観たにしては、各キャラのキャラづけも解り易く、結構楽しめちゃったのだから、テレビシリーズからのファンは、より楽しめたのでは?・・・と。

まぁ映画にしなくても、2時間テレビドラマでいいんじゃない?と思わないでもありませんが、楽しめちゃったんだから、いいんです!!

ドリフ世代の私?には、ひいき目なんかではなく、いかりや長介さんの演技が素晴らしく思えました。
ぐうたらパパさん [映画館(邦画)] 6点(2011-08-19 14:37:56)
304.ドラマのほうはまったく観ていなかったため、
この映画からキャラの魅力というのはあまり伝わってこなかった。
ストーリーはちょっと「セブン」を意識してるのかなという印象は受けたが、
取り立てて目立つような破綻はないので、普通の刑事ドラマとして楽しめるのではないかと。
もちろんシナリオの甘さは多々あるし、サイコサスペンスとコメディーの要素が
同居した作品というのも他に類を見ないのだが、細かい所を突っ込んでも意味はないのかも。
良くも悪くも、若者向けのテレビ映画だなという印象の作品だった。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 4点(2011-07-31 09:56:39)
303.シリアス要素とコメディ要素がどちらも中途半端。
もっとどちらかに偏らないと。

深津絵里の髪型がいい。最近は見なくなったけど。
たこちゅうさん [地上波(邦画)] 6点(2011-04-13 11:37:50)
302.ドラマのノリが好きなら間違いなく楽しめる。小泉今日子のキャラクターが素晴らしい。
j-hitchさん [DVD(字幕)] 6点(2010-09-21 21:21:23)
301.《ネタバレ》 今さらながらのレビューであるが、ドラマでお馴染みの面子が期待を裏切らない動きを見せるという点で、ドラマファンは観て損をすることは無いと思う。2時間という時間が比較的短く感じる。それってつまり楽しんでるってことだ。でも観賞後に感じるメッセージ性の浅さは「映画」として物足りない印象。とことん「テレビドラマ」なのである。これがヒットしたおかげで、その後にTV局主導の映画がたくさん出現することになった。ある意味、歴史的な作品と言える。劇場用作品が量産され邦画界が活況するのは喜ばしいことだけど、脚本の詰め方などはよろしくお願いします、と言っておきます。
アンドレ・タカシさん [ビデオ(邦画)] 5点(2010-08-15 22:17:07)
300.映画というより、2時間ドラマを見ている感覚~
展開は、なかなか楽しめました★
kureさん [地上波(邦画)] 4点(2010-07-27 19:45:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213141516
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 319人
平均点数 5.32点
0154.70%
182.51%
2206.27%
3268.15%
43210.03%
55818.18%
66018.81%
74313.48%
83410.66%
9103.13%
10134.08%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.33点 Review9人
2 ストーリー評価 4.10点 Review20人
3 鑑賞後の後味 4.38点 Review18人
4 音楽評価 7.05点 Review17人
5 感泣評価 3.61点 Review13人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS