帰ってきたドラえもんのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 帰ってきたドラえもん
 > (レビュー・クチコミ)

帰ってきたドラえもん

[カエッテキタドラエモン]
1998年【日】 上映時間:27分
平均点:7.39 / 10(Review 41人) (点数分布表示)
公開開始日(1998-03-07)
ドラマSFコメディアニメシリーズものファミリーリメイクTVの映画化漫画の映画化ショート(短編映画)
新規登録(2003-11-09)【_】さん
タイトル情報更新(2019-03-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督渡辺歩
大山のぶ代ドラえもん
小原乃梨子のび太
たてかべ和也ジャイアン
肝付兼太スネ夫
野村道子しずか
よこざわけい子ドラミ
千々松幸子ママ
中庸助パパ
青木和代ジャイアンのママ
佐藤ゆうこ子供
原作藤子・F・不二雄
脚本城山昇
音楽菊池俊輔
作曲菊池俊輔『青い空はポケットさ』
編曲菊池俊輔『青い空はポケットさ』
主題歌山野さと子『青い空はポケットさ』
撮影熊谷正弘(撮影監督)
東京アニメーションフィルム
プロデューサー木村純一
梶淳
増子相二郎
制作シンエイ動画
小学館
テレビ朝日
アサツー ディ・ケイ(制作協力)
藤子プロ(制作協力)
配給東宝
作画渡辺歩(作画監督)
編集岡安肇
録音大熊昭(録音監督)
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.おばあちゃんの思い出を上回ることはなかった。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 6点(2014-08-25 13:15:26)
40.ドラえもんで育った世代の人間としてはかなり涙腺に来るストーリーなのだけれども…これは劇場版にちょっとやりすぎ感が出ちゃった気がする。
なこちんさん [地上波(邦画)] 6点(2012-11-25 03:44:20)
39.前半と後半で、なぜかとてもバランスの悪い作品。
この作品の一番の見せ所でもある、のび太君の成長というテーマも、
まったく意味がなくなっちゃって、逆に寂しさを覚えた。
このタイトルも、ちょっとひどすぎるよね。
まあ深く考える必要もないんだろうけど・・・・・・。
MAHITOさん [インターネット(字幕)] 2点(2011-07-13 00:47:12)
38.初めて号泣した映画だったと記憶しています。この映画は2本立てでこちらが先の上映だったため、隣でケロッとしている妹にも泣き姿を晒さずに済みそうだと思っていた所、「おトイレタイムです」と明かりがついた時はもうどうしようもありませんでした。懐かしい小学生の頃の思い出です。
njldさん [映画館(邦画)] 9点(2009-03-01 01:48:18)
37.《ネタバレ》 当時小学生だった自分は、最初にのび太がドラえもんに泣きつく場面で早くも泣きかけ、恥ずかしくて我慢しようとしましたが、ジャイアンに立ち向かうのび太を見て完全に涙腺が崩壊してしまいました。。「ドラえもんが、安心して、未来に、帰れないんだっ!!」・・・生涯でこれほど泣いた映画には今後も出会うことはないでしょう
j-hitchさん [DVD(字幕)] 9点(2009-01-01 02:28:08)
36.《ネタバレ》 物語の展開的にはドラえもんは帰ってきては駄目なのでしょうね。でもそれでもドラえもんが帰ってきて私は素直に良かったなあと思いました。
でも確かにジャイアンとスネ夫が嫌なやつすぎますね。
民朗さん [地上波(邦画)] 9点(2008-08-05 15:50:32)
35.当時小学生の自分は不覚にも泣きそうになりました。必死で隠しました。
ばっじおさん [映画館(邦画)] 7点(2008-06-25 15:27:22)
34.《ネタバレ》 ドラえもんの力に頼る事なく、ボコボコにされてもジャイアンに食らい付くのび太が格好良い。のび太の一番格好良い姿が見る事が出来るのはこの作品です。他にもこの作品が素晴らしいのは嘘は良くないけど、こんな嘘なら許せるし、許すと感じさせてくれる所です。
青観さん [DVD(邦画)] 9点(2008-03-12 22:56:50)
33.《ネタバレ》 小学生の頃映画館で観たときはすごい感動したんだけどなぁ~。今観るとやっぱり30分でまとめるには無理のある話だなと感じてしまう。ジャイアン達の仕返しがすぐにやってきたり、のび太があっけなくアレを飲んでしまったり、ドラえもんが速効帰ってきたりなどなど、そういうのを考えるとやっぱり時間をのばした方がよりドラマチックになったろう。てか普通に本編よりもこっちの映画を1時間30分にした方がいいのに!この話自体はとてもいいんです。
たいがーさん [映画館(邦画)] 5点(2007-08-13 04:24:02)
32.《ネタバレ》 ドラえもん原作6巻のラストと7巻の1話目をうまくつなぎ合わせてると思います。シリーズはすべて見ていますが、涙を流したのは後にも先にもこれだけです。ただ、尺が短いせいか、のび太がウソ800を使うタイミングが早く感じられたのが残念でした。あれでは、のび太が我慢できない子みたいです(笑)
タフネスさん [DVD(邦画)] 8点(2007-01-26 16:16:32)
31.《ネタバレ》 帰ってくるところよりも、一生懸命ジャイアンとケンカするシーンの方が好きです。
θさん [映画館(邦画)] 7点(2007-01-05 23:22:18)
30.いい話じゃないですか。ちょっとベタ過ぎる気もするけど、感動しました
ラスウェルさん [地上波(吹替)] 7点(2006-11-25 19:27:59)
29.《ネタバレ》 「のび太の南海大冒険」と同時上映作品。このエピソードは原作でもTVアニメでも見たけど何度見ても感動します。「のび太の結婚前夜」と並ぶベストエピソードだと思います。ただ気になるのはこの短い間に帰ってこられても感動がいまいちかなと。
バカ王子さん [ビデオ(邦画)] 7点(2006-03-23 00:34:48)
28.のび太とドラえもんの友情の深さが堪能できました。ドラえもんが帰ってしまうことがのび太は一番悲しいはず。でもドラえもんをひたすら安心させて気持ちよく送り出そうとするのびたの姿、心の中は悲しみに満ち溢れているのにかかわらずのび太のそうする姿は、彼の優しさと思いやりに満ちていますね。ジャイアンに泣きながらしがみつく姿は、のび太がここぞとばかりに悲しみの涙を流しているように見えました。そしてドラえもんが帰ってきたときのび太は体全体で喜びを表し、ドラえもんの前で惜しげもなく涙を流します、今度は喜びの涙を。お互いにあれだけ見せたくなかった涙は、本当に輝いていました。これだけ男同士の美しく純粋な友情を見られるアニメはありません。本当に素晴らしい作品でした。
ヒロさん [DVD(字幕)] 10点(2006-01-07 02:34:07)
27.なんだろう、あのドラえもんが残していった道具、あんなことに使って欲しくなかった。ジャイアンとスネオが、しずかちゃんと一緒にラストあたり、のび太の家に来るところも強引すぎない?あんなにいじわるしといて…それでも、ドラえもんが帰ってから、悲しい気持ちを抑え、前向きに生きようとしたのび太に乾杯です。そして「ダルマ」エピソードもいい!
SOSさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-11-05 08:01:12)
26.国民的マンガ「ドラえもん」だからこそ許される、感動一直線の王道ストーリー。やっぱり、泣きました。それにしても、こんなに優しい表情の、のび太ママ&パパは、後にも先にも、見たことが無いなあ。あ、あと、「こんな感動の再会を果たしながら、このあと、のび太は『ドラえも~~~ん』とすぐに泣きつく(そのくせ秘密道具を手にすると調子に乗りまくる)ダメな奴に戻っちゃったんだな」とは、思っちゃいけないんでしょうね、やっぱり。
IKEKOさん [DVD(字幕)] 7点(2005-04-02 21:48:46)
25.感動しました。
リーム555さん 7点(2004-09-17 16:36:08)
24.良かった!しかも、最後のおちもよく考えたなーって思いました☆
ロシナンテさん 7点(2004-06-26 20:57:34)
23.のび太は強いんです。
ゲソさん 7点(2004-06-07 03:20:44)(良:1票)
22.原作では結構初期に書かれた作品だよね。ドラえもんがなぜ帰らなきゃいけないのか、なぜ夜にジャイアント遭遇するのか曖昧で強引でもあるんだけど、ストーリーはやっぱりいい。
さん 7点(2004-05-02 15:22:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 7.39点
000.00%
100.00%
212.44%
300.00%
412.44%
524.88%
649.76%
71434.15%
8921.95%
9717.07%
1037.32%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.80点 Review5人
4 音楽評価 6.66点 Review3人
5 感泣評価 6.80点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS