Menu
 >
 >
 > 刑事コロンボ/指輪の爪あと<TVM>

刑事コロンボ/指輪の爪あと<TVM>

Columbo: Death Lends a Hand
(特選・刑事コロンボ完全版/指輪の爪あと)
1971年【米】 上映時間:76分
平均点: / 10(Review 32人) (点数分布表示)
サスペンスTV映画シリーズもの犯罪ものミステリー刑事もの
[ケイジコロンボユビワノツメアト]
新規登録(2003-11-12)【fujico】さん
タイトル情報更新(2016-12-25)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督バーナード・L・コワルスキー
演出左近允洋(吹き替え版演出【NHK・DVD】)
キャストピーター・フォーク(男優)コロンボ
ロバート・カルプ(男優)ブリマー
レイ・ミランド(男優)アーサー・ケニカット
ブレット・ハルゼイ〔1933年生〕(男優)ケン・アーチャー(ゴルフインストラクター)
ビル・ヒックマン(男優)白バイ警官
ドン・キーファー(男優)検死官
マーク・ラッセル〔男優・1933年生〕(男優)ブリマーの部下の探偵(ノンクレジット)
バーバラ・バルダヴィン(女優)ブリマーの秘書
パット・クローリー(女優)レノア・ケニカット(アーサーの妻)
リュー・ドレスラー(女優)セシル・ジェントリー(リオ・ジェントリー探偵の妻)
レン・ウェイランド(男優)警部(死体発見現場)
小池朝雄コロンボ(日本語吹き替え版)
梅野泰靖ブリマー(日本語吹き替え版)
池田昌子[声]レノーラ・ケニカット(日本語吹き替え版)
阪脩ケン・アーチャー(日本語吹き替え版)
飯塚昭三ジェントリー探偵(日本語吹き替え版)
たてかべ和也ウィルコックス探偵
緑川稔検死官(日本語吹き替え版)
清川元夢(日本語吹き替え版)
高村章子(日本語吹き替え版)
原作リチャード・レヴィンソン(キャラクター創造)
ウィリアム・リンク(キャラクター創造)
脚本リチャード・レヴィンソン
ウィリアム・リンク
音楽ギル・メレ
ヘンリー・マンシーニ("Mystery Movie Theme")
撮影ラッセル・メティ
製作リチャード・レヴィンソン
ウィリアム・リンク
ロバート・F・オニール(製作補)
ユニバーサル・ピクチャーズ(ユニバーサル・テレビジョン)
制作東北新社(日本語版制作【DVD追加録音】)
美術アーチー・J・ベーコン(美術監督)
リチャード・フリーマン〔美術〕
ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
衣装バートン・ミラー
編集エドワード・M・エイブロムズ
録音デヴィッド・H・モリアーティ
字幕翻訳岸田恵子
日本語翻訳岸田恵子(追加翻訳)
その他スティーヴ・ジョンソン〔カラリスト〕(ノンクレジット)カラリスト
ヘンリー・クライン(ユニット・マネージャー)
あらすじ
大手新聞社の会長ケニカット(レイ・ミランド)は、年下の妻レノアの浮気調査を、探偵のブリマー(ロバート・カルプ)に頼む。浮気の事実をつかんだブリマーは、それを依頼主に隠し、レノアを脅迫することに。すべて夫に話すと反抗された彼は、レノアを殴打して殺害。廃車置場に死体を遺棄するのだが、顔に残った指輪の爪あとに、コロンボ(ピーター・フォーク)が目をつけた。皮肉にもブリマーは、ケニカットに犯人探しを依頼されるのだが……。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.終盤のトラップ描写が秀逸でした。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 7点(2016-02-11 20:35:00)
31.《ネタバレ》 ゴルフのレッスンプロへの尋問シーンがおもしろい。
レッスンが遅い時間に変更されているのを夫人との逢瀬のためと見破ってジワジワと追い詰める。
コロンボの本領発揮で、おまけにナイスショットのオチつき。
死体の傷を指輪と推理して犯人像を左利き、短気など絞り込んで探偵事務所所長に目星をつけ、指輪の跡がないことからレッスンプロをあっさりシロとしたのも手際よい。
車を故障させた上にコンタクトを使って犯人をワナにはめ、コロンボがケニカットにネタばらしするラストもにんまりさせられる。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 7点(2013-10-18 00:01:47)
30.《ネタバレ》 なかなか鮮やかなラストでした。
コロンボのこれでもか!な仕掛けに犯人も投了せずにはいられなかったようですね。
初動捜査でも指輪の爪あとひとつで、左利き、バックハンドの平手打ち、激昂しやすい人物、突発的な犯行などなどズバズバ言い当てます、容疑者の前で!
ちょっと出来過ぎ感はありましたが、昔のコロンボは若くて声も今と違っていたので、近年のコロンボより5割増しの切れ者ってことで!
ろにまささん [CS・衛星(吹替)] 7点(2013-09-08 07:05:37)
29.《ネタバレ》 NHKで放送されていたのを知って久々の観賞。
でもタイトルが「指輪の爪あと」ってのがセンス悪いですよね。
これじゃ、犯人の決めてが何だったのか途中でわかっちゃう。
人間ドラマがあまりなく、単なるミステリーもので終わっちゃったのも不完全燃焼。
クロエさん [地上波(吹替)] 7点(2013-03-05 19:49:51)
28.《ネタバレ》 計画的でなく、偶発的に殺人が起こるのがいつもと違うが、その犯人捜しを被害者の夫から依頼された探偵が犯人。依頼を引き受けているが、どうやって事件を解決するつもりだったのだろうと思わず気になってしまう。まあそれは置いといて。シリーズ第4話という初期の作品にもかかわらず、シリーズとしてのフォーマットが既に完成されていて楽しめた。コンタクトレンズという手がかりから犯人に大胆な罠をはるという展開と解決シーンは強引さもなく見ていて痛快。ラストでコロンボが自分の少年時代のいたずらの話をして車の故障についても自分の仕掛けた罠であることをほのめかすシーンがユーモラスでいい。ただ、あまりにもコロンボの推理が当たりまくっているような印象があり、とくに本作は時間が短いせいか、コロンボが真相にたどりつくまでがサクサクとしすぎている感があった。このシリーズは70分ちょっとで終わる作品と100分近くある作品が混在しているが、もう少し長いほうがよかったかもしれないと思うのは100分の作品を見なれているせいかもしれない。吹き替え翻訳が額田やえ子ではないせいか、コロンボが自分の奥さんのことを「うちのかみさん」ではなく、普通に「家内」や「女房」と言ってしまっているのがなにか違和感を感じる。
イニシャルKさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2013-03-05 01:38:52)
27.《ネタバレ》 『殺人処方箋』以外でリンクとレビンソンが脚本を書いた唯一の作ということで、けっこう重要かもしれません。計画殺人ではなく、偶発的な事故死だったという点が特徴でしょうか。探偵業であることを利用して警察の情報を仕入れたり、コロンボを監視させたり、あげくの果てには自社に引き抜こうとしたりするあたりが面白い。犯人ほかキャラクターの性格描写もしっかりしています。事件とその解決に関すること以外はほとんど描写されておらず、無駄がないところがすばらしい。死体遺棄現場に堂々とタイヤの跡が残っているのはどうかと思いますが(海風が強いのか?)。それでも長くない時間にミステリー・ドラマの魅力がギュッと詰まっていました。
ちなみに、吹き替えでは最後にコロンボの「わたしは運を信じていません」とかいうセリフがありますが、原語ではそんなことは言っていません。別に、たいしたことを言っているわけでもないですが。
アングロファイルさん [DVD(字幕)] 8点(2013-02-02 20:55:27)
26.71年の作品。初期の作品ですが、本作の警部初登場シーンは既にお馴染みの光景となっています。例の愛車を運転して犯行現場に向かう途中に白バイに捕まる。免許の更新期限もギリギリ。もうこの頃にはお馴染みのパターンが固まっていたんですね。

被害者の夫が「運よく犯人のクルマが故障して良かったもんだ」と言うのにに対し、警部の少年時代にやった悪戯の告白と「私は運なんて信じないんですよ」という台詞。鮮やかな警部の仕掛けとユーモアを同時に見せる事件解決のラストが印象に残る一編でした。
とらやさん [DVD(吹替)] 6点(2012-10-08 20:17:36)
25.本作では激情に駆られての突発的な殺人ということで、
最初から完全犯罪を狙ったわけではなく、そのぶん犯人側の魅力としては今ひとつ。
それでもシナリオの出来はもちろん、ストーリーの流れが面白く、事件の小さな手がかりから、
コロンボが大きな仕掛けを試みる終盤の展開は痛快。内容としては小粒な作品だが、
コロンボの魅力がよく描かれているエピソード。
MAHITOさん [DVD(吹替)] 5点(2012-07-13 04:01:35)
24.《ネタバレ》  いくつかあるコロンボの解決パターンの中で、この犯人をだまして動かすパターンが一番好きですね。見事に決まりました。
ただ、皆さんがおっしゃるように偶発的な事件だったため犯人側の魅力に欠けるので8→7
rhforeverさん [DVD(吹替)] 7点(2012-03-19 15:35:21)
23.決めてがないばかりに大胆な罠だが、それが見事に決まる。車の故障すら作為的だったとは・・・。ストーリーも良くできていると思うが、あの探偵さんはどのようにして事件を決着させる(犯人を挙げる)気だったのだろうか。レイ・ミランドは風格があるのにびっくり。
ESPERANZAさん [地上波(吹替)] 6点(2012-01-29 23:36:00)
22.《ネタバレ》 実際に女性を殴ったことはありませんが、もし殴るとしたら、やはり利き腕の右腕で、グーで殴ると思います。バックハンドで平手打ちする人なんているでしょうか?それはともかく、コロンボが「依頼人にウソの報告をして、奥さんから情報を聞き出そうとするが、それを突っぱねられて殺してしまった」という真相にたどりつくのがあまりにもスムーズすぎるような気がしました。
ramoさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2011-09-20 17:08:14)
21.《ネタバレ》 解決のくだりが、とても気持ちいい。

しかし、ジャガイモで自動車を故障させる事が出来ようとは…カチンとくる違法駐車を見かけるたびに、八百屋を探してしまいそうです。
aksweetさん [DVD(吹替)] 7点(2011-01-19 06:10:33)
20.《ネタバレ》 まるで全てを知っているかのようなコロンボの推理が当たりまくり あまりに順調(?)過ぎてちょっと物足りないかも的な印象を残しつつも …ちょっと「コンタクト」は反則技じゃないすか~ 最後のあたりで「悪さをしたワタシが刑事になる~」のセリフありますが、いや~~悪いのは貴方のほうだよ(苦笑) 警部、ゴルフのうまさも含みでお見事でアリマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 6点(2010-08-10 07:51:32)
19.《ネタバレ》 BS2で毎週放映してくれるようになり、昔の香りを懐かしむ楽しみができ嬉しい限りです。とはいえ、初回は見逃し、2回目の本作からの視聴と相成りました。咄嗟の犯行ということでトリックやアリバイ作りに見所はありません(というか、遺体を遺棄する際に思いっきり地面にタイヤ痕が出来ているのに、遺体発見の現場で捜査官の「タイヤ痕もありません」の台詞に思わず吹き出しました)が、コロンボ十八番の犯人との心理戦は見応えアリです。コンタクトの引っ掛けはよく考えたらほぼあり得ない話なんだけど、まんまと嵌るのは身に覚えがあるが故の愚かさ、というところでしょうか。
すねこすりさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2009-10-23 11:08:26)
18.ラストシーンが記憶に残っている作品です。警部の理詰めな推理とこれでもかという程の反則ワザでもって自称切れ者の犯人からギブアップ宣言をさせるシリーズの魅力を堪能出来ます。加えてレイ・ミランドの存在感が渋い彩りを添えている良質な作品です。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 7点(2009-08-03 01:16:27)
17.《ネタバレ》 隠れた名作ではある。コロンボ作品の見せ場である犯人への効果的なほのめかしがこの作品ほど執拗に効果的に繰り返されるのは他にはないと思う。ラストの悪どさも実は「ロンドンの傘」並の反則で、またこれが見事に決まってしまう……んだが、どうも何か一つ二つ物足りない。なぜだろう? 「犯人が憎たらしい奴なのにコロンボと激しくやりあわない」ことがその大きな原因になっていると思う。犯人が探偵で、警察と平行して事件の捜査にあたるという設定上、コロンボが事件についてネチネチ持ち出してくることを犯人は正面から突っぱねることができない(それどころかコロンボを自分の社に高給で迎え入れるとまで言い出す)。つまり犯人が他の作品のようにブチ切れないのだ。もちろん犯人が比較的温厚・冷静な作品の場合ブチ切れることはないが、それはそういう性格だから納得できるのに比べてこの作品の犯人は「カッときて殺した」ほどの短気な性格なので派手にブチ切れていいのに、設定上それができないところに物足りなさが出てくる。だからコロンボはやりたい放題だ。「犯人に聞かせてやりたい……必死に証拠品を探すところを見て笑ってやりたい」というコロンボの言葉通りにありもしないコンタクトレンズを探して「指輪すら見つかりそうにない」ふかふかの絨毯を徹底的に調べるところなど、犯人に憐れみすら感じられないだろうか。ただ被害者の夫がそれなりの立場の人物で「迷宮入りしたら容赦しない」とまで言っているのでこの方面からコロンボに圧力がかかればまだ不満が解消されるのだが、大して文句を言うでもなく墓の場面では犯人に比べてコロンボに明らかに軍配を上げてしまうのも「コロンボ楽勝」に傾いてしまう原因になっている。「憎ったらしい」犯人の話の場合、コロンボは犯人から罵声を浴びせられ、嫌がられ、時には理不尽な圧力をかけられながらもそれを見事に跳ね返してしまうのが面白いのであって、それあるからこそラストのトリックも「してやったり」となるのだが、この作品はコロンボに余裕がありすぎる。それが物足りなさにつながってしまうのだろう。逮捕された後の「殺すつもりはなかった。奧さんはいい人だった」も、むしろ犯人に対して「ふーん。そんなに悪すぎる奴でもないんだな」という印象を持たせてしまうのでさらに逆効果だと思う。
空耳さん [DVD(吹替)] 6点(2009-03-17 03:21:41)
16.刑事コロンボの初期作品(事実上第1作とか)にして、魅力の全てが詰まっているので5点。レイミランドがヅラでない勇気に1点。
みんな嫌いさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2008-01-20 19:12:15)(笑:1票)
15.《ネタバレ》 そっか、手の甲で裏ビンタしなければよかったんですね(笑)。カッとなって、とっさに裏ビンタが出るかどうかはともかく、この殺人は計画的じゃなかったので、多少、犯人の手が甘いのは仕方ないでしょう。でも、しれっと捜査に加わったり、ヤバいとなると、コロンボを探偵社に引き込もうとするのは悪くない手なんですが、逆に警部に探偵社の内情や、事件の担当社員を調べ回られてる始末です。大詰めの罠もコンタクトにジャガイモと、お得意のハッタリ含めて二重に用意して、「ホシにこのこと教えてやりたい。」とか、発言も終始余裕、最初の手相確認から最後の修理工場まで、完全にコロンボペースでした。なんか少し物足りないです。しかし、警部はホントに逮捕のためなら何でもしますね。墓を掘り起こすのは、火葬の国の一国民から見て、かなり怖かったです。ここで、レイ・ミランドが反対していたら、面白かったと思いますが、物分りがよすぎて、ちょっと残念でした。あとラストの彼、立ち直り早すぎ・・・でも、排気管を覗きたくなった気持ちはよく分かります。ところで警部は、あの後ちゃんと遅れずに免許更新出来たんでしょうか?
くなくなさん [DVD(吹替)] 6点(2006-05-15 19:05:12)
14.相変わらずのコロンボのキレっぷりに惚れ惚れする。今回は、相手(犯人)が探偵だけに、殊更にコロンボの思考が際立っている。必死になって隠滅作業をしようとする犯人を、まんまと出し抜いていく様は痛快そのもの。ラストの小気味良い仕掛けまで、コロンボシリーズらしい娯楽性がにくい。
鉄腕麗人さん [DVD(吹替)] 7点(2005-11-13 17:01:10)
13.しまった、ロバート・カルプのファンなのに、出てるのに気づかなかった(ありえない…)。お話の出来は、いつもながら良いです。
金子淳さん 7点(2004-10-03 19:39:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 6.78点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
526.25%
61031.25%
71340.62%
8721.88%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS