北の国から '87初恋<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 北の国から '87初恋<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

北の国から '87初恋<TVM>

[キタノクニカラハチジュウナナハツコイ]
1987年【日】
平均点:8.56 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
ドラマTV映画シリーズものファミリー
新規登録(2003-11-22)【_】さん
タイトル情報更新(2018-03-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
演出杉田成道
キャスト田中邦衛(男優)黒板五郎
吉岡秀隆(男優)黒板純
中嶋朋子(女優)黒板蛍
横山めぐみ(女優)大里れい
岩城滉一(男優)北村草太
美保純(女優)アイコ
地井武男(男優)中畑和夫
清水まゆみ(女優)中畑みずえ
竹下景子(女優)雪子
布施博(男優)宮田
鶴田忍(男優)先生
レオナルド熊(男優)中津
古尾谷雅人(男優)トラックの運転手
小林トシ子(女優)大里の妻
脚本倉本聰
音楽さだまさし
作詞尾崎豊「i love you」(ノンクレジット)
作曲尾崎豊「i love you」(ノンクレジット)
挿入曲尾崎豊「i love you」(ノンクレジット)
制作フジテレビ
美術梅田正則
あらすじ
純はある農家の娘、れいに出会い一目惚れしてしまう。東京の定時制高校に行きたいと言うれいに影響され、純は東京に行く決意をする。五郎の誕生日に風力発電を贈った純と螢。しかし五郎は自分に相談もせず東京行きを決めた純を責める。落ち込んだ純は家を飛び出す。そんな時、霜注意報のサイレンが鳴った…。(DVDパッケージより)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.映画のヒロインに恋をしたのは、れいちゃんだけ。
恋をしたくなったら、また会いにいきます。
がらんどうさん [DVD(邦画)] 10点(2017-10-07 22:26:17)
17.《ネタバレ》 副題は「初恋」だが、メインテーマは「父親越え」と「巣立ち」。脚本はよくできてるし、五郎の情けない演技も素晴らしい。が、ちょっと過剰演出って気がしないでもない。特に有名なラストシーンだが、よく考えたら、ピン札用意する程の気遣いができるのに、それを汚れた手で泥つけてしまうというのはどうなんだろうか?また2万用意出来るなら、トラックに乗せないでも東京までの交通費になるんじゃないのかと。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 7点(2015-03-01 17:14:33)
16.《ネタバレ》 前回の84年夏もとても良かったけど今回はそれに勝るとも劣らない出来栄えで、このシリーズのピークを感じさせる。
純と蛍が3年経ってずいぶん大きくなった。
中学生になった純とれいちゃんの初恋が初々しくていい。
急に雨がふって避難した山小屋で下着で二人なんてベタ中のベタだけど、当時の吉岡秀隆と横山めぐみだから成立しているような。
酔っ払った五郎がれいに向かって父親への不満をぶつける暴挙には、れいと純に代わってそりゃないだろうと。
誰にでも経験のある親子の葛藤に、どっぷり感情移入してしまう。
ラストの回想シーンは反則もの。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 10点(2013-07-24 00:46:04)
15.《ネタバレ》 シリーズの中で、やはり本作が最高ですね。れいちゃんのかわいらしさ、尾崎のI love you、泥のついた一万円札など、最初から最後まで、すべてのシーンがみどころです!
ramoさん [地上波(邦画)] 9点(2011-08-31 00:50:59)(良:1票)
14.いやぁ、「北の国から」は区切って採点できるものではないですよね。最初から最後まで最高ですわ。
レンジさん [ビデオ(邦画)] 10点(2009-03-21 23:44:35)
13.《ネタバレ》 れいちゃんはウォークマンの再生ボタンを押したらIloveyouが流れるように、わざわざテープを4曲目まで早送りしておいたんだろうか・・・って思った。
アキラさん [DVD(邦画)] 7点(2009-03-12 04:23:56)
12.反町、もとい、草太兄ちゃんもたまには良いことを言うなあと思われ。
ケンジさん [DVD(邦画)] 7点(2008-03-15 20:42:03)
11.大人への第一歩を踏み出した時、父が情けなく見えたり、そういう自分が悲しかったり・・・。主人公が大人と子供の感情半々で揺れる。
そんな時代に自分も引き戻され、、心が揺さぶられました。

ひめさん [ビデオ(邦画)] 10点(2008-03-02 15:20:59)
10.シリーズ中、一番好き。
さん [DVD(邦画)] 8点(2006-08-18 12:21:48)
9.僕にとっての横山めぐみという女優さんは、もう「北の国からのれいちゃん」でしか有り得ないんです。「ダブルキッチン」でも「真珠夫人」(「いけませんわッ、およしになって!!」)のルリルリ(←でも観てる)もれいちゃんのタチの悪い模造品にしか見えません。
放浪紳士チャーリーさん [地上波(吹替)] 9点(2005-11-21 15:47:19)(良:1票)(笑:1票)
8.好きなシーンはいっぱいあるが、ラストの古尾谷雅人演じるトラックの運ちゃんと純のやりとりが感動的だった。その後のシリーズも見ているが、僕にとっての「北の国から」シリーズはこれで完結したと思っている。
イニシャルKさん [ビデオ(邦画)] 10点(2005-03-07 18:50:15)
7.俺はそんなに頼りないか?で始まる一連のシーンには非常に共感したのを覚えてるなぁ。そりゃ純も泣きたくなるよな。でも親父の気持ちも分かるんだよな。そんなこんなあった上での最後のシーンには感動だよなぁ。古尾谷さんは短い出演ながら最高に重要で最高に味のある名演技を後世に残したんじゃないだろうか。
たけぞうさん 10点(2004-10-08 02:25:58)(良:1票)
6.《ネタバレ》 これも傑作!言うまでもないですけど最後の古尾谷は最高です。「金だ。」「いらんというのに親父が置いてった。いいから。抜いてみな。」ただ、このドラマは純のアップとそれまでの回想シーンで終わるんだけど蛍といしだのシーンは純の思い出に入らないので余計だと思いました。これが最終回ならまあ仕方ないとも思うんですが。
THE HAUNTED MADE ME DO ITさん 8点(2004-08-08 17:08:08)
5.この作品に友達が出演してた。
ゲソさん 7点(2004-06-02 21:34:52)
4.Iloveyouの流れる雪の中の納屋のシーンは忘れられない。
他の「北の国から」シリーズとは、まったく異次元の完成度と思う。本作のみでもみるべし。
TUさん 10点(2004-01-11 10:06:42)
3.この頃が一番物語としてもおもしろかったなあ。倉本氏の脚本も脂が乗り切ってた
ロイ・ニアリーさん 9点(2003-12-12 11:54:10)
2.『北の国から』シリーズは全部見てるんですが、本作が一番好きです。何故かというと初めて見た『北の国から』がこれだからです。大事なストーリーについてはDr.コトーが真珠婦人に恋しちゃうという単純なもの(?)です。あとストーリー以上に尾崎豊の『I LOVE YOU』(俺の18番です。何?辞めろって?辞めないよ!)がインパクトあります。俺この曲、チョ~~~好きです(笑)。カラオケ行くと絶対歌いますし・・・(←誰も聞いてねえよ!)。この曲が本作をグレート・アップさせたことは誰もが認める事実です。更にまだ無垢な感じの横山めぐみいいですね。なんか時代を感じました。
ピルグリムさん 6点(2003-11-23 22:34:50)
1.《ネタバレ》 あれは高校の受験当日―…。自分の前に座る女の子。どこかで見たような…と思っていたら、その娘は中島朋子ちゃんだったのです。そんなこんなで見事高校に入学を果たし、1年間は同じクラスでした。…が、同級生とは言え相手は女優。マトモに話せないまま終わった事は言うまでも無い(笑)。そんな彼女が本作のTV放映前年、在学中に撮影が始まり学校も休みがちに…。ある日、どうしても学校に行きたいと言う理由で、空港から直接学校へ愛用のトランク1つで、本当に北の国からやって来た時はカッコイイ~!!…と思ってしまいました。…とは言え、今回の話の主体は純の淡い初恋…そしてれいちゃん。本作でデビューした、大里れい役の横山めぐみはとても可愛かったですね。クリスマスの夜、納屋を訪ねる純…そしてれいのシーンは、「潮騒」を思い出してしまいました。そして、忘れてはならない“泥の付いた一万円札”の登場はやはり感動しました。トラックの運転手に渡された謝礼の2万円。それは泥の付いた一万円札だった―…。言わずとも語られる名場面。このシーンが一番印象に残る上、全体的なストーリー構成も演出も素晴らしかった。やはりシリーズの中ではこの作品が一番良かったと思う。個人的には、同じ時を過ごした中島朋子ちゃんが観れるだけで嬉しい作品。ちなみに、そんな彼女にクラスメイトは皆、恋をしていました。朋子ちゃんの誕生日に、薔薇の花束を持って来たヤツは、真っ赤な顔をしてラブアタックをしていましたが、思えばこの前後には今のご主人と知り合っていた訳で…。花束を受け取り、ありがとう!…と対応していたポーカーフェイスッぷりは、やはり女優だった。
_さん 7点(2003-11-23 01:00:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 8.56点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
615.56%
7527.78%
8211.11%
9316.67%
10738.89%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review2人
2 ストーリー評価 10.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review2人
4 音楽評価 10.00点 Review2人
5 感泣評価 9.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS