ドッグヴィルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドッグヴィル
 > (レビュー・クチコミ)

ドッグヴィル

[ドッグヴィル]
Dogville
2003年【デンマーク】 上映時間:177分
平均点:6.52 / 10(Review 185人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-02-21)
ドラマサスペンス
新規登録(2003-12-08)【おっさんさんさん】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ラース・フォン・トリアー
キャストニコール・キッドマン(女優)グレース
ハリエット・アンデルセン(女優)グロリア
ローレン・バコール(女優)ジンジャー夫人
ジャン=マルク・バール(男優)大きい帽子を被った男
ポール・ベタニー(男優)トム・エディソン・ジュニア
ブレア・ブラウン(女優)ヘンソン夫人
ジェームズ・カーン(男優)大きな男
パトリシア・クラークソン(女優)ヴェラ
ジェレミー・デイビス(男優)ビル・ヘンソン
ベン・ギャザラ(男優)ジャック・マッケイ
フィリップ・ベイカー・ホール(男優)トム・エディソン
ウド・キア(男優)コートを羽織った男
クロエ・セヴィニー(女優)リズ・ヘンソン
ステラン・スカルスガルド(男優)チャック
ジェリコ・イヴァネク(男優)ベン
トム・ホフマン(男優)ギャング
シオバン・ファロン・ホーガン(女優)マーサ
ジョン・ハートナレーター
湯屋敦子グレース(日本語吹き替え版)
楠大典トム・エディソン・ジュニア(日本語吹き替え版)
木村雅史大きな男/ナレーター(日本語吹き替え版)
佐々木睦ジャック・マッケイ(日本語吹き替え版)
脚本ラース・フォン・トリアー
作曲アントニオ・ヴィヴァルディ”Cum dederit”
撮影アンソニー・ドッド・マントル(撮影監督)
ラース・フォン・トリアー(カメラ・オペレーター)
製作総指揮ラーシュ・ヨンソン(共同製作総指揮)
配給ギャガ・コミュニケーションズ
字幕翻訳松浦美奈
あらすじ
「ドッグヴィル」はアメリカの辺境にある村の人口が23人という小さくて貧しい村だ。ある日ドッグヴィルに住むトムは銃声を耳にする。そしてその日の夜、グレースと名乗る美しい女性が「ドッグヴィル」の村に姿を現すのだが・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
185.《ネタバレ》 映画を観た順番もよくなかったかもしれません。
こちらの監督の作品を最近連続で観てきました。ハウスジュックビルト、ダンサーインザダーク、ドックヴィルという順番です。
最初の二作をみたことにより、結末は悲惨ということをもちろん予期して観ました。だから、村人全員死亡、村全焼という結末に、ふ~んと思いながら本当にもうんざりしました。
人間の悪いところを表した映画ですね。
後はあの風景が変わらない環境で三時間観るのはきついです。
ただ線を引いただけので演じているので、建物の中が透けてみえていることは大変面白かった。他の映画では体験できません。
こちらの監督は、最新作を今製作中みたいで、もちろん観る予定ですが、今は数々の悲惨な結末に胸焼け中なので、しばらくはこちらの監督から離れます
ブリーバンデカンプさん [DVD(字幕)] 4点(2021-02-14 01:56:33)
184.《ネタバレ》 いろんな意味で、これはとんでもない映画であります。ストーリー展開や後味の悪さときたら、『ファニーゲーム』を凌駕しているんじゃないでしょうか。 床に線を引いただけでのドッグヴィルの集落は、演劇では昔から良く使われている表現でさほど驚きはしません。そして開幕から70分過ぎるあたりまではある意味イイ話で、何も知らずに観ている人はハートウォーミングな映画だと勘違いしてもおかしくはないでしょう。独立記念日の会食が過ぎたあたりから住民の本性が表出してきてお話しはだんだん身も蓋もない方向になって行きますが、住民の中でも最悪なキャラはやはりトムでしょうね。生まれ故郷のホワイトトラッシュの吹き溜まりで燻っているニートのくせに、自分は優秀だと勘違いして愚かな住民相手に牧師気取りで偉そうに説教までする、もう最悪です。こういうちょっと勉強ができるバカほど始末に負えない奴はいません。父親の金をくすねてグレースに罪を擦り付けてからのこいつの言動には反吐が出そうです。 物語が始まってからしばらくは登場キャラ全員に好感が持てたのに、終わってみればだれ一人として感情移入できなくなっている(もちろんグレースもね)ところがこの映画の脚本の凄いところです。また、ストーリーテリングの緩急の付け方は絶妙で、ラース・フォン・トリアーの脚本家としての技巧は大したものだと認めざるを得ません(腹立ちますがね)。グレースがドッグヴィルを抹殺する気になるところなんて、その数分前には想像もつかない展開じゃないですか。実の娘に銃をぶっ放すような危険な男ですけど、「住民への懲罰として犬を殺して壁に打ち付けておこう」なんて(グレースに比べれば)ぬるいこと言ううぐらいで、終わってみればジェームズ・カーンが唯一感情移入できるキャラだったのかも… この映画のテーマはやはり「傲慢」ということになるんでしょうか。母親の前で一人ずつ子供を射殺させるのはもちろんのこと、いくらクズの集まりとは言っても住人を全員抹殺させるグレースこそが傲慢の極致なのかもしれません。でもあの殺戮の場面で、嫌悪よりも快哉やカタルシスを感じてしまうこと(自分もです)に気づいて愕然とする人も多いでしょう。悔しいけどこれこそがラース・フォン・トリアーの意図するところで、闇の中から奴の笑い声が聞こえてきそうです。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2020-02-29 22:12:31)
183.無駄に長すぎ。退屈すぎ。高評価が多いのに驚きました。
私にはまったくあいませんでした。
まっかさん [DVD(字幕)] 2点(2019-04-30 01:50:12)
182.《ネタバレ》 言いたいことは分かる。適度な距離と本音と建前を忘れると、人間なんて犬畜生以下だということも、現実社会で生きている以上は幾度となく感じていることだ。しかし、スタジオに線で引いただけの前衛的なワンセットで170分はかなり厳しかった。最後の虐殺で今までのフラストレーションをチャラにする構成だが、あの長さでスカッとするには全然物足りず、観念的すぎて手応えを感じられなかった。頭は良いが精神は子供。だから、ミヒャエル・ハネケのような成熟さはなく、腰をどっしり据えた映画を撮れない。視野が狭くて意見すら聞かず、常に寓話に引きこもって人間の可能性を信じない。安全な場所で人のグロテスクさに安心している自分が正しい。そういう限界が垣間見えた。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 5点(2015-12-25 20:54:20)
181.《ネタバレ》 普通「美しい女性がギャングに追われている」となれば、それは借金のかたに取られた女性が逃げてきたか、あるいは組織の秘密を知ってしまった愛人が逃げてきたかのどちらかというのがパターンでしょう。私はそう思って観てましたし、ドッグヴィルの村人たちも全員そう思っていたはずです。グレースは自分の身の上を「敢えて」言わなかった。「自分が何者であっても、一生懸命尽くせば受け入れてもらえる。」人間の本質は「善」であると信じていたからです。ところが村人はグレースを「美しい奴隷」として扱ってしまった。ギャングのボスの娘と知っていればそれこそ国賓級の扱いをしていたでしょうが、時すでに遅し。仮にグレースが一度連れ戻された時に本当のことを言ったとしても、その直後の村人の豹変ぶりは彼女を落胆させるのに十分だったでしょう。どちらにしろグレースを仲間として平等に扱わなくなった時点で村人の運命は決まってしまいましたね。かく言う私も「実はボスの娘」だとわかった時には「やられた」と思いましたし、村人全員鼻から牛乳状態。一気に最悪の結末へ。大人だけでなく、子供や赤ん坊まで撃ち殺される様子は重度のトラウマを引き起こしかねません。鑑賞時は十分ご注意ください。さすが後味の悪さで「ダンサー・イン・ザ・ダーク」と双璧をなすだけはあります。しかも同じ監督だってのがすげーなー。
S.H.A.D.O.さん [DVD(吹替)] 7点(2015-12-21 17:44:38)
180.うーん、これは実験的過ぎたかな。 私には合わなかった。
movie海馬さん [ビデオ(字幕)] 3点(2015-02-20 18:04:48)
179.《ネタバレ》 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は余りの嫌悪感に殺してやろうかと思っていたトリアーだが、この映画は素晴らしい。

3時間近い長尺だが、不思議と退屈せずに惹き付けられた。
ベルトルト・ブレヒトの「三文オペラ」に触発されたと語るトリアー。
舞台のような場所に線を引き、観客には丸見え、登場人物たちには塀や窓といった“壁”が見えている。或るいは、本当は見えているのに見て見ぬフリをしているだけなのかも知れない。
10の章に別れたこの作品。
“犬”の街と言われたこの街で、一人の女性が文字通り飼い犬にされていく残酷な話だ。
逃げる女、それを追う黒服の謎の男達。
女は何者で、何処から来たのか解らない。怪しい見た目とは逆に、彼女は何処までも受動的だ。
ゲーム感覚で住人に認めてもらえるようある賭けを提案するトム。
彼はミステリアスなグレースの虜だ。
他の男達も、次第にグレースに欲情していく。
女達も、受けいれては徐々に彼女に嫉妬と怒りをぶつけていく。
彼女は住人に認めてもらおうと涙を呑んで耐えて耐えて耐えた。
舞台劇のような作りで残虐な演出は無いが、精神面はナイフでえぐられるようだ。修羅場怖いよ。
線だけで区切られた“家”の中で犯される女。
住人には見えていない。観客だけがこの真実を知るのだ。
大体ジェイソン一家のせい。
唯一残念な事と言えば、グレースが来るまで男達を虜にしていたリズの裸が見たか(ry
街の住民も酷いが、グレースの“無自覚”さも本当罪な女だよ。
グレースは優しいね。
今まで“世話”になった恩をしこたまお返しするクライマックスの壮絶さ!
後味は悪いが、妙にスッキリするものを感じたのは俺だけ?
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-12-31 21:42:56)
178.精神に余裕がある時でないと見てはいけない映画でした。
この監督はホント心をえぐるのがうまい。この映画も例にもれずかなり参らせてきます。
最後も救いがあるのかないのかわかりませんが、あのままスルーで終わるくらいならあの終わり方が最善なのかとも思います。
この映画がどんでん返しという言葉で紹介されているのを見ますが、ある意味順当だったと思うのは少数意見になるのでしょうか。
SAKURAさん [DVD(字幕)] 6点(2014-10-12 13:21:52)
177.なんかこの映画を観て思ったのは、人間はできるだけ色々な場所へ行ったり人へ会ったり、色々と経験したほうが良いんだろうなって思いました。良いことだけではないけれどそういう色々なことを経験することによって考え方も豊かになるだろうし。多くの人とかかわるというのはそれなりにストレスなこともあり田舎で暮らして自然や犬だけと暮らしたい、わずらわしい人間関係から解放されたいって思うけど、それはそれで間違った考えではないけどそればっかりだと考え方が狭まってしまうんだろうなって思います。なので、楽なほう楽な方へと行きたい気持ち自体は間違っていないけど、そういう環境に甘えずに自ら大海原へ出ていくように自分自身の背中を押すことも大事だと思いました。うーん、なんか考えさせられる映画だ。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 7点(2014-09-14 22:24:28)
176.《ネタバレ》 衝撃
内容をまったく知らずに見てよかった
背景がないことがまったく気にならない
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 10点(2014-08-02 11:09:28)
175.実験的な手法で最初は大変興味深かったし、映画は何かを象徴しているのだなと感じつつ見ていたが、終盤に近づくにつれだんだん嫌気がさしてきた。そしてあのラスト、大変後味悪いものになってしまった。そういえば、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」も救いようのないラストだったことを思い出してしまった。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 5点(2014-07-05 21:50:08)
174.《ネタバレ》 演劇のような映画で、こういう作品は初めて。
作り手の挑戦的な姿勢には好感が持てる。
ニコール・キッドマンのこの作品での美しさは、思わず見とれてしまうほど。
それと対比的に、天使に甘えて牙を剥き、エゴの捌け口にしていく人間の醜悪さに不快感が募っていく。
集団で一人のよそ者という弱者を奴隷化していく過程が見事に描かれる。
理不尽な行為を正当化して善人を装う人々に虫唾が走る思い。

力を持たない者に対して露呈した傲慢な残虐さ。
その捌け口になった弱者が実はマフィアの父という恐るべき力を持っていた。
圧倒的な暴力によって報いを受けるラストは、なるべくしてなったもののようにも感じる。
同監督の「ダンサー・イン・ザ・ダーク」もそうだが、人間のダークな部分をえぐり出すのが実に巧み。
3時間の長尺で、前半は少し退屈で先が思いやられるが、村人たちのエゴがさらけ出される後半は引き込まれて時間が短く感じる。
ニコール・キッドマンが妙にハマっていて、他の女優だとここまでうまくいかなかったような気がする。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 9点(2014-05-10 22:57:04)(良:1票)
173.《ネタバレ》 スゴイ映画だと御噂の本作遂に鑑賞。いろいろあるので箇条書き①白線引いて最小限のものでのとっても簡素なトンデモセット。こりゃーお金掛ってないね②でもドアをノックする・閉める音はかぶせてあるのね③ニコール・キッドマンをこんなに至近距離で3時間近くも観れるのはなんかお得(笑)無駄な音や演出がないからまるでニコールのすぐ横にいるかのよう④でもそんな天下のニコールにこんな役させるなんて!よくOKしたもんだ(ギャラ高そうだな~)⑤とても実験的で興味深かったが後半は最低最悪な展開・世界的超強烈美女ニコールにおまえら何してんだコノヤロー⑥の割にギャングで銃ダダーンって安直なラスト⑦なんかいけすかない映画だったなと、監督をみてみれば、、あー!あのダンサーインザダークの監督じゃないか!!どーりでね合わない訳だ。なんでこんな風にしちゃうのか?ていうかニコール・キッドマンすごいね(感心)こんな役もできちゃうんだね、さすがだよ。衝撃的なトンデモセットに1点・とっても美しいニコールに100点、でもこの最低な展開にマイナス99点。
Kanameさん [DVD(字幕)] 2点(2014-01-28 11:48:30)
172.《ネタバレ》 ラース・フォン・トリアーほんとに人間のいや~な(嫌なというよりいや~なとのばしたい)ところをこれでもかと突きつけてくれますね。
すごい映画だと思いますが、まったく人様に薦められません。
黒板を爪でひっかいた音みたいな映画です。
散々汚された後でもニコール・キッドマンのまぶしいほどの美しさが印象的です。
ラストで村人が殺されてる横で迎えの車に乗っていくシーン、歌舞伎の桜姫の最後夫と子供をあっさり捨てていくシーンみたいでした。
ぺーこさん [映画館(字幕)] 6点(2013-11-04 17:53:50)
171.《ネタバレ》 ラストの「Young Americans」を聞いて、「あぁ、そう言えばあまりにもアメリカ的な話だったな」と思い出した。何をもって「アメリカ的」かと言うと、後ろから歩いて来た私のために、ドアを何秒も開けて待っていてくれたアメリカ人に感じた、過剰にソフィスティケートされた道徳観。
映画では何度か「Human being」って言葉が出ていた気がする。人とはどうあるべきかを、登場人物ひとりひとりが真剣に考えていたんだろう。私の前を歩いていたドアマンも、きっと社会的な人間はそうすべしという人なんだと思う。
好きな子がレイプされても、我を忘れない。立派な人間性だが、人間味に欠けていないか。私は終始違和感を感じた。その上っ面の論理感の交差が中盤までまどろっこしく積み重なり、胸糞悪さでいっぱいだった。終盤の皆殺しによってその狭い社会が崩壊する展開は好みだったので、面白く鑑賞できた。
afoijwさん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-08 02:35:04)
170.《ネタバレ》 大きな体育館のようなものの中の、しかもセットもほとんどなく床に白線を引いただけの舞台で繰り広げられる実験的映画。そんな殺風景の画面のなかで描かれる人間の嫉妬やエゴや欲望が渦巻くドロドロの愛憎劇は、もういかにもラース・フォン・トリアー印(笑)。確かにこんな地味な設定なのに三時間も最後まで飽きさせずに見せきる手腕はさすがです。観終わったあと、鬱になるけどねー。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2013-05-03 15:33:06)
169.《ネタバレ》 セットがなく、スタジオ内に線が引いてあるだけという様相に最初は面食らうかもしれませんが、だんだんとそれが気にならなくなり、最終的にはこのスタイルが功を奏しているんだということがわかる。町並みや風景といったものはこのお話にとって二次的な要素なので、いっそのこと全て省略してしまうことにより、人の内面だけにスポットを当てられる。いって見れば観客を、人間の醜く汚い内面世界に閉じ込めてしまうわけだ。その醜い監獄は実に居心地が悪いので、嫌悪感を抱く人も多いだろう。ただ個人的には大いに共感も出来たし、また面白かった。「あぁ、その気持ちかるわ~」「こういうこともあるよね~」なんて思いながら。子守りをさせてたお母さんが怒りに震え次々とグレースの陶器を割ったり、男たちがグレースを性奴隷のように扱ったり、トムがグレースを裏切る局面であったりと、リアルなエピソードが積み重ねられていく。そして観客にとっては、ある種の鬱憤も積み重なっていく。街の人たちの理不尽な態度に。だからラストはやはりカタルシスを感じてしまうのだが、だからといって全て皆殺しにする必要があったのかなという気もする。皆殺しにしなきゃ目撃者を作ることになるし、後の復讐を恐れてのことなのかもしれないけど。犬は復讐が出来ないから、情けをかけて助けられたのだろうか。まぁそんなわけで面白かった事は事実なんですが、個人的には続編の「マンダレイ」のほうが好みでした。あちらは作りとしては二番煎じだけど、内容は経営者と労働者の関係というテーマがあったので興味深く拝見出来たのに対し、本作はただただ嫌らしいだけで、深いテーマが見えづらかった気もします。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 7点(2012-10-12 11:05:55)
168.《ネタバレ》 セットを使わずに演技だけで見せる手法は最初観たとき衝撃的だった。ストーリーとしてはニコール・キッドマンが冗長した村人達にひたすら凌辱されるという、その筋のマニアにはたまらない(かもしれない)内容。しかし村人の気持ちも分からんでもない。あんなに綺麗な女性が村に現れたら調子に乗ってしまうだろう。思わず心の中でいじめ抜かれるニコール・キッドマンにエールを送ってしまった。しかしどこかで村人に感情移入してしまういけない自分もいる。そしてこれまでのウサを一気に晴らすかのようなラストは正直すっとした。結果的に自分はドMでありながら復讐するのも好きなんだと気付いた。ラースフォントリアーの術中に見事はまってしまったのでした。
mickeyさん [DVD(字幕)] 6点(2012-03-27 16:37:00)
167.白線だけのセットがとにかく強烈。あるところで何かが起こっていても、別の場所では何事もなく進行しているというのがそのまま分かるから、かえって物事の生々しさが伝わる結果になっている。ただし、あと1時間尺をカットして、うざったいナレーションもカットしたら、+1点だったのだが。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2011-05-07 23:00:30)
166.まあ確かに画的には斬新(か?)でしたけどね~とりたてて面白い話でもないしオチも予想つくし。黒木メイサとかやりそうな感じ。
Peccoさん [映画館(字幕)] 2点(2011-02-26 19:15:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 185人
平均点数 6.52点
094.86%
131.62%
294.86%
321.08%
473.78%
5179.19%
62815.14%
73217.30%
84021.62%
92513.51%
10137.03%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.20点 Review15人
2 ストーリー評価 7.35点 Review28人
3 鑑賞後の後味 4.89点 Review29人
4 音楽評価 7.10点 Review20人
5 感泣評価 4.58点 Review12人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS