赤いハンカチのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 赤いハンカチ
 > (レビュー・クチコミ)

赤いハンカチ

[アカイハンカチ]
1964年【日】 上映時間:99分
平均点:6.17 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(1964-01-03)
アクションドラマ犯罪もの刑事もの
新規登録(2003-12-27)【】さん
タイトル情報更新(2013-08-28)【アングロファイル】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督舛田利雄
キャスト石原裕次郎(男優)三上次郎
浅丘ルリ子(女優)平岡玲子
二谷英明(男優)石塚武志
金子信雄(男優)土屋警部補
桂小金治(男優)春吉
笹森礼子(女優)光子
川地民夫(男優)清次
森川信(男優)平岡老人
芦田伸介(男優)林田
清水将夫(男優)公安委員
深江章喜(男優)やくざ風の男
南寿美子(女優)上流階級の夫人
堀恭子(女優)上流階級の夫人
原恵子(女優)上流階級の夫人
杉江弘(男優)検問所の警官
河上信夫(男優)検問所の警官
木島一郎(男優)地廻り
紀原土耕(男優)石塚家の運転手
柳瀬志郎(男優)やくざ風の男
竜崎勝(男優)やくざ風の男(クレジット「高島史旭」)
榎木兵衛(男優)運び屋の男
山本陽子(女優)石塚家の女中
脚本舛田利雄
小川英
音楽伊部晴美
主題歌石原裕次郎「赤いハンカチ」
撮影間宮義雄
企画児井英生
配給日活
美術千葉一彦
録音福島信雅
あらすじ
オリンピックの射撃部門の候補選手である刑事の主人公は同僚と共に麻薬密輸犯を追跡中に犯人から鞄を渡されたらしい民間人を発見し連行して取り調べを行った。席を外していた主人公が戻ったとき、同僚から奪った拳銃を乱射する民間人に同僚が跳びついて行くところだった。彼の射撃で同僚は無事で民間人は射殺され、一人娘が残された。傷心の彼は職場を去り北国の作業場での仕事につく。彼が偶然に知ったのはかっての同僚が何故か裕福になり、素手で父親を止めに行った勇気に感動した娘の愛を得たと言う事実。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 前半はかなりよかったのですが、後半グダグダになってしまいました。恋愛ドラマにしたのがまずかったのか? しかし製作年代を考えたら、致し方ないですね。春吉の死も、あまり生かされていなかったと思います。『太陽にほえろ!』世代としては、(元)刑事の名前が三上と石塚で、演じているのが石原裕次郎と二谷英明というのが魅力的です。そういえば、小川英氏が脚本に参加していますね。かなり7点に近い6点。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-08-27 22:22:02)
5.全体的に暗い雰囲気で、哀愁が漂っている。
話はいかにも作り物のようなサスペンス・ラブストーリーで、
粗さが目立ち、とくに感心するところはなかったし、
意図的に照明を使わずに撮ったようなブラックの強いシーンが多いのもストレスになったけど、
工場、居酒屋、繁華街など、当時の雰囲気を映し込んだ部分の映像はなかなかよかった。
さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2009-07-18 23:05:46)
4.日活映画が活気づいていたと言われている時代の映画の一つで、石原裕次郎の代表作でもある。そして、そんな石原裕次郎作品は今までにも沢山、見ているけど、私としては石原裕次郎よりも何と言っても芦川いづみ目当てに見ているのだが、今回はそんな芦川いづみは出てません。そして、もう一人、石原裕次郎映画に多く出ている北原三枝も出ていない。しかし、この映画は石原裕次郎の代表作として挙げて良いと自信を持って言える。それは何故か?ヒロイン役の浅丘ルリ子が抜群に良いからです。この時代の日活アクションものにありがちな決まりきった展開も、浅丘リル子の存在があればこその作品として、舛田利雄監督の切れのある演出も冴え渡り、ヨーロッパ映画のような独特な雰囲気を醸し出し、少なくとも私にとっては今まで見た舛田利雄監督の作品の中で一番の作品です。三人の複雑な男女の関係、三人が互いに憎しみ合いながらも惹かれ合うという話そのものはそれほど新鮮味を感じないが、石原裕次郎と二谷英明の二人の男を心から受け止める女を演じて見せた浅丘ルリ子、この映画の成功は一にもニにも浅丘ルリ子という女優があってこそのそんな作品だと思います。浅丘ルリ子という女優さんは男の気持ちを理解し、時には喧嘩もするけど、その一方で男に対して優しさを見せる。そういう役を演じさせたら抜群に上手い。それは「男はつらいよ」シリーズのリリーを見ていれば解る。とにかく石原裕次郎と並んでこの作品、浅丘ルリ子の代表作として挙げられる作品だと思います。
青観さん [DVD(邦画)] 8点(2007-09-24 10:58:17)
3.芸能界入りして50年と言う浅丘ルリ子はこの当時が一番輝いていたように思います。この映画は謎解きものとしてはたいしたことはないけれど主題歌は大ヒット。映画そのものは人気は今ひとつ。作られた背景はもちろん東京オリンピックで、当時警察官の吉川選手がスターでした。
たいほうさん 6点(2005-01-22 09:53:23)
2.25年ぐらい前は、日曜の昼間、この手の日活アクションがダラダラと放映されていたものです。つっこみどころ満載ですが、リラックスした気持ちで観ると、けっこう許せちゃう作品。
伊達邦彦さん 6点(2004-02-23 16:59:55)
1.流しの裕次郎が「赤いハンカチ」を歌いながら自分を付け狙うヤクザ連中を連れ歩くシーンは必見。まるでハーメルンの笛吹き男。
東京50km圏道路地図さん 6点(2003-12-29 18:58:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.17点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5116.67%
6466.67%
700.00%
8116.67%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS