愛と追憶の日々のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 愛と追憶の日々
 > (レビュー・クチコミ)

愛と追憶の日々

[アイトツイオクノヒビ]
Terms of Endearment
1983年【米】 上映時間:132分
平均点:6.56 / 10(Review 80人) (点数分布表示)
公開開始日(1984-02-25)
ドラマシリーズものロマンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-01-06)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・L・ブルックス
助監督マーティ・P・ユーイング(第二助監督)
キャストデブラ・ウィンガー(女優)エマ
シャーリー・マクレーン(女優)オーロラ
ジャック・ニコルソン(男優)ギャレット
ジョン・リスゴー(男優)サム
ジェフ・ダニエルズ(男優)フラップ
ダニー・デヴィート(男優)バーノン
リサ・ハート・キャロル(女優)パッツィ
アルバート・ブルックスラドヤード
メアリー・ケイ・プレイスドリス
藤田淑子エマ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
樋浦勉ギャレット(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
阪脩サム(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤本譲バーノン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
榊原良子パッツィ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
吉田理保子ジャニス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作ラリー・マクマートリー
脚本ジェームズ・L・ブルックス
音楽マイケル・ゴア
撮影アンジェイ・バートコウィアク
ドン・レディ(カメラ・オペレーター)
製作パラマウント・ピクチャーズ
配給CIC
美術ポリー・プラット(プロダクション・デザイン)
ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
衣装クリスティ・ズィー
編集リチャード・マークス[編集]
録音ドナルド・O・ミッチェル
ケヴィン・オコンネル[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
その他ジュリエット・テイラー(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
80.《ネタバレ》 愛と青春の旅立ちのイメージで、青春ものとして見に行った。作品は、おじちゃんとおばちゃんのストーリー。脂ぎったエロエロなニコルソンのイメージのみ。
にけさん [映画館(字幕)] 6点(2019-01-25 21:37:40)
79.《ネタバレ》 エマをペットの様に扱うオーロラ、同様に長男を扱うエマ。こんな二人が互いの不倫を報告し合うのに嫌悪が募り、物語を冷めた目で眺めていた。擦れてしまった長男の心の拠り所になってあげられそうなラストシーンのギャレット。本作のニコルソンは宇宙飛行士であった事をカケラも感じさせない色気の無いエロオヤジでガッカリだったので、最後の最後で我慢して鑑賞した甲斐を感じた。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 5点(2017-08-27 14:11:34)
78.「アパートの鍵貸します」でのジャック・レモンとの若きシャーリー・マクレーンを思うと、ニコルソンとの本作は何だかいろいろ感慨深い。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 6点(2017-02-28 20:43:21)
77.過剰な演出がなく淡々とした展開。人が生きて死んでいくとはこういうことですよね。邦題が良ければもっと早く巡り会えた映画でした。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 9点(2017-01-29 03:37:46)
76.《ネタバレ》 久々に思い出したようにDVDで観ました。25年ぶりくらいかな。当時「愛と・・・」という映画がたくさんあって、ほとんど観たのですが、これが一番印象に残っています。ジャック・ニコルソンとシャーリー・マクレーンはやっぱりすごい俳優だとしみじみ思いました。昔はデブラ・ウィンガーが主役と思っていましたが、改めて観るとこの2人が主役だったんだなと思いました。登場人物はみんなそれぞれ心のよりどころを求めており、それが娘だったり、仕事だったり、浮気だったりとするわけで、いい悪いは別にして妙に納得してしまいました。「人間とはそういうものだ」と変に悟ってしまったとでも言うのでしょうか。気になるのは、あの旦那は最後までエマを愛していたのだろうか、長男は旦那を許せるのだろうか、です。ジャックニコルソンが途中で「くもの巣をはらってやろう」と言っていましたが、ラストシーンでそれぞれの登場人物全員の「心のくもの巣」をはらってやっているように感じるのは私だけでしょうか。続編はまだ観たことないですが、観てみようと思います。
金田一耕助さん [DVD(字幕)] 8点(2016-01-16 12:13:28)
75.シャーリー・マクレーンとデブラ・ウィンガーの母と娘、それを取り巻く男たち(子どもたちや親友パッツィも含めて)の人物描写がとても良い。ありふれたことを大げさにならず、さりげなく丁寧に描いていく。そしてその積み重ねが徐々に高まっていって最後に大きな感動になる、そういう映画に思える。
主役の二人は甲乙つけがたくそれでダブルノミネートとなったのだろう。ダブル受賞にならなかったのは大変惜しまれるが・・・。
この映画の音楽は控えめながら実によく雰囲気作りをしている。テーマ曲を聴きながら、ひとつひとつのシーン(静止映像)を見ていると、まさにアルバムをめくっているような気持ちになる。憎み合ったり、ののしり合ったことも、すべてがなつかしい思い出のように・・・。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 8点(2012-04-08 11:12:56)
74.ここまで笑えるほど何も感じない映画は初めて。みんな登場人物が身勝手な感じがするし、この話のどこに映画的な、大衆向け作品の要素があるのか、全く理解できない。死をみせることでお涙頂戴なのか、それとも夫婦のやり取り、男と女の生活を表したいのか、すべてが不十分に感じ、最後まで観るのがとてもしんどかった。
バトルコサックさん [DVD(字幕)] 2点(2012-02-24 04:38:46)
73.《ネタバレ》 なんじゃこりゃ?まったく親子共々感情移入できない。特に娘。自分は不倫するくせに夫は許せない?とにかく娘が死んでそれで?といったかんじ。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2012-02-20 23:09:05)(良:1票)
72.《ネタバレ》 最初のうちは何だか退屈な映画だなあ!ぐらいにしか感じなかったのに、見ているうちに段々と面白くなっていく。シャーリー・マクレーンとジャック・ニコルソンの演技が素晴らしい。自分に対してちょっかいばかり出す嫌な男なのに何故だか惹かれていくシャーリー・マクレーン、そこには女である以上、年齢なんて関係ないと言っているようであり、またその一方では娘を思う優しい母親の姿に良い母であるなあ!あの娘の為に注射をお願いする場面は辛い。辛すぎるし、泣かずにはいられない。人間の愛の深さ、母と娘の人間ドラマとして完成度の高い映画だと思うし、アカデミー賞が本当に良かった頃の作品という気がするし、アカデミー賞受賞も納得です。
青観さん [DVD(字幕)] 8点(2012-01-07 20:20:30)(良:1票)
71.《ネタバレ》 シャーリーマクレーンの不器用ながらも娘を思う強い気持ちがとても良く伝わった。そんな母親が悲しみのどん底にいる時のジャックニコルソン、よくぞ登場してくれたと思いました。
珈琲時間さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-12-14 18:31:08)
70.母と娘の30数年に及ぶ親子関係を描いたドラマ。
この母娘の関係というのは、ちょっと男性には理解しにくい。
母親はまだしも、自己中娘のほうはまったく感情移入ができずにかなり困った。
母親の手一つで過保護に育てられると、こういう娘ができるのかという点では妙にリアルだが。
終盤の展開はありきたりというか、安直というか、センスの良さは感じなかった。
ジャック・ニコルソンはもっと重要なかたちで二人の間に関わってくると思ったのだが、
完全脇役でガッカリ。女性ならまた違った印象を受けるのだろうけど、よくわからん映画だね。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2011-08-19 06:11:24)
69.母と娘の何十年にもわたる確執と愛情のドラマ。人間誰にも長所も短所もあり、それぞれに自分の環境や家族や友人、周りの人間関係に事情や不満も抱えながらも生きていく。そんな普通の人々の普通の日々を抑えたトーンで淡々と綴った作品。この抑えたトーンの中、母と娘(シャーリー・マクレーンとデブラ・ウィンガー)を中心に豪華な顔触れを揃えたキャストの抑えた演技も見応え十分。

母と娘のドラマの中に登場する男達、特に淡々とした日常の中でちょっと得体の知れない宇宙飛行士の存在がいいアクセントになっており、ジャック・ニコルソンは出番は少ないですがさすがの存在感です。また、人生の一時期において心の支えになってくれる存在というのもあると思いますが、そんな男を演じたジョン・リスゴーもまた良かった。台詞は少ないですが子ども達も実にいい演技だったと思います。

寡作の人ですがジェームズ・L・ブルックスという人は自ら脚本も手掛け、登場人物の設定と配置も巧く、時にはユーモアも交え地味ながら実にいい人間ドラマを見せてくれる監督さんだと思います。控え目ながらも音楽もとてもいい作品でした。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2011-02-20 22:13:15)
68.《ネタバレ》 よくよく考えたら変な設定 隣に元宇宙飛行士(正直J・ニコルソンが宇宙飛行士には見えないけど)オーロラがどうやって生活しているかも謎(いらん世話やけどw)ほんでもって時間が飛びすぎ 不倫はやっぱりいただけない 砂浜を車(コルベットかな?)でメチャクチャ乗り回すとこはすごい   愛と~~~ って邦題多いですね 観たことあるつもりが観たことありませんでした(笑)  シャーリー・マクレーンの弾けっぷりに賞受賞を納得した次第でアリマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-02-15 08:21:08)
67.まあまあ面白いドラマだとは思うが、特にこれというものは無く感動はしませんでした。ジャック・ニコルソンとシャーリー・マクレーンのやりとりが微笑ましい。こっちメインでも良かったくらい。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-12-21 01:06:52)
66.《ネタバレ》 心温まる母子愛・夫婦愛・家族愛、奇妙な近所付き合い。前半のほのぼのドラマが一転、終盤は重くて切ないです。それでも明瞭なテーマ曲に包まれてどこか心の温まるハートウォーミングストーリー。気丈な祖母をシャーリー・マクレーンが熱演、観ていてサンドラ・ブロックに重なりました。風変わりな隣人を演じたジャック・ニコルソン、怪演とも言うべきか。2度目観賞で心にしっかり刻まれる印象深い作品になりました。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2010-10-05 00:29:41)
65.一癖も二癖もある人ばかりだなぁ・・・。中でもオーロラは異常と言える域、この人の幸せを願うのは無理だった。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-09-22 19:04:25)
64.この監督の場合、作品賞を獲った本作よりも後の作品のほうが好きなものが多いです。それはさておき、似たような設定の映画を見すぎてしまって、後で思い出すのが大変そうです。演者は素晴らしいだけに少し残念です。美人薄命って向こうでも通用するのですかね。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 6点(2010-04-18 20:17:03)
63.《ネタバレ》 母、娘、女としてエマ(デブラ・ウインガー)は幸せだっただろうか、子供を夫の浮気相手だけに渡したくないと本心で最期に夫と話せた表情はすっきりしていた。憎しみ合っても最後はいい関係になったと本人たちは晴れやかだった。母ともわだかまりもなくなんでも話せた。そんな関係が切なくもちょっとうらやましくもあった。続編をこれから鑑賞したいと思う。シャーリー・マクレーンは相変わらず力強くもチャーミング、すてきだった。
HRM36さん [DVD(字幕)] 9点(2010-03-31 19:12:19)(良:2票)
62.《ネタバレ》 どこにでもある平凡な家庭の母と娘の愛情物語。だが、それがテーマと分かったのが開始1時間も経ってから。エマは赤ん坊から結婚まで一足飛び。スカートがまくれてパンツが見えていたり、結婚前日にマリファナ吸ってはしゃぐ姿が強烈で、おバカキャラとしか思えず、旦那と不和になろうが、エマが浮気しようが、病気になろうが感情移入できませんでした。旦那はいい人なんですが、オーロラには嫌われる。オーロラは娘を奪われたくなかったのでしょうか。いずれにせよ、二人っきりの母と娘の間に溝が出来、それが埋まったり、広がったりの展開。エマの子供たちはいつも悲しそうな顔。両親が不和の家庭の子供は不幸そのものです。興味深いのはオーロラの恋。五十路女の恋なんて想像もしていませんでしたが、隣人の宇宙飛行士ギャレットのぶっ飛びキャラが見ていて楽しい。砂浜でクレージーな車の運転シーンや、空港での風変わりな愛の告白など印象に残ります。平凡な家庭に持ち込まれた”非日常”。最大の見所ではないでしょうか。シャーリーもチャーミングでした。後半、エマが難病にかかってからは悲劇的要素が強くなります。前半のコメディっぽい展開から、まさか亡くなると思ってなかったのでびっくり。亡くなったからといってすべてが丸く収まったわけではなさそうです。子供は母を許してません。旦那は子供をオーロラに託し、生徒とロマンスを楽しむのでしょう。オーロラとギャレットは結婚で、ここはOK。エマに浮気をさせたのは脚本の最大の失敗。弱い女を演出したかったのでしょうが、旦那の浮気を責める資格がなくなり、子供たちに対する言動にも説得力が失われます。「母の恋」はいいですが、「母の浮気」はNGでしょう。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 6点(2009-10-04 10:29:57)
61.《ネタバレ》 この映画はコメディタッチで始って、最後はいわゆる「難病もの」で終わるのですが、全編通して穏やかな雰囲気で演出しているところが良かったです。デブラ・ウィンガーのご臨終場面など、今まで見た映画のなかで最もあっさりした主役の死亡演出でした。「えっ、これで死んじゃったの」っていう感じですが、こういうのもいいなあと思います。日本の映画監督やTV演出家たちよ少しは見習ってください。俳優の演技がじっくり見れる映画です。
S&Sさん [DVD(字幕)] 7点(2009-01-08 20:52:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 80人
平均点数 6.56点
011.25%
100.00%
222.50%
322.50%
456.25%
51012.50%
61822.50%
71620.00%
81215.00%
91113.75%
1033.75%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.50点 Review6人
2 ストーリー評価 7.00点 Review6人
3 鑑賞後の後味 6.83点 Review6人
4 音楽評価 8.00点 Review2人
5 感泣評価 9.25点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

1983年 56回
作品賞 受賞 
主演女優賞シャーリー・マクレーン受賞 
主演女優賞デブラ・ウィンガー候補(ノミネート) 
助演男優賞ジャック・ニコルソン受賞 
助演男優賞ジョン・リスゴー候補(ノミネート) 
監督賞ジェームズ・L・ブルックス受賞 
作曲賞(ドラマ)マイケル・ゴア候補(ノミネート) 
音響賞ドナルド・O・ミッチェル候補(ノミネート) 
音響賞ケヴィン・オコンネル[録音]候補(ノミネート) 
美術賞ポリー・プラット候補(ノミネート) 
脚色賞ジェームズ・L・ブルックス受賞 
編集賞リチャード・マークス[編集]候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1983年 41回
作品賞(ドラマ部門) 受賞 
主演女優賞(ドラマ部門)シャーリー・マクレーン受賞 
主演女優賞(ドラマ部門)デブラ・ウィンガー候補(ノミネート) 
助演男優賞ジャック・ニコルソン受賞 
監督賞ジェームズ・L・ブルックス候補(ノミネート) 
脚本賞ジェームズ・L・ブルックス受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS