張り込みプラスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 張り込みプラス
 > (レビュー・クチコミ)

張り込みプラス

[ハリコミプラス]
ANOTHER STAKEOUT
ビデオタイトル : 張り込み2(プラス)
1993年【米】 上映時間:108分
平均点:4.65 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(1994-02-19)
アクションコメディシリーズもの刑事もの
新規登録(2004-01-18)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2018-11-24)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・バダム
助監督D・J・カルーソー(第二班監督)
キャストリチャード・ドレイファス(男優)
エミリオ・エステヴェス(男優)
ロージー・オドネル(女優)
デニス・ファリナ(男優)
ミゲル・ファラー(男優)
キャシー・モリアーティ(女優)
フランク・C・ターナー(男優)
マデリーン・ストー(女優)(ノンクレジット)
安原義人(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
平田広明(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塩田朋子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塚田正昭(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
田中敦子〔声優〕(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
滝沢久美子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
佐々木優子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
納谷六朗(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
星野充昭(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
樋浦勉(日本語吹き替え版【テレビ】)
関俊彦(日本語吹き替え版【テレビ】)
島本須美(日本語吹き替え版【テレビ】)
原作ジム・カウフ(キャラクター創造)
脚本ジム・カウフ
音楽アーサー・B・ルビンスタイン
挿入曲レイ・チャールズ"Love Has A Mind Of Its Own"
撮影ロイ・H・ワグナー
製作ジョン・バダム
D・J・カルーソー(共同製作)
ジム・カウフ
タッチストーン・ピクチャーズ
配給ブエナビスタ
編集フランク・モリス〔編集〕
字幕翻訳石田泰子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.前作「張り込み」はテレビで何度も見てるのですが、この続編は初めて見ました。
2人の刑事コンビの張り込みに1人の女が絡む。
今回は彼らの張り込みに絡む女優がマデリーン・ストウからロージー・オドネルに変更。
マデリーン・ストウも一応は出ているのですが、きわめて中途半端な立ち位置に・・・。
前作よりコメディにシフトしているので、ロージーの起用は正解だったと思うのですが、
これはもう“張り込み”というよりは、中盤はよくありがちな2組の夫婦のご近所さんコメディになってしまっています。
コメディとしてはそれなりに面白いのですが、あの「張り込み」の続編としては微妙な出来になってしまいました。
刑事モノとしてはプロローグは面白くなりそうな感じだったんですけどね。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2019-06-30 20:50:41)
16.『張り込み』の続編、とは言え、もはや、張り込み捜査自体は形骸化してて、豪邸でヌクヌクと過ごすだけ。前作は、張り込みという行為を通じて、見る側・見られる側を行き来する面白さがあったけど、それに匹敵する何かを2作目では提供できなかったのがツラいところ。「お隣さんとの関係」というものが、サスペンスにも笑いにもなる部分だろうけれど、今ひとつツキ抜けきれない印象で、やはり前作と比べると見劣りしてしまいます。
シリーズものらしく、前作よりもキャラを立ててきている感じがあって、しかしそれとて、ちと鬱陶しい。リチャード・ドレイファスの悪乗りぶりが、目障りに感じられる部分もあり、わざわざマデリーン・ストウが出てくるのも冗長な感じ。
それでも作品を救っているのは、あのオバチャン(ロージー・オドネル)の迫力。どうせマデリーン・ストウを出すのなら、最後にこの二人を画面上に並べてみたかった。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-03-03 09:36:12)
15.一緒に張り込む女性検事が、観る者に現実を思い知らせます。そう、仕事で組む女性というのは、だいたいこういうレベルなんです。われわれの住む世界にはアン・ハサウェイもスカーレット・ヨハンソンもいません。しかしそんなことを再確認するために、わざわざ映画を観る必要もないわけで。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2019-01-24 00:51:07)
14.《ネタバレ》 とても続編を作るほどの前作とは思えなかったので、ものすごくつまらなくなるのでは?と危惧しつつ見たのですが、案外悪くありませんでした。中盤、隣宅に盗聴器を仕掛ける(およびその後処理)という一点で延々と引っ張っているのが、テンションを維持しています。敵の悪キャラは前作のエイダン・クインほどには全然怖くありませんが、この作品ではむしろその方がよいのかも。ただ、まあ、途中まではお約束の「裏がばれそうになるのを思いつきと口先だけで何とか乗り切る」ネタが面白かったのに、最後はやはりカーチェイスと肉弾戦になってしまいましたね。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-11-24 23:54:23)
13.《ネタバレ》 製作年を差し引いても全てに於いて余りに地味過ぎてキツかった。正直、犬が猫を追い回すシーンの犬の主観映像くらいしか印象に残らなかった。(そこ?)
J.J.フォーラムさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2018-11-16 00:15:03)
12.《ネタバレ》 ○前作の功労者マデリーン・ストウがおまけ程度の出演ではね。○前作の様なハラハラがなく残念。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-12-04 23:33:52)
11.《ネタバレ》 皆さんが言われている様に、ゆるゆるですね。と書いて終りかと思っていましたけど、これってシリーズものだったんですね、しかも前作は評判良いので、興味が湧きました^^;
ないとれいんさん [地上波(吹替)] 5点(2014-05-22 19:13:14)
10.あまりにもヌルい刑事コメディで楽しめない。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 3点(2013-03-10 22:47:25)
9.あのオバさんはいらないでしょ。酢豚にパイン入れられた様な気分です。
SINさん [地上波(字幕)] 5点(2011-06-04 02:16:27)
8.「張り込み」の続編。前作同様の作りですが、おかしな女検事捕が一人加わっただけですが、どうもこちらはかなりユル、ユル感が増してました。しかし、最後はキッチリとマデリーン・ストーが締めくくってくれました。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-10-07 01:03:58)
7.《ネタバレ》 あの名コンビに一人加えたが、2+1が3にならない失敗作。まだまだあの二人に焦点を絞った方が良かったと思うと残念。
monteprinceさん [DVD(字幕)] 5点(2006-05-21 21:33:46)
6.まぁ若干笑えはしましたけど、これといって語る事がないですよね(笑)。至極凡作。
あろえりーなさん [ビデオ(字幕)] 5点(2006-01-21 03:09:34)
5.前編と監督、俳優など同じで期待したがはずれ。
ご自由さんさん 5点(2005-02-04 15:18:11)
4.もうずいぶんと前に見たのだが、前作同様まあまあ楽しめました。二人の絶妙なコンビは好きだったし、またやってくれないかなと思ってるんですが。これでは女性検事補(ロージー・オドネル)の存在が大きかったですね。
fujicoさん 6点(2004-02-23 12:38:01)
3.相変らずの続編。ややうけの映画。
ボバンさん 1点(2004-02-23 00:50:57)
2.前作と同じような設定で「なりすまし」のウソを突き通す過程が面白い。前作程のインパクトはないが十分楽しめる内容になっている。
東京50km圏道路地図さん 7点(2004-02-21 23:22:41)
1.《ネタバレ》 前作よりか確実にスケールが小さくなってるね。ドレイファスの口髭がないぶんものすごく老けた感じがした。エステベスのもなくなっちゃうし・・。まあオープニングだけが前作並だったかな。別にそれ以外にも見所になるシーンもなかったし。
M・R・サイケデリコンさん 4点(2004-01-23 13:54:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 4.65点
000.00%
115.88%
200.00%
3317.65%
4211.76%
5741.18%
6211.76%
7211.76%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 0.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 0.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS