警察日記のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 警察日記
 > (レビュー・クチコミ)

警察日記

[ケイサツニッキ]
1955年【日】 上映時間:112分
平均点:7.18 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
ドラマコメディシリーズものモノクロ映画刑事もの小説の映画化
新規登録(2004-01-22)【へちょちょ】さん
タイトル情報更新(2018-05-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督久松静児
キャスト森繁久彌(男優)吉井巡査
三國連太郎(男優)花川巡査
宍戸錠(男優)薮田巡査
三島雅夫(男優)石割署長
殿山泰司(男優)倉持巡査
二木てるみ(女優)ユキ子
岩崎加根子(女優)二田アヤ
十朱久雄(男優)赤沼主任
千石規子(女優)セイ
多々良純(男優)紅林
伊藤雄之助(男優)岩太
左卜全(男優)猪岡熊太郎
沢村貞子(女優)料亭の女将ヒデ
東野英治郎(男優)村田老人
飯田蝶子(女優)アヤの母タツ
三木のり平(男優)町長
杉村春子(女優)杉田モヨ
小田切みき(女優)桃代
織田政雄(男優)金子主任
稲葉義男(男優)丸尾通産大臣
加原武門(男優)
高品格(男優)
山田禅二(男優)
光沢でんすけ(男優)
河上信夫(男優)
紀原土耕(男優)
津路清子(女優)
田中筆子(女優)
原作伊藤永之介「警察日記」
脚本井手俊郎
音楽團伊玖磨
作曲民謡「会津磐梯山」(福島県民謡)
撮影姫田真佐久
製作坂上静翁
配給日活
美術木村威夫
編集近藤光雄
照明岩木保夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.美しい福島の田舎の風景とともに、敗戦の陰が未だに残っている高度成長以前の物のない日本がリアルに感じられる映画です。貧しさの中にも人々の優しさに胸を打つエピソードが随所に描かれていて、人間関係のあり方を振りかえってみたくなるような映画です。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-08-22 21:24:11)
10.《ネタバレ》 人情喜劇として楽しく見ました。貧しさゆえに起こる事件や騒動、それに対し厳しくも暖かく対応する警官たち。あの時代の地方ならではと思える作品です。しかも単なる人情劇に終わっていない。たとえば万引き・無銭飲食をした母子は父親と再会できましたが、このあと暮らしが成り立っていくという保証などない。幼い姉弟を一旦捨てた母親も、きちんと生活費を稼げるのかどうか、心許ないところがあります。このように、結局肝心なところは解決していない、警察の限界を描いているところが正直でよかったと思います。また、この母親や岩太くんは、町を出て都会(東京)に出て行きます。一見希望がもてそうですが、田舎町には将来がない、都会にしか希望がないということを暗示しているようです。これが将来的に過疎につながっていくのでしょう。そういえば、役所の間での縄張り争いを揶揄するようなところもあり、笑いを交えて皮肉に描いています。単なる人情劇にとどまらず、こうした社会的な視線をも持ち合わせているところが鋭いです。
演出としては、細かいカット割りで人物の心情をうまく表していてうまい。特に子供の扱いがすぐれていました。それと出演者がとにかく豪華で、その若かりし日を見ているだけでも楽しめます。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-04-21 22:09:28)
9.のどかな田舎でおだやかな警察官たちで心があたたまった。
ホットチョコレートさん [地上波(邦画)] 7点(2013-02-10 09:34:44)
8.《ネタバレ》 1つ1つのエピソードはありきたりとも思えるのに、それが集積したときに輝きを見せるのは、制作者が登場人物の1人1人に愛着を持ち、丁寧に扱っているからだろう。ジープを使った親子の別れのシーンは、現実の厳しさと、人間の間の優しさや暖かみを見事に凝縮している(そういったシーンはほかにもいろいろある)。そんな中でも、当時6歳の二木てるみの天才的演技力には、ひたすら驚愕。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-12-02 01:21:11)
7.三島雅夫さんが署長さんなので、てっきり上司や金持ち、権力者などを皮肉る映画と思ったら、純粋な人情ドラマだった。しかも子どもの頃家族で見たことを思い出した。やっぱり良い映画だ。コメントを書こうと思ったらイニシャルKさんとほとんど同じ思いだった。
デビューしたての新人として、若い巡査を宍戸錠さん演じている。ほっぺたが張ってない若々しい顔だ。二木てるみさんに関しては文句なしの天才子役、早くから映画だけでなくラジオドラマでも活躍していた。
会津磐梯山をふとろに、旧式のバスが走る。大変懐かしい。
ESPERANZAさん [映画館(邦画)] 8点(2011-12-17 11:06:55)
6.なんていうことのないお話の連なりだ。ほんわかといい話だ。でも人のいい警察官たちによって片付けられてゆくそれぞれのエピソードはけして解決することなくなんとかかんとかやり過ごすのみ。ほんわかと見せかけて実は残酷なお話でもある。人情喜劇の中にしっかりと社会派の刻印を残すその真面目っぷりがかえって映画をつまらなくしているところもあるが、ことごとくそこに結び付けてゆくというのもシンプルでいい。「日常」であることを示唆する淡々としたお話を森繁を筆頭とする俳優陣が牽引する。
R&Aさん [DVD(邦画)] 6点(2011-10-25 13:39:13)
5.《ネタバレ》 田舎の警察署を舞台にした人情もの。とにかく登場する警官みんなが情に厚く、演じる森繁久弥や三國連太郎といった面々の演技も実に温かみがあって素晴らしい。彼らを狂言回しに事件を起こした人々の人間模様を描いているのだが、その事件というのが殺人事件や誘拐事件といった凶悪事件ではなく、捨て子や万引きといったこの時代ならどれもが貧しさから来るようなものばかりで、戦後10年で日本がまだまだ貧しい時代だったのだなと痛感させられる。また、東野英治郎が演じた戦争で子供を亡くし、おかしくなってしまった老人などにもリアリティーが感じられる。森繁久弥演じる吉井巡査が面倒を見る捨て子の姉弟のエピソードが特に泣ける。二人に対しての吉井巡査の温かい眼差しも感動的なのだが、姉を演じた子役時代の二木てるみがなんといっても素晴らしく、弟に会いたいばかりに一人で会いに出かけていくシーンや、名乗り出た母親の乗ったジープを見つめる表情などなんとも切なく悲しげで、本当にうまく、思わず泣かされた。久松静児監督の映画を見るのはまだこれが2本目だと思うが、人間の持っている心の温かさというものを見事に描き出した正に名作だと思う。あと、書き忘れていたが、署長を演じる三島雅夫のユーモラスな演技は、普段腹黒い悪役や嫌味たらしい役のイメージが強いだけにすごく新鮮に感じられた。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2010-04-11 14:47:47)(良:1票)
4.神保町シアターにて鑑賞。
久松静児監督特集にて。

正直、眠かった。
何故かっていうと、退廃的なものがなく、出ている人々はただ心の温かい人達ばかりで、まっすぐすぎるからだ。
警察官という職業に対する、ただ真面目なだけという個人的なマイナスイメージも手伝った気がする。

世の不条理さを嘆いたものや、一筋縄ではいかない男女の汚れた恋愛など、毒気を好む私には合わなかったのだろう・・・
にじばぶさん [映画館(邦画)] 5点(2008-10-19 00:13:41)
3.森繁久彌も三國連太郎も本当に上手い。そして、また警察姿もよく似合う。そんな二人がとても優しき人間味に溢れる警察官を好演している。東北の田舎町ののどかな風景も観ていて何だか癒される。特に凄い出来事が起こるわけでもなく、ただただ町の住民と触れ合う姿を描いているだけなのに、やかましい音楽で何か訴えようとする今の邦画にはない何かがこの作品を観ると伝わってくる。映画にうるさい音楽など不要ということがよく解る。この映画の中で描かれている警察の日常、働く姿など、今の警察にはない。感じられない優しさが見られる。子役の一人、二木てる美の上手さには驚きが隠せない。弟の別れのシーンで見せる切ない表情なんて、本当にお見事としか言いようがない。
青観さん [ビデオ(邦画)] 8点(2007-09-17 20:20:47)
2.昭和30年頃の福島の田舎の警察署とはいえ昨今の日本とはまるで違う暮らしぶりや人情がのどかで暖かい。
次々起こる事件は捨て子、人買まがいのもぐりの周旋屋、子連れの万引き女は無銭飲食も、、とどれも貧しい暮らしに絡むようなものばかり。咎めるよりも同情したくなるのも無理はない。息子を3人も戦争で亡くし狂ってしまった老人なども描かれ、まだ戦後復興途上といった当時の生活や風俗も伺われて興味深い。
多彩な登場人物が繰り広げる人間模様が哀しくも面白く繰り広げられるが、中心の一つが人情に厚い吉井巡査と捨て子のエピソード。二木てるみの物悲しいような表情や森繁の自然体の演技がうまい。子供を負ぶって手を引いてとか、オムツを替える手つきとか、台所に立つ姿などが実に自然で様になって見えるのに感心してしまう。
他にも人のいい花川巡査の三国連太郎(若い・ハンサム!)が周旋屋から守ろうとする娘との話など人情がたっぷり。豊かにはなったけれど殺伐とした今見ると懐かしくもうらやましいような気さえしてくる。

キリコさん 7点(2004-11-27 19:54:32)
1.しみじみと温かい物が胸に染み入る様な傑作。磐梯山の麓にある小さな町の警察署には様々な悲しい人生が行き交う。これらの不幸に対して署員達は無力でしかないが、のんびりと慈悲深く接する。悪意は何処にも存在しないのに、縁は巡り巡って人々に涙雨を降らせる。眼下に繰り広げられる卑小で滑稽な人々による悲喜劇を優しく見下ろす磐梯山が美しい。森繁をはじめ役者陣の演技は絶品。特に若き日の三國連太郎、天才子役、二木てるみの演技が胸を締め付ける。素晴らしいです。みなさん、観て損は無いと思います。
水島寒月さん 8点(2004-05-02 14:39:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 7.18点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
519.09%
619.09%
7436.36%
8545.45%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS