LIES/嘘のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > LIES/嘘
 > (レビュー・クチコミ)

LIES/嘘

[ライウソ]
Lies
(거짓말/Gojitmal)
1999年【韓】 上映時間:108分
平均点:5.00 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-04-28)
ドラマラブストーリー小説の映画化エロティック
新規登録(2004-01-24)【fero】さん
タイトル情報更新(2008-10-20)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督チャン・ソヌ
脚本チャン・ソヌ
字幕翻訳根本理恵
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 女子高生Yと既婚の中年男JのSM的なSEX描写が続く。
エロいのだが、ストーリーがさっぱり頭に入ってこず、右から左へと流れる。
S役の男とM役の女の役割が、途中から入れ替わるのも、よくわからない。
ストーリーの入ってこないSEX描写は、ただのAVを観るのと変わらない。
それはそれで需要はあるので文句はないけど。
主人公Yの文字通り体を張った頑張りと魅力だけで持っているようで…。
映画なんだから、ストーリーに巻き込まれて興奮したいでしょ。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 5点(2012-12-18 22:10:57)
3.映画ということで女優さんが頑張ってきわどいシーンに臨んでいる、
その頑張りを蹂躙することが性衝動に最も働きかけませんか?この衝動の代償で
女性は芸術足り得るのです!!みたいな訴えでしょうか・・・
好きだからしてあげたい、でも恥ずかしいからされるのはやだ!
みたいな気持ちって必ずしも自尊心の延長にあるだけのもんじゃない気がしますが・・・
成長とは磨耗そのものといわれてる様でなんだかシャクでした。
o-zさん [DVD(字幕)] 5点(2005-10-29 02:51:41)
2.いやはや見ていてしんどかったです。この映画は露骨な性描写から韓国で発禁になった、ということを聞いていました。性描写がきつい映画は『愛のコリーダ』『エマニエル婦人』など見ていたので、まぁそれほどでもないだろうなと思っていたのですが、「サディズム」と「マゾヒズム」をあぁも描かれるとその痛々しさに目を覆いたくなりました。
暇人さん 3点(2004-05-04 16:08:32)
1.なんで韓国映画ってこうも演技がオーバーなんだろう?ここがいつも引っ掛かって映画に集中できない。確かに、もとから日本人に比べるとリアクションが大きいお国柄(というよりも日本が小さい国柄)なんでしょうけど、それでもちょっと違和感ありあり。特に出会いのシーンは、もう少しお互いの探りあいだとか、不安を表現してくれたら嬉しかったかな。いきなりそんなに簡単にセックスにいけるほど、韓国の性意識は低くはないと思う。そこに、事前の探りあいだとか、熱狂があったかというと、あの演出では読み取れないと思うのですが・・・。それを越える何かがあるから、韓国では衝撃的だったのかもしれない。それにしても、主演の女の子がセックスを重ねるたびにどんどん美しくなっていったのは驚きました。最初はただの田舎の高校生だったんだけど、最後はきちんと女になっていましたね。その様子は、本当にドキドキするくらいの変化だったと思います。この、少女の変貌だけでも見る価値があるんじゃないかというくらいです。僕は、アジア系でも何本か性を取り扱った映画を観ていますが、(日本を含めて)アジア女性の裸でこれまで観た中で一番いいと思いました。少し、エンディングがすっきりしなかったので減点です。
feroさん 7点(2004-01-26 21:54:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3125.00%
400.00%
5250.00%
600.00%
7125.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 2.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 2.00点 Review1人
4 音楽評価 1.00点 Review1人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS