トップガンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トップガン
 > (レビュー・クチコミ)

トップガン

[トップガン]
TOP GUN
1986年【米】 上映時間:109分
平均点:6.37 / 10(Review 282人) (点数分布表示)
公開開始日(1986-12-06)
アクションドラマシリーズもの青春ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-11-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トニー・スコット
助監督ダン・コルスラッド
演出伊達康将(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
キャストトム・クルーズ(男優)ピート・”マーベリック”・ミッチェル
ケリー・マクギリス(女優)チャーリー
ヴァル・キルマー(男優)アイスマン
アンソニー・エドワーズ(男優)グース
トム・スケリット(男優)ヴァイパー
マイケル・アイアンサイド(男優)ジェスター
ジョン・ストックウェル(男優)クーガー
リック・ロソヴィッチ(男優)スライダー
ティム・ロビンス(男優)マーリン
ウィップ・ヒューブリー(男優)ハリウッド
ジェームズ・トルカン(男優)スティンガー
メグ・ライアン(女優)キャロル・ブラッドショー
エイドリアン・パスダー(男優)チッパー
クラレンス・ギルヤード・Jr(男優)サンダウン
塚本高史ピート・”マーベリック”・ミッチェル(日本語吹き替え版【DVD】)
湯屋敦子チャーリー(日本語吹き替え版【DVD】)
森川智之アイスマン(日本語吹き替え版【DVD】)/マーベリック(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
小森創介グース(日本語吹き替え版【DVD】)
野島昭生ヴァイパー(日本語吹き替え版【DVD】)
津田健次郎クーガー(日本語吹き替え版【DVD】)
木内秀信スライダー(日本語吹き替え版【DVD】)
神奈延年ハリウッド(日本語吹き替え版【DVD】)
西村知道スティンガー(日本語吹き替え版【DVD】)
川田妙子(日本語吹き替え版【DVD】)
渡辺裕之ピート・”マーベリック”・ミッチェル(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
吉田理保子チャーリー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
谷口節アイスマン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
江原正士グース(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
井上瑤キャロル・ブラッドショー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
前田昌明バイパー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
麦人ジェスター(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
曽我部和恭クーガー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
荒川太郎スライダー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小林修スティンガー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚芳忠(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
村越伊知郎(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
石森達幸(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小野健一(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
古田信幸(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小室正幸(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
高橋広樹ピート・”マーベリック”・ミッチェル(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
日野由利加チャーリー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
桐本琢也アイスマン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
高木渉グース(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
宮内敦士クーガー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
磯部勉ヴァイパー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
岩崎ひろしジェスター(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
楠大典スライダー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
池田勝スティンガー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
雨蘭咲木子キャロル・ブラッドショー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
阪口周平(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
内田直哉(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小形満(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
松山鷹志(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
安藤麻吹チャーリー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
東地宏樹アイスマン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
平田広明グース(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
小川真司〔声優・男優〕ヴァイパー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
加瀬康之クーガー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
坂詰貴之ハリウッド(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
土師孝也ジェスター(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
山野井仁スライダー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
青山穣(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
木村雅史(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
脚本ジム・キャッシュ
音楽ハロルド・フォルターメイヤー
作曲ジョルジオ・モロダー"Take My Breath Away"
主題歌ケニー・ロギンス"Danger Zone" "Playing With the Boys"
挿入曲チープ・トリック"Mighty Wings"
オーティス・レディング"(Sittin' on) The Dock of the Bay"
撮影ジェフリー・L・キンボール
製作ジェリー・ブラッカイマー
ドン・シンプソン
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮ビル・バダラート
配給UIP
美術ロバート・R・ベントン〔美術〕(セット装飾)
編集クリス・レベンゾン
ビリー・ウェバー
録音ドナルド・O・ミッチェル
ケヴィン・オコンネル[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
日本語翻訳木原たけし(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
松崎広幸(日本語吹き替え版【日本テレビ/テレビ東京】)
スタントスティーヴ・ホラデイ
その他ビル・バダラート(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
282.《ネタバレ》 本年はいよいよ『トップガン マーヴェリック』が満を持して公開されます。トム・クルーズは今ではイーサン・ハントがパブリック・イメージですが、『ミッション・インポッシブル』シリーズが始まるまでは永らく“マーヴェリック”が彼の代名詞だったのが懐かしいですね。 本作の主役というとトム・クルーズなのかF-14トムキャットなのかちょっと悩みますが、まあ「両方です」ということにしとけば間違いないでしょう。そのトムキャットも米海軍を退役してすでに15年余りにもなり、現在運用しているのは米国の天敵イランだけだというのは皮肉な現実です。新作では使用機材はF/A-18スーパー・ホーネットになりますから、トムキャットがブンブン飛び回る映像は今となっては貴重です。見ればご理解いただけるように、トムキャットはとにかくデカい戦闘機です。そしてフェニックスという高性能ミサイルを搭載しているのでトムキャットは遠距離戦というかアビオニクス性能の優位が強みで、それなのにトップガンでドッグ・ファイトの技術を教育するとは米海軍は基本に忠実というか保守的なんですね。 これだけ存在感があるトムキャットにどうしても眼が奪われがちなのに、それに負けないオーラを放っていた若き日のトム・クルーズはやはり大スターになる片鱗を見せていたんじゃないでしょうか。あとこの映画の特長は、トムキャット以外の陸の乗り物アイテムがまた印象に残っているんですよね。トムが地上で愛用するカワサキGPZ900Rやケリー・マクギリスの愛車ポルシェ356は本作のアイコンの一つでもあります。マジック・アワーのサンディエゴのパームの並木道をカワサキGPZ900Rで疾走するトムのカットは、自分が本作を思い返すときに真っ先に浮かぶイメージになっています。“Take My Breath Away”や “Danger Zone”なんて当時のMTVでどんだけ聞かされたことか、これも懐かしい思い出です。 そういえば今回観直してマーヴェリックの三代目後席レーダー員がティム・ロビンスであることに気が付きました。ラストの空戦シークエンスでちょこっと登場するだけですが、空母甲板に立つとその異様な高身長が目立ちます。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-05-10 22:23:46)
281.Netflixにて鑑賞。
内容は大味だが、何も考えず観てスカッとする、本来のハリウッド映画。
トム・クルーズ、ケニーロギンスでなければ別の映画になっていそう。
パブさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-08-16 20:41:44)
280.来年続編が作られるということで久しぶりに見る気になりましたが、今見ると大して面白くもないし凄くもないですね(笑)公開当時は超絶にカッコいい映画だと話題になったし私もそう思いました。その後30年、今でも記憶の中では「TOP GUN=ジェット戦闘機の凄い映画」という印象しかありませんでした。年月(風化)とは本当に恐ろしいものです。

当時、アイスマン=嫌な奴という印象でしたが、今見ると文句のつけようがないくらいのイイ奴でびっくり。やっぱ人って外見やイメージだけで相手のことを記憶するんだなあとしみじみ。続編がコケないことを切に願って、楽しみに待っています!
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-08-10 11:03:12)
279.《ネタバレ》 ドラマERのグリーン先生がトムクルーズの相棒グースだったと知り、ビックリ仰天…!また見たいと思っていました!当時の私にとってはカッコいい映画としか、言いようがなかった!女の教官にも憧れたものです。沢山の映画やドラマや世間を見すぎた今となっては、初見ほどの刺激を得られないのも致し方ない…。しかし今でも古臭さを感じないスカッとした娯楽映画だと思います。ムキムキのトムクルーズよりヒョロっとしたグースが好き…。
まーごさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2018-12-10 22:17:35)
278.《ネタバレ》 映画館でやっていたので子供の頃以来、久々に鑑賞。「あれ、こんな映画だったっけなー」という感想。子供心にもそんなに面白い映画という印象も残っていなかったが・・。今見ると相当に恥ずかしくなってしまうようなシーンが多くて驚いた。使われている楽曲の素晴らしさは言うに及ばずだが、なんとなく曲の流し方がちょっと雑に感じてしまった。もう少し効果的に使うこともできたのでは。。まあこの出し惜しみしない感覚が80年代だったのかもしれない。それにしてもトムクルーズが若い。それと昔はアイスマンがとんでもない憎まれ役という印象だったが、今回見直してみるとすごくいい奴である事に驚いた。言っていることも至極真っ当な事ばかりである。主役のマーベリックの方がよっぽど嫌な奴で問題児であると思ってしまった。しかし卒業式の日にあんなタイミングで敵が攻めてくるという設定が、とにかく驚きである。こう考えるとやはり「愛と青春の旅立ち」はそれでも良くできた作品だったと思う。
rain on meさん [映画館(字幕)] 5点(2018-09-11 22:00:45)
277.公開当時は大人気でした、三回劇場に足を運んだという強者もいましたね。
今はなき「theハリウッド」たる映画です。
予算もかかっているし音楽も豪華。
当時は日本映画は一生勝てないだろうと思わされた作品の筆頭でした。
この手の映画の2番煎じを作れるならば点数下げますが、エンターテインメント性を考えたら難しいでしょう。
考えさせられる作品じゃないです、スカッと楽しむ映画です!楽しんだもの勝ちです!!
江戸前田さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2018-05-31 09:42:25)
276.「トップガン」観たことないの???と
観てて当たり前のような事を言われたので、いつかは観ようと思っていましたが、
まぁ観て観ると、アメリカが作った、アメリカ人が好きそうな、ベタベタ作品!笑
ポテチ食いながら、適当に観てもそれなりに楽しめると思います。
戦闘機に詳しかったら、違った目線からも楽しめそうでした。

観てて、すぐに「愛と青春の旅立ち」が浮かんできましたが、「愛と〜」のほうが断然ドラマが濃くておもしろいです。
それと、劇中にでてきたバイク、Ninja GPZ900R
今もたまに走ってるのを観ますが、映画だとかっこよくみえました。(トムクルーズと、サンディエゴのおかげだかな)
へまちさん [インターネット(字幕)] 5点(2018-02-23 20:56:53)
275.《ネタバレ》 今日のラテ欄でこの映画を放送しているのに気が付いたので、はじめてこの映画を観たときの感想をば。

この映画で何より忘れられないのが、劇中でMig28と呼ばれている飛行機が明らかに米国製のノースロップF5である事です。

おかげで初見のときに冒頭のMig28との空戦シーンはずーっと訓練だと思ってました。
実際、米軍で仮想敵を設定して訓練することはめずらしくないので、そういうシーンだと思ったんですね。
だって、どう見たって敵の戦闘機が米国製のF5なんですから、そりゃそう思っちゃいます。

おかげで、仲間のエースの方がなぜブルってるのかしばらく理解できず。

あぁ、あれはほんとにMig28という戦闘機の設定なんだ、と気づいてから、明らかに米国製じゃないそれっぽい飛行機用意しろや!と思ったのがなつかしい思い出です。
米国製の戦闘機を出して「ソ連の戦闘機だ!」と言われても「いやアメリカ製だよね…」としか思わないですし、ぶっちゃけしらけます。

だから途中でA4が出てきたときにも「これもソ連機って設定なんだろうか?」と余計なことが気になって気になって…
つかアメリカ人は気にならないわけ??そこが不思議です。

まぁストーリー自体単純明快で非常にありがちなので、多少他のことに気をとられていてもストーリーの理解には問題ありませんでしたし、そもそもありがちすぎるストーリーで理解しようがしまいがさして面白くもないからどうでもいいんですけどね。
あばれて万歳さん [DVD(字幕)] 5点(2018-02-08 23:16:05)
274.中身がなくても徹底して形にこだわるとかっこよく見えます。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-11-25 21:26:47)
273.劇中に流れる甘ったるい音楽と恋愛劇が苦手。男臭い映画にして欲しかったな。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 5点(2017-08-11 13:31:25)
272.以前に何度か観た映画だが「愛と青春の旅立ち」と混同していることも多い。
だが、内容は違っていてこちらはトム・クルーズを全面に出して、航空シーンと音楽と、そしてちょっと青春があって時代を反映する出来だと思う。そして、それを楽しむのが本筋か。
その後の作品にもある程度影響を与えているんだろうと感じる。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-06-10 17:36:58)
271.《ネタバレ》 若いトム、音楽が印象的でした。
とむさん [DVD(字幕)] 5点(2017-05-28 13:23:57)
270.まるでマクドナルドのような映画。私はモスバーガー派なので・・。すみません。
タケノコさん [ビデオ(字幕)] 4点(2017-04-19 21:52:36)
269.《ネタバレ》 トニー・スコット監督の映像は今観ても古さを感じさせずひたすらオシャレだ。傑作と言っていい。
個人的にはサングラス、G-1フライトジャケット、白Tシャツ、ジーパンでカワサキNinja GPZ900R-A2を駆るトム・クルーズがひたすらかっこいい。

BD吹替え版マーベリック役は声優経験初の塚本高史でお世辞にもいい出来とは言えない。トム・クルーズの定番であり、テレ東放映版のマーベリック役の森川智之はなぜかBD版ではアイスマン役なので残念。だからマイナス2点。
ガブ:ポッシブルさん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2016-09-26 12:05:30)
268.《ネタバレ》   
CGがない時代、実機を飛ばして作られたことが素晴らしい映画です

スカイホークがタイガーが飛びまくり
エンタープライズからドラ猫ちゃんが離発着

図体がデカくて力強いくせに俊敏な
もぅ大好きなドラ猫ちゃん
飛行姿も甲板でたたずむ姿も
カッコ良すぎて困りますw

実機であるが故に
バタバタした空戦のカメラワークも
アフターバーナーの排煙も
CGが当たり前の現在では感じられない
言いようのない迫力があります


ストーリーはシンプルですが
要所要所で、パイロットも教官も艦長も
ちょちょいと優しかったりカッコよかったり

なかでもグースの
明るく振る舞い、人を信頼し、自分を律する姿は
こういう人になりたいな、と幼心に思いました
当時、無名だったメグ・ライアンも
とっても素敵な女性でした

この映画のころは無名だったけど
後年、名優や名バイプレイヤーを多数輩出した本作は
映画史に残る作品だと思います


※追記
 ドラ猫ちゃんて何?と聞かれたので解説
 メインの機体 F14トムキャットのことです
こっちゃんさん [映画館(字幕)] 10点(2016-07-31 12:24:24)
267.どうしても「愛と青春の旅立ち」の二番煎じに見えてしまう。音楽は良いし、当時のトム・クルーズの爽やかさは凄かったですが。
nojiさん [DVD(字幕)] 6点(2016-06-09 23:06:55)
266.最近気分が落ち込んでいて、映画なんか見る気ないんだけど、たまたま放送された本作で、少しは気分が楽になりました。
敵がどこの国なんだろうとか、相棒が死んだ責任は本当に主人公だったのだろうかと、少し疑問には思いましたが、単純なストーリー展開に、頭を空っぽにして見ることができました。
BGMがよかったです。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-05-21 17:53:00)
265.大学生の時に彼女と見た映画。あれから30年。この映画のサントラが私の最後のLPレコードになりました。で、久しぶりに見たら、こんなにひどい映画だったけ?へたなトレンディードラマより恥ずかしい。ポラロイドのシーンは特撮丸出し。かっこよく見えた空中戦もいまひとつ。ビーチバレーのシーンなんてどう考えても必要性がない。けど、当時はかっこよく見えたんだよな-。でも、音楽だけは今聴いてもかっこよかったです。ホントは面白くないけど、思いで分で点数高めです。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-05-07 12:26:00)
264.《ネタバレ》 まずヒロイン役が残念だったかな~。メグライアンでもよかった気が…
全体的に仲間の死が軽く飛行アクションにも高揚感が足りなかった
この1986年青春していた世代の人たち向けの一本感が少し否めないけどけっしてわるくは無い。
アメリカの昭和青春映画が少し自分の時代に合わなかっただけ。
mighty guardさん [地上波(字幕)] 6点(2015-09-16 12:41:14)
263.《ネタバレ》 トム・クルーズ主演らしい映画。教官との立場を超えたラブロマンス、トップガンをかけたライバルとの戦い、コンビを組んだ親友の死、エリートとして自らの才能への驕りと敗北、芽生えた恐怖心と挫折、それを乗り越えての復活。エンターテイメントの王道要素が詰まって、しっかりまとまっているのでそこそこ楽しめる。その反面、型通りなので予想がついてしまい、意外性も感動もない。話自体はあまり後に残らないものの、カッコいいテーマ曲と戦闘機のコラボは、無邪気な童心をくすぐってテンションを上げる。
飛鳥さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2015-06-20 00:24:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 282人
平均点数 6.37点
051.77%
162.13%
282.84%
3176.03%
4176.03%
53713.12%
64515.96%
76021.28%
83813.48%
9144.96%
103512.41%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.62点 Review16人
2 ストーリー評価 5.42点 Review26人
3 鑑賞後の後味 7.20点 Review24人
4 音楽評価 7.71点 Review32人
5 感泣評価 4.62点 Review16人
chart

【アカデミー賞 情報】

1986年 59回
オリジナル主題歌ジョルジオ・モロダー受賞作曲"Take My Breath Away"
音響効果賞 候補(ノミネート) 
音響賞ドナルド・O・ミッチェル候補(ノミネート) 
音響賞ケヴィン・オコンネル[録音]候補(ノミネート) 
編集賞クリス・レベンゾン候補(ノミネート) 
編集賞ビリー・ウェバー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1986年 44回
作曲賞ハロルド・フォルターメイヤー候補(ノミネート) 
主題歌賞ジョルジオ・モロダー受賞"Take My Breath Away"

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS