モンタナの風に抱かれてのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > モ行
 > モンタナの風に抱かれて
 > (レビュー・クチコミ)

モンタナの風に抱かれて

[モンタナノカゼニダカレテ]
The Horse Whisperer
1998年【米】 上映時間:170分
平均点:6.17 / 10(Review 53人) (点数分布表示)
公開開始日(1998-10-17)
ドラマラブストーリー動物もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-28)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・レッドフォード
助監督ミッキー・ギルバート(第二班監督)
フィリップ・C・ファイファー(第二班監督)
ポール・ライアン〔撮影〕(第二班監督)
テリー・J・レナード〔スタント〕(第二班監督)
演出ミッキー・ギルバート(スタント・コーディネーター)
キャストロバート・レッドフォード(男優)トム・ブッカー
クリスティン・スコット・トーマス(女優)アニー・マクリーン
サム・ニール(男優)ロバート・マクリーン
ダイアン・ウィースト(女優)ダイアン・ブッカー
スカーレット・ヨハンソン(女優)グレース・マクリーン
クリス・クーパー(男優)フランク・ブッカー
チェリー・ジョーンズ(女優)リズ・ハモンド
ケイト・ボスワース(女優)ジュディス
磯部勉トム・ブッカー(日本語吹き替え版)
一柳みるアニー・マクリーン(日本語吹き替え版)
石塚運昇ロバート・マクリーン(日本語吹き替え版)
坂本真綾グレース・マクリーン(日本語吹き替え版)
石田圭祐フランク・ブッカー(日本語吹き替え版)
脚本リチャード・ラグラヴェネーズ
エリック・ロス
音楽トーマス・ニューマン
編曲トーマス・パサティエリ
撮影ロバート・リチャードソン〔撮影〕
ピーター・ノーマン〔撮影〕(第二班カメラ・オペレーター)
フィリップ・C・ファイファー(第二班撮影監督)
ポール・ライアン〔撮影〕(第二班撮影監督)
製作ロバート・レッドフォード
パトリック・マーキー
配給ブエナビスタ
美術カイル・クーパー(タイトル・デザイン)
ジョン・ハットマン(プロダクション・デザイン)
グレッチェン・ラウ(セット装飾)
衣装ジュディ・L・ラスキン
編集トム・ロルフ
録音ゲイリー・ライドストロム
動物
あらすじ
仕事に追われる両親を持ち、愛馬ピルグリムとのひと時に安らぎを覚える少女グレース。ある冬の朝、彼女は不幸な事故から親友と自らの右足を失う。そして、重症を負ったピルグリムの心までも失ってしまうのだった。母アニーは、彼女の心の支えになろうと苦しむが、娘の心は閉ざされたまま。ある日、アニーは馬の心を感じ傷ついた心を解きほぐして行くホースウィスパーの存在を知る。彼女はグレースの心を取りもどすべく、ピルグリムを連れて長い旅に出るのだった。モンタナの大自然を舞台に、ロバート・レッドフォードが贈る感動巨編!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
53.心身傷ついたヨハンソン再生の話かと思ったら、仕事や家庭に疲れた中年女性の自分探しの展開になってしまい・・・。レッドフォード爺さんよりも、少年の方がしっかりしていてカッコよかったな。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2016-05-11 02:36:43)
52.《ネタバレ》 ストーリーとしては、冒頭に底値をつけた後、ほぼ3時間にわたって右肩上がりの一本調子。もう少し壁や落とし穴があるかと思いましたが、何もなし。R・レッドフォードはブラックジャック顔負けの名医のようです。ただ、単調な上り坂と並行して、いつの間にか「金妻」の世界へ。他の方も指摘されていますが、これってどうなんでしょうねぇ。あれだけ雄大な自然に囲まれた中で、何をチマチマドロドロしているのかと。「対比」というより「異次元」な感じで、ちょっと滑稽な感を拭えず。それに、白人中年オバサンと白人翁の抱擁は、加齢臭がかなりキツそうです。失礼ながら目を背け、鼻を覆ってしまいました。馬の熱演は見事でしたが。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-10-02 16:41:12)
51.《ネタバレ》 自分も後半の不倫ドラマに突入してからは醒めてしまいました。別に不倫が良い悪いじゃなくて、ストーリーの流れ上違和感があって・・・。西部劇の典型的なパターンとも言えますが、あまり魅力は感じませんでした。自分にとっては、途中で巨大イモムシ怪獣が地下から襲ってきたのと同じくらい唐突な展開でした。娘と馬のドラマや雄大な自然は良かったですけどね。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 5点(2013-06-01 19:21:03)
50.雰囲気しかなくって中身はほとんど何もないんですけど、その雰囲気だけで3時間近くもひたすら押してしまえるある種の執念は、もしかしたら凄いのかもしれない。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-05-31 02:49:49)
49.傷ついた少女の心を癒す物語..が半分、残りの半分は、大人の恋愛物語..結末あたりで「マディソン郡の橋」とダブって見えたが..映画としては、よくある都会と田舎暮らしの対比もの、私的には物足りない展開でした..それにしても、母親のアニーは、なぜトムに惹かれたのか..よく分からない..そして、ロバート・レッドフォード、歳とり過ぎでしょ~ あんな、しわくちゃな顔で、恋愛対象になるのか??
コナンが一番さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-05-10 10:36:22)
48.ロバート・レッドフォードの、ロバート・レッドフォードによる、ロバート・レッドフォードのための映画。
カタログさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2011-11-04 22:00:00)
47.《ネタバレ》 長い、でもこの尺が必要な作品。ラストの去りゆくクリスティン・スコット・トーマスの顔が印象深い。
monteprinceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-03-15 01:44:55)
46.陳腐なロマンスがせっかくの雰囲気を台なしにしている気はしますが、そういう原作なんでしょ? それによってサム・ニール演じる夫(一番好き!髪染めてるのでちょっとダミアンっぽいです)の聡明さも光るわけだし。プラトニック不倫でも罪悪感のようなものがあったらよかった。ロバート・レッドフォードは「リバー・ランズ・スルー・イット」でモンタナの自然の美しさに魅せられ、その中に自分も置いてみたくなったのでしょうか。クリスティン・スコット・トーマスはりっぱな母親でも人間としては未熟にも感じられます。10代のスカーレット・ヨハンソン(すぐ死んじゃうお友だちはケイト・ボスワース、美少女コンビ)は心と体に傷を負った少女をキツめに演じ、愛馬ピルグリムの演技とメイクも迫真。ダイアン・ウィーストはふっくらした田舎の主婦が似合い、クリス・クーパーは口数少ない気のいい牧童。そういった細かいところは丁寧で、映画より良質のテレビドラマの趣き。再生を呼びおこす穏やかな風が吹き抜けていく。
レインさん [DVD(字幕)] 6点(2010-05-05 06:00:02)
45.《ネタバレ》  ロバート・レッドフォードは、サンダンスキッドの頃とほとんど変わらないからビックリです!
 親友と乗馬で事故を起こした少女の、両親の決断した治療法が、人間に信頼をなくした馬の治療へつなげていくというのは興味深かったですが、少女の片足を失ったショック、親友が亡くなった悪夢を全く描かずに、3時間近くレッドフォードのPVだけで終わってしまうのは長すぎると思います。
 雑貨店もない広大な土地に大人の男女が一緒に住めば、ラブロマンスが生まれるのは当然でしょう。
 しかし、ニューヨークで雑誌の編集長をやっていた勝気な女性が、毎日単調な暮らしをしているカウボーイに永遠の愛を誓う事はやはり難しいと思います。
 ラストシーンで女性が別れの言葉を告げずに車を走らせてしまうのは、少々意地が悪くも見えましたが、彼女なりの精一杯の別れ方だったんでしょうね。
 でも、一番傷ついたのは、前妻との別れをようやく忘れかけることができたのに、傷口に塩を塗られるようなことをされた、ロバート演じるトムだと思います。
クロエさん [DVD(吹替)] 5点(2010-04-17 19:33:46)
44.最初はムチムチちゃん(S.ヨハンソン)の幼いかわいい姿にくぎ付けでしたが、そのうちに物語にひきつけられていき、心が洗われて行きました。いい監督作品だったと思います。子供に対する愛情は母性と父性で違うのだなと思いました。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-04-11 22:17:08)
43.《ネタバレ》 傷ついたピルグリムとトムのあの無言のアイコンタクトや、
やりとりを観る度に涙がじわっと。。<こういうの弱いんです
雄大な自然の美しさも手伝ってか、長さはあまり感じなかったです。
レッドフォードしわしわだったけど、さすがにオーラというか色気がありました。
っていうか、いい人過ぎ! 最初は身体も心も深く傷ついた馬。
そして事故の悪夢から抜けれない少女も立ち直らせてあげたいと思い、
その母親も気遣っているうちに互いに好意を抱いてしまったという感じ。
クールだった母親がトムとしばらく過ごす内に、少女のような笑顔が出てくるのが良かった。
個人的には不倫エピソードの方はもう少し抑えて欲しかったけど…。
何も知らないダンナの前であのダンスシーンはちょっと嫌だった。
奈緒さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-02-22 12:48:29)
42.癒されます。
Yoshiさん [ビデオ(字幕)] 6点(2008-03-25 00:07:28)
41.美しい大自然。愛くるしい馬の眼差し。傷ついた少女と今にも崩れ落ちそうな家族。そこに現れた心の底から支えてくれるような、静かで包容力に溢れる男。そして、禁じられた愛… まさに、定番をこれでもかと寄せ集めたようなファクターの数々。でも、それが渾然一体となった時、なんとも素晴らしい忘れ得ぬドラマとなる。これはロバート・レッドフォードの力量としか言いようがありません。他の監督だったら、もっともっとありきたりの作品で終わってしまったでしょう。長さを感じさせない…というか、3時間ではまだまだ描き足りないほどの、美しい人間愛のドラマです。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 8点(2005-11-29 00:04:43)
40.傷ついたウマと少女というところがまったく違う展開に、、、うーんこんなのもありなのかなー。
maemaeさん [ビデオ(字幕)] 5点(2005-11-12 00:55:35)
39.風に揺れる牧草から遠くの雪山まで光を巧みに捉えて大自然の美しさをそのままに魅せてくれる映像が素晴らしい。シワは増えたがレッドフォードの魅力は今も健在。傷ついた馬と少女の心と身体を癒す優しい荒野の男とのふれあいを描くテーマが次第に不倫話に変わってしまってからは全く興ざめしてしまい、やっぱりわたしも「マディソン郡の橋2」だなと思った。
WEB職人さん 3点(2004-12-04 18:09:06)
38.《ネタバレ》 どうして今まで見そびれていたのでしょう?と言う感じですが、CATVで今見終わったところです。映像の美しさと、それぞれの過去の悲しみと立ち直る姿、そして、お馬さんの演技に涙が何度も流れました。切なくてたまりませんでした。あんな男らしい人としばし過ごしたら、誰だって心惹かれちゃうと思う。そう思ったからこそ、ダンナ様も、懐の深いところを見せたのだと思うし。丁寧に丁寧に心理描写を見せてくれたからこそ、そう感じた気がします。だから長くなっちゃったのでしょうね。あーそれにしても、想いを振り切って、涙を流しながら車を走らせるアニー、よく頑張ったね(T.T) そしてあの後も、トムには、何一つ変らない大自然との暮らしが待っている・・・。「まさか、もう二度と恋をするなんて・・・」とトムは言ったでしょ。そう、恋はするものじゃなくて、落ちるものなのよね。私は不倫映画ではないと思います(^-^)
らふらんすさん 8点(2004-11-14 00:22:59)
37.なんか無駄に長い感じ、アメリカの大自然を堪能させてはくれるのですが、物語に身が入っていないと言うか?どうもダラダラ物語が進んでいるような気がします。クリスティン・スコット・トーマスは綺麗なんですけど・・・
みんてんさん 5点(2004-06-05 21:09:13)
36.据え膳を食いそこねた男の哀しく切ない後姿。
永遠さん 7点(2004-06-02 08:53:44)
35.馬とのふれあいは感動できるが不倫を正当化するのはどうかと。アメリカってこうゆう不倫物が多いですよね。国民性の違いといえばそれまでだが
hrkzhrさん 4点(2004-03-24 12:44:00)
34.ただ長いだけにしか感じませんでした。すみません。
ゆきむらさん 1点(2004-03-17 03:23:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 53人
平均点数 6.17点
000.00%
111.89%
200.00%
347.55%
435.66%
51324.53%
6611.32%
71426.42%
8815.09%
911.89%
1035.66%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review4人
2 ストーリー評価 5.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.33点 Review3人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 6.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1998年 71回
オリジナル主題歌 候補(ノミネート)"A Soft Place to Fall"

【ゴールデングローブ賞 情報】

1998年 56回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
監督賞ロバート・レッドフォード候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS