ヴァン・ヘルシングのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ヴァン・ヘルシング
 > (レビュー・クチコミ)

ヴァン・ヘルシング

[ヴァンヘルシング]
Van Helsing
2004年【米・チェコ】 上映時間:133分
平均点:5.46 / 10(Review 180人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-09-04)
公開終了日(2004-12-22)
アクションホラーアドベンチャーファンタジーモンスター映画
新規登録(2004-02-10)【ギニュー】さん
タイトル情報更新(2016-10-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・ソマーズ
キャストヒュー・ジャックマン(男優)ヴァン・ヘルシング
ケイト・ベッキンセール(女優)アナ・ヴァレリアス王女
リチャード・ロクスバーグ(男優)ドラキュラ伯爵
デヴィッド・ウェナム(男優)カール
ウィル・ケンプ(男優)ヴェルカン・ヴァレリアス
ケヴィン・J・オコナー(男優)イゴール
アラン・アームストロング(男優)ジネット枢機卿
トム・フィッシャー(男優)トップ・ハット
サミュエル・ウェスト(男優)ヴィクトール・フランケンシュタイン博士
ロビー・コルトレーン(男優)ハイド氏
エレナ・アナヤ(女優)ドラキュラの花嫁 アリーラ
シルヴィア・コロカ(女優)ドラキュラの花嫁 ヴェローナ
ジョジー・マラン(女優)ドラキュラの花嫁 マリーシュカ
山路和弘ヴァン・ヘルシング(日本語吹き替え版【劇場公開版/DVD】)
三石琴乃アナ王女(日本語吹き替え版【劇場公開版/DVD】)
小山力也ヴェルカン(日本語吹き替え版【劇場公開版/DVD】)
大塚芳忠ドラキュラ伯爵(日本語吹き替え版【劇場公開版/DVD】)
高木渉カール(日本語吹き替え版【劇場公開版/DVD】)
石塚理恵アリーラ(日本語吹き替え版【DVD】)
小池栄子アリーラ(日本語吹き替え版【劇場公開版】)
日野由利加ヴェローナ(日本語吹き替え版【DVD】)
根本はるみヴェローナ(日本語吹き替え版【劇場公開版】)
朴璐美マリーシュカ(日本語吹き替え版【DVD】)
宮迫博之マリーシュカ(日本語吹き替え版【劇場公開版】)
岩崎ひろしイゴール(日本語吹き替え版【劇場公開版/DVD】)
屋良有作フランケンシュタインの怪物(日本語吹き替え版【劇場公開版/DVD】)
村松康雄ジネット枢機卿(日本語吹き替え版【劇場公開版/DVD】)
牛山茂シルクハットの男(日本語吹き替え版【劇場公開版/DVD】)
中村大樹ヴィクトール・フランケンシュタイン博士(日本語吹き替え版【劇場公開版/DVD】)
郷里大輔ハイド氏(日本語吹き替え版【劇場公開版/DVD】)
山寺宏一ヴァン・ヘルシング(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中敦子〔声優〕アナ王女(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤原啓治ヴェルカン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
土師孝也ドラキュラ伯爵(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
三ツ矢雄二カール(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
岡本麻弥アリーラ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
雨蘭咲木子マリーシュカ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
銀河万丈フランケンシュタインの怪物(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
斎藤志郎イゴール(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
清川元夢ジネット枢機卿(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
矢尾一樹シルクハットの男(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
内海賢二ハイド氏(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本スティーヴン・ソマーズ
音楽アラン・シルヴェストリ
作詞森雪之丞「Wild Romance」(日本語吹き替え版テーマソング)
作曲氷室京介「Wild Romance」(日本語吹き替え版テーマソング)
編曲マーク・マッケンジー
氷室京介「Wild Romance」(日本語吹き替え版テーマソング)
主題歌氷室京介「Wild Romance」(日本語吹き替え版テーマソング)
撮影アレン・ダヴィオー
製作ボブ・ダクセイ
スティーヴン・ソマーズ
サム・マーサー
デヴィッド・ミンコフスキー(製作補:チェコ共和国)
マシュー・スティルマン(製作補:チェコ共和国)
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイクグレッグ・キャノン
キース・ヴァンダーラーン
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ウェタ・デジタル社(視覚効果)
キース・ヴァンダーラーン(クリチャー・エフェクツ・クリエーター/プロデューサー)
美術アラン・キャメロン(プロダクションデザイン)
スティーヴ・アーノルド[美術]
シンディ・カー(セット装飾)
アンナ・ピノック(セット装飾)
衣装ガブリエラ・ペスクッチ
編集ボブ・ダクセイ
ジム・メイ[編集]
字幕翻訳林完治
スタントマイク・ジャスタス
パット・ロマノ(ノンクレジット)
その他アラン・シルヴェストリ(指揮)
あらすじ
時は19世紀。ヨーロッパ中にその名を轟かせているモンスター・ハンターであるヴァン・ヘルシングはローマ・バチカンにある秘密組織の命を受け、怪物伝説の土地トランシルバニアに旅立つ。そこで、代々ドラキュラを倒すために戦い続けてきた一族の末裔であるアナ王女と出会い、世界を邪悪なパワーで制圧しようとするモンスターたちとの世紀の戦いが始まる。悪に立ち向かう二人の冒険の中、明らかになるヴァン・ヘルシングの過去とは?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
180.うーん、悪くはない。
悪くはないんだけど、見せ所をたくさん作りすぎて、作品として抑揚のないアクション映画になってしまってるんだと思います。
ストーリーテリングって大切ですね。
プラネットさん [DVD(字幕)] 5点(2016-10-15 21:45:27)
179.《ネタバレ》 怖くないホラー映画でした。
pokobunさん [DVD(吹替)] 5点(2012-11-24 18:23:43)(笑:1票)
178.映像は派手だけど鑑賞後の印象は薄い。たぶん何度観ても同じ感覚でそこそこ楽しめるだろう。ヒュー・ジャックマンもケイト・ベッキンセールも素敵だし、コンセプトも好き系なんだけどな。
movie海馬さん [地上波(字幕)] 5点(2012-09-07 21:09:28)
177.《ネタバレ》 本当に、ケイト・ベッキンセール女史はゴシックな雰囲気が似合いますね…
彼女でビシッ!と引き締まっていたように思いました。
この方の、普通の女性の役柄を見たことがないです(笑)

従者の役は他の人でも良かった気がしますが(あえてファラミアじゃなくても)…

ストーリーは細かいところは無視の超特急ですので、特に気にせずサクサク見られます。





旅する仔猫さん [地上波(吹替)] 5点(2012-09-06 20:56:59)
176.大好きな作品なので数年ぶりにじっくり鑑賞。
いやぁ、やっぱり面白い!!
なんと言ってもヒュー・ジャックマンさんがカッコイイ。
ベッキンセールさんもとてもセクシー。
悪役のヴァンパイアさんたちも怖いというよりはどこか笑える、ちょっと抜けてるところが良いのかもしれません。 

暇があるときにリラックスしてまた観たい作品。
たんぽぽさん [DVD(字幕)] 9点(2012-08-26 21:09:12)
175.もー冒頭のシーンにやられたんで夢中で観ちゃいましたよ。なんたって最初のセリフがホラー映画史に燦然と輝く「アライブ! アライブ!」なんですもん。
ざっくりと大味な造りも、世の怪奇映画が出来合いのプロダクションムービーとして作られてきたという事実を思い出させてくれて、案外正統な印象。無駄に大作ムービー臭もあるしね。
そして、古今東西オイラが観てきたフランケンシュタイン映画の中では、本作のモンスターの描かれ方が一番原作に近くて納得できる(「フランケン映画はアドベンチャー大作として撮るべきだアッ!」というのが昔からの持論なのです)。彼は人類を相対的な立場から、「他人事」として語れる者なんですな。神(ヘルシング)と悪魔(ドラキュラ)の対立から等距離分離れているというポジショニング(そしてそのバランスを壊すキワードが「トモダチ」というの)にシビレますですよ。
ドラキュラの方は役者さんの力の問題もあって、往年の名優たちには及ばない。だけどマックス・シュレック版やルゴシ版はもちろん、トビー・フーパー版までキチンと意識して演技に盛り込んでる。なかなか勉強家のようです。全然成功してませんが(涙)。

で、この点数になった理由なんですが、ドラキュラの「嫁」たちのデザインが悩みどこだったからなんですね。
ヴァンパイアってよりハーピー的なクリーチャーデザインなんだけど、これ過去の吸血鬼映画にはないコンセプトなんですよね。むしろ原典を探すならフランケンシュタインの方の「花嫁」のデザインなんじゃないかと。
…だったらちゃんと嫁にパンクヘアさせて、怪鳥音しゃべらせなよ(笑)。そこんとこの踏ん切りのつかなさが、すっごく惜しくて惜しくて…イゴールネタではあんだけしょーもないギャグで引っ張ってるクセによ(一瞬メル・ブルックス映画かと思ったぜ)。
ホエール版フランケンの煮え切らなかった部分への決着をつけられるくらい、器のしっかりした企画・脚本だったのに。残念でごわした。
エスねこさん [インターネット(字幕)] 7点(2011-10-09 03:03:44)(良:2票)
174.世界観は嫌いじゃないけど内容が薄い(笑)ストーリーとしては壊滅的だなぁ。
世界観だけでもった感じかな。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-08-22 22:59:21)
173.《ネタバレ》 中世の冒険ものを久々に見たから新鮮さがあったのと、アラン・シルヴェストリのBGMのおかげで酷評されているほど個人的には悪くないと思った。終盤に急激に展開が進むものの安易なハッピーエンドにせず、哀愁が漂うエンディングもさっぱとした後味だった。
シバラク・オバマさん [DVD(字幕)] 7点(2011-05-04 14:10:41)
172.《ネタバレ》 うーーむ つまんないなぁ まぁ確かに苦手なカテゴリー(中世ファンタジー系?)なんだけども 正直見所ないなぁ ケイト・ベッキンセールも…そんなに  というか顔怖い(苦笑) 5分に一回の衝撃映像ってDVDパッケージに書いてあるけど、え?どれ??って感じ まぁたぶんきっと相性的な問題だとオモイマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 2点(2010-10-08 09:07:41)
171.《ネタバレ》 なかなか面白かったと思う。

アホみたいなプロットに、ゴリゴリ特殊効果が乗って削り削られの泥臭いバトルというか、つぶし合いのようなアクションが非常に心地よかったりして。

劇場専用な環境依存的画質で、おそらくBDで観たらCGIとそうでない部分は違和感ゴリゴリだろう。DVDや地上波で観たらかなりパワーダウンするかもしれない。

それにしても、こんだけ荒っぽい話でも目的に向かって主人公ががんばる話というのは面白くなるのか。ある意味スゴいなこれ。エンディングも意外と良い。
黒猫クックさん [映画館(字幕)] 7点(2010-09-13 19:18:43)
170.心に何も響かないのが残念。ドラキュラ伯爵は気品やカッコ良さがあるべきかと。色んなキャラクターの描き方が上手くないかな。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 4点(2010-09-12 23:11:23)
169.《ネタバレ》 色物対決なんで、こんなもんでしょうね。ケイト・ベッキンセールは、ちょっと苦手な女優さんで好みではないですね。リチャード・ロクスバーグは存在感が薄かったです。CGだらけの作品ですけども、女ドラキュラ達はリアルで良かったです。「ブレイド」のように、武器をあまり活かしきれていなかったように思えます。もっと、ぐしゃぐしゃと爽快感のある仕上がりにすれば面白かったかも知れないです。それか、本来の地味な設定で製作するしかないですね。暇潰しにはなります。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 7点(2010-07-10 19:09:09)
168.《ネタバレ》 余りのつまらなさに何度寝そうになった事か。アクションとモンスターさえ出しとけば良いってもんじゃない。主人公や周りの人物のバックボーンの掘り下げが足りないために、感情移入できる者が一人もおらず、単なるアクションのオンパレードのみの映画になってしまっている。そもそも、こういうのはドラキュラじゃない。威厳もクールさも無い。当然恐ろしくもなければドキドキ感もない。ハッキリ言ってこういう作品を創るのはカネの無駄遣いだ。そして見る側にとっては時間の無駄遣いと言っていい。一応ヒュー・ジャックマンが出てるので2点は付けておこう。
へろへろさん [地上波(吹替)] 2点(2010-07-06 17:37:40)
167.《ネタバレ》 これは久々にひどい映画。子供向けの娯楽作だとわかっていても子供すらバカにすんな!と怒鳴りそうな幼稚な映画ですね…。あまりのくだらなさとご都合主義で、ギャグ映画よりもたくさん笑えました。まあでもVFXの質が低いおかげで脚本の出来の悪さが目立たなくてよかったね!

とにかくそれっぽい映画を何本も乱造するくらいなら、丁寧な脚本をしっかり演出したこだわりの映画1本を作るべき。
HAMEOさん [地上波(吹替)] 3点(2010-06-28 14:15:55)
166.《ネタバレ》 特撮の質は高くない。ジャンクフードを沢山食べさせられた感じ。■ヒロインは、もっと若くて綺麗な人が良かったです。実年齢は知りませんけど、日本人の私から見ると老けてて顔が怖い。■ヴァン・ヘルシングという名は、ブラムストーカーの小説ドラキュラに出てくる、吸血鬼と戦う人ですけど、この名前ってそんなにメジャーなの?タイトルにしちゃうほど?■話は、妖怪大集合とか怪獣大集合とか、そんな感じの大味なもの。吸血鬼、狼男、フランケンの怪物などいろんなモンスターが出てくる。それを楽しめればいいという人向け。
まめさん [地上波(吹替)] 4点(2010-06-27 22:51:17)
165.《ネタバレ》 ヒュー・ジャックマンさんがこんなところでまでウルヴァリンに!!!って感じでしょうか(笑)キャストに関して言えばかなり豪華な面々。個人的にはヒュー・ジャックマンさんもケイト・ベッキンセールさんもかなり好きな俳優の部類に入るんですが、魅力を引き出しきれていない印象がありました。

まずはヴァン・ヘルシング(=ヒュー・ジャックマンさん)。ヨーロッパ中に名を轟かすモンスター・ハンターという割には戦い方が危なっかしすぎる。あれで今まで良く生きてこれたなとそこに不自然さを感じる。アンナ(=ケイト・ベッキンセール)さんはその美貌の割りにけっこう泥臭い演技をしています。しょっちゅうひっぱたかれるし、流血も多いし。ラストには殺されてしまうし(←今までに殺された一族と天国で仲良くする、というラストにしたかったのは分かるが、彼女があろうことか主人公に殺されてしまうというのは視聴者にはショッキングすぎる)。
などなど、キャスティングした俳優がもったいない映画だなと思ってしまいました。

ストーリーについて言えば、一言で言えば「アメコミin中世のヨーロッパ」ですね(笑)フランケンシュタインはハルクかザ・シングにしか見えないし、中世のヨーロッパという舞台にはあまりそぐわない。もっと生々しくておどろおどろしい雰囲気を期待していましたが、上述のアメコミ描写によりどこか軽い印象を持たざるを得ず、違和感がありました。

キャストや舞台など、素材はいいと思うのになぁ。
TANTOさん [DVD(字幕)] 4点(2010-01-20 12:26:50)
164.これは自分にとってのストライク映画。久しぶりの傑作でした。最初から最後まで中だるみ一切無し。ラストが悲しすぎるのですが、こういった暗い余韻もたまには有りでしょう。
kazu_jonさん [DVD(吹替)] 10点(2009-06-13 13:48:52)
163.ふつうに面白かったです。ケイト・ベッキンセールが好きなので+1点。名のある主人公なので、その描写にもっと凄みがあると良かったんだけど…。
アンドレ・タカシさん [DVD(字幕)] 6点(2008-09-29 02:32:27)
162.《ネタバレ》 吸血鬼が主人公だとは知らずに鑑賞。あんがい楽しめたが記憶に残りにくい感じ。念入りに見なおしたい作品ではある。
成田とうこさん [映画館(字幕)] 6点(2008-05-22 17:57:46)
161.この手のアクション映画にしては珍しくドキドキ感が全くなかったし、主人公は頑張っていたが、ただそれだけの存在にしか見えず何も魅力を感じなかった。展開も、何か同じことの繰り返しのように感じて面白みを感じなかった。あんまり面白くない映画でも終盤だけはちょっと良かったと思う映画はよくあるけれど、この映画は終盤でさえ面白く感じなかったし、途中からの眠気が覚めることすらなかった。微妙なCGが前に出すぎてその他の部分が完全に疎かになってしまっていたように思えた。いろんなモンスターが出てきたり、主人公の過去とか、面白くなりそうな要素があっただけに残念な出来になってしまっていたと思った。
スワローマンさん [DVD(字幕)] 2点(2008-04-12 15:17:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 180人
平均点数 5.46点
000.00%
110.56%
2137.22%
3137.22%
43016.67%
53016.67%
63720.56%
73217.78%
8179.44%
963.33%
1010.56%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.23点 Review17人
2 ストーリー評価 5.00点 Review33人
3 鑑賞後の後味 5.64点 Review34人
4 音楽評価 6.40点 Review30人
5 感泣評価 2.90点 Review21人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS