メル・ブルックス 新サイコのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > メ行
 > メル・ブルックス 新サイコ
 > (レビュー・クチコミ)

メル・ブルックス 新サイコ

[メルブルックスシンサイコ]
High Anxiety
1978年【米】 上映時間:98分
平均点:7.00 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(1978-10-21)
サスペンスコメディパロディ
新規登録(2004-02-17)【Ronny】さん
タイトル情報更新(2020-12-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督メル・ブルックス
助監督マーク・ジョンソン(第二助監督)
キャストメル・ブルックス(男優)
マデリーン・カーン(女優)
クロリス・リーチマン(女優)
バリー・レヴィンソン〔1942年生〕(男優)
アルバート・ホイットロック(男優)
ロン・クラーク〔脚本〕(男優)
ルディ・デ・ルカ(男優)
富田耕生(日本語吹き替え版【TBS】)
向井真理子(日本語吹き替え版【TBS】)
高橋和枝(日本語吹き替え版【TBS】)
小林修(日本語吹き替え版【TBS】)
青野武(日本語吹き替え版【TBS】)
大木民夫(日本語吹き替え版【TBS】)
脚本メル・ブルックス
ロン・クラーク〔脚本〕
バリー・レヴィンソン〔1942年生〕
ルディ・デ・ルカ
編曲ジョン・モリス[音楽]
挿入曲メル・ブルックス"High Anxiety"(高所恐怖症)
撮影ポール・ローマン
製作メル・ブルックス
スチュアート・コーンフェルド(製作補助)
配給20世紀フォックス
特撮アルバート・ホイットロック(視覚効果)
衣装パトリシア・ノリス[衣装]
編集ジョン・C・ハワード
字幕翻訳岡枝慎二
その他ジョン・モリス[音楽](指揮)
ロン・クラーク〔脚本〕(プロダクション・コンサルタント)
アルフレッド・ヒッチコック(献辞)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.ヒッチコックの超名作や他の作品をを思いくそパロってしかもオープニングで「ヒッチコックに偉大なる敬意を表します」というクレジット入り。こんな事をできるのは世界広しでもメル・ブルックスぐらいじゃないかなぁ~。今回は汚い下ネタも特になく何をしでかしてくれるんだろうかという期待感で常にニヤニヤしてしまった。ベタな笑いでも面白くできるのはさすが喜劇俳優、シャワーシーンは面白すぎて2度見しちゃいました(笑)そしてそこに絡んでくるベルボーイがあのバリー・レヴィンソンだということにビックリだしブリズベーンがアルバート・ホイットロックとかよくキャスティングしたよなー。色んな意味で衝撃を受けたんでもうお腹一杯~。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-21 11:45:53)
4.肩の力を抜いて楽しむにはもってこいの作品。「新・サイコ」というよりこれは「新・めまい」ですね。多分日本では「めまい」より「サイコ」の方が有名だからこういうタイトルになったのかな?メジャーどころのヒッチコックの有名シーンはかなり網羅されているとは思うけれど、欲を言えば「列車」を使ったシーンを無理矢理でも加えて欲しかったかなあ。パロディ映画にそこまで望むのは酷かな?一番笑えたのはブロンドのヒロイン、マデリーン・カーンが電話の荒い息遣いをテレフォン・○ックスと勘違いし、取り澄ましながらも徐々に気を入れてくるシーン。ああいうコメディ演技はグレース・ケリーやバーグマンは絶対やってくれないでしょうからねえ・・・。
放浪紳士チャーリーさん [DVD(字幕)] 6点(2008-08-11 10:51:21)
3.エピソード、キャラクター、音楽、小道具に至るまでヒッチコックの名作の数々から引用されているパロディ作品。邦題に「サイコ」の名が入っていることから、有名なバスタブでの刺殺シーンはどう扱われるんだろうと興味津々でしたが、これが見事に再現されていました。バカバカしくも、オリジナルにとても忠実。感心しました。パロディですから、元ネタとなるヒッチコックの作品を観ている方が楽しめるのは間違いありません。しかし、元ネタ未見でも十分コメディとして楽しめるだけのレベルにある作品です。多少下ネタも入りますが、下品すぎない点も好印象。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-07-14 00:30:53)
2.ヒッチコックファンは必見。メル・ブルックスのコメディセンスでヒッチコック作品のエッセンスを見事に料理している。欲を言えば、例によってヒッチコックらしき体型のおじさんが通行人役等で登場していたらもっとウケたはず。
STYX21さん 7点(2004-07-10 16:06:54)
1.いや~面白かった!メル最高!「サイコ」の他にも「マーニー」や「北北西に進路をとれ」「めまい」「鳥」などがパロられていて、ヒッチコック好きにはたまんねぇ内容でした。あのシャワーシーンには大爆笑!!でした☆いいですねぇ、どことなくベタなメル・ワールド。…にしてもあの婦長さん、アンソニー・パーキンスに似てたような…雰囲気とか、目のあたりが。意識したんでしょうかね?
Ronnyさん 8点(2004-02-18 00:54:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6120.00%
7360.00%
8120.00%
900.00%
1000.00%

【ゴールデングローブ賞 情報】

1977年 34回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)メル・ブルックス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS