シー・デビル(1989)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シー・デビル(1989)
 > (レビュー・クチコミ)

シー・デビル(1989)

[シーデビル]
She-Devil
1989年【米】 上映時間:99分
平均点:4.56 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(1990-06-15)
ドラマコメディ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-03-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スーザン・シーデルマン
助監督アンドリュー・モンドシェイン(第二班監督)
演出木村絵理子(日本語吹き替え版【テレビ】)
キャストメリル・ストリープ(女優)
ロザンヌ・バー(女優)
エド・ベグリー・Jr(男優)
リンダ・ハント(女優)
シルヴィア・マイルズ(女優)
マリア・ピティロ(女優)
吉田理保子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
藤田淑子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
富山敬(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
島田敏(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
松井菜桜子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
喜多川拓郎(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
磯辺万沙子(日本語吹き替え版【テレビ】)
島本須美(日本語吹き替え版【テレビ】)
宮本充(日本語吹き替え版【テレビ】)
音楽ハワード・ショア
編曲ソニー・コンパネック
撮影オリヴァー・ステイプルトン
トム・プリーストリー・Jr(カメラ・オペレーター)
製作スーザン・シーデルマン
G・マック・ブラウン(共同製作)
配給ワーナー・ブラザース
美術サント・ロカスト(プロダクション・デザイン)
ジョージ・デ・ティッタ・Jr
衣装アルバート・ウォルスキー
ヘアメイクJ・ロイ・ヘランド
編集クレイグ・マッケイ
字幕翻訳川本よう子
その他G・マック・ブラウン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ハワード・ショア(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.これ以前までは、ずっとシリアス演技一本槍でアメリカ映画界屈指の演技派女優の名を不動のものにしつつあったメリルの、路線行き詰まり迷走時期の一本。「たまには少し軽めのコメディにも手を染めてみようかしらん♪」的自信が、どこかに垣間見られ少々鼻につく。結果は・・・まあ可もなく不可もなしといったところ。同じく路線変更を狙った「永遠に美しく・・・」のが、派手で楽しかった。でも、この時期の他ジャンルへの迷走っぷりが後々の「プラダを着た悪魔」あたりの好演に結実してくのだから、やはりメリル・ストリープという女優、恐るべし、である。
放浪紳士チャーリーさん [ビデオ(字幕)] 5点(2011-02-19 11:27:17)
17.《ネタバレ》 あのメリル・ストリープがなぁ、、、しょーもなコメディ映画に出ちゃって。リベンジの程度がひど過ぎやしないか。家の爆破だって調べたら故意の爆破だって事が分かると思うんだが。。何もかもが上手く行き過ぎて逆につまらないと感じてしまう。女性監督なので女性心理が上手く表現されてるけどメリルを使うほどの価値があるとは思えない。。。ロザンヌ・バーの微妙な不細工っぷりが見ものです。
M・R・サイケデリコンさん [ビデオ(字幕)] 3点(2007-09-06 15:06:48)
16.私も裏のジェームズ・ウッズが重いのでお馬鹿なこっち見てしまった。この話、不倫の復讐にしては酷すぎ。むしろメリルに対して肩を持って見てたよ。女性って旦那の不倫相手の女性には容赦ないんだね。
たつのりさん 5点(2004-07-07 04:01:14)
15.《ネタバレ》 登場人物の誰一人、好きになれない映画。制作者の性格悪すぎ。人物への露骨な風刺といい、災難の起こるタイミングといい、実にエゲツないものがある。その態度だけが一貫していて筋は一貫しておらず、起承転結すらない。多分ラストになって、さしもの制作者も申し訳なくなったものとみえ、「人は変われる」云々と言っている。けども、あれだけヤリ倒されてそんなこと言われても。しかも陰湿さの権化である悪妻にそんなこと言われても。でもなぜか最後まで観させられた。裏でやってた「サルバドル」観た方がためになったろうになぁ・・・。
フランシス=ライオネルさん 3点(2004-07-03 05:10:49)
14.深夜、暇つぶしに見るには丁度良い作品。なかなか。
あしたかこさん 6点(2004-07-03 05:05:30)
13.数年前にテレビでやっててその時はメリルストリープさえ知らずに見て、結構面白いと思った。この前またテレビで数年ぶりに見たら面白くなかった。だからその間をとって5点です。
ショウガ焼きさん 5点(2004-05-29 03:55:34)
12.こんなC級映画でも真面目に演技してしまえるメリルはある意味すごい。
Oliasさん 3点(2004-04-24 02:43:14)
11.メリル・ストリープは出演する作品を慎重に選ぶべきだ。この人は大女優だが面白い作品があまりない。本作もそんな典型。
hrkzhrさん 3点(2004-01-13 23:35:26)
10.小学生の時になぜか居間で一家団欒で観た。鑑賞中も鑑賞後も、誰も何も一言も言葉を発さなかった。あまりにもつまらなく、早く終われーい、早く終われーい、とただひたすら念じ続けた映画(家族みんなそう思っていただろうに、なぜか誰も観るのをやめようとしなかった。そして誰も感想を口にしなかった)。面白くなかった、それ以上の感想が出ません(笑)。あくまで小学生当時の感想ですが。今観たらまた観想は違って来るのかも知れません。
ひのとさん 2点(2003-12-24 13:57:45)(笑:1票)
9.このメリル・ストリープの怪演はちょっとしたもんだと思うけどなー。って「永遠に美しく」があったか・・・。
じゅんのすけさん 6点(2003-08-29 19:59:04)
8.コメディというより、案外まともな映画だったな、というのが素直な感想。浮気亭主とメリル・ストリープはいわゆる「バブリー」な生活を送っているわけだけれど、その間にコツコツと行動を起こしていく「悪妻」はすごいと思う。結局は人材派遣会社も作っちゃうし、地道に努力している姿は復讐を既に超えてしまっている。だんだん「悪妻」がきれいになっていくところも見もの。そして、ラストの結び方も気持ちよい。
あでりーさん 6点(2003-05-14 10:43:58)
7.物語そのものは、あたかも土田よしこのギャグ漫画のようなエゲツナイ面白さがある。これは女性監督ならではのエゲツナサであり、男性監督にはなかなか出せない味である。それはいいのだが、ロザンヌ・バーの醜女ぶりはシャレにならない域に達しているのであまり笑えない。ロザンヌと比べたら、あのキャシー・ベイツでさえ美人に見えることであろう。いくら主人公がブスという設定でも、あそこまでひどいとコメディじゃなくて怪奇映画になってしまうのではないか? と言いつつもリンダ・ハントの演技が良かったので6点。「ザ・プラクティス」のヒラー判事に老人ホームでお目にかかれるとは思わなかった。
ガサ入れマスターピースさん 6点(2003-05-13 16:24:19)
6.コレはコメディ・・・なのでしょうか?笑える要素は何もないかと。最後まで見ることができませんでした。
ディエゴさん 3点(2003-02-28 21:06:08)
5.性格も余り良さげではなく、ろくすっぽ家事もできない。その上見た目も良くないとなれば主人公に同情するのはまず無理。それに浮気相手のメリル・ストリープは本気だったみたいだし(一応連れ子の面倒も見てる)、浮気をした亭主に同情するのは私が男のせい?(それ以前にこの亭主は根っからの浮気性みたいだけど) 復讐にはこれだけの才気を発するんだから、最初から家庭生活にも才気を発してりゃ良かったんだよ、こりゃ主婦の怠慢以外の何物でもない。でもメリルのコメディエンヌぶりもあってまあまあの出来、ということで5点献上。
sayzinさん 5点(2002-04-13 14:23:30)
4.当然ながら、メリル・ストリープとブサイクの嫁さんとの対比がいい。こういう皮肉めいた、コケにしたみたいなコメディ好きです。もっと徹底的にやってもよかったですね。こういった映画を選び、こういった役柄を演じるメリルはある意味感心させられる。
あろえりーなさん 6点(2002-03-04 08:13:28)
3.病院で働いてる時に知り合ったちっちゃいオバちゃんが気になる。プレタポルテにも出てた?
ケン太さん 6点(2001-07-31 18:46:02)
2.この作品のメリルはめっちゃ細い!ノーメイクのメリルはCUTE!
祈願さん 8点(2001-02-06 18:35:42)
1.主役が大根なのか?悪妻振りが発揮されているように思えない。メリルの演技もただの”老女”と言った感じだ。悪妻から夫を奪う話なのであるが、浮気相手を演じるメリルに魅力を感じ無かったのは気の所為か?
イマジンさん 1点(2001-01-26 10:27:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 4.56点
000.00%
115.56%
215.56%
3527.78%
400.00%
5422.22%
6633.33%
700.00%
815.56%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.00点 Review1人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 1.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

1989年 47回
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)メリル・ストリープ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS