Menu
 >
 >
 > 世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

2004年【日】 上映時間:138分
平均点: / 10(Review 228人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー青春ものロマンス小説の映画化
[セカイノチュウシンデアイヲサケブ]
新規登録(2004-03-06)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2015-08-31)【イニシャルK】さん
公開開始日(2004-05-08
公開終了日(2004-12-23)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督行定勲
キャスト大沢たかお(男優)松本朔太郎
柴咲コウ(女優)律子
長澤まさみ(女優)広瀬亜紀(アキ)
森山未來(男優)高校生の朔太郎(サク)
山崎努(男優)重蔵(重じい)
宮藤官九郎(男優)大木龍之介
津田寛治(男優)ジョニー
高橋一生(男優)高校時代の龍之介
杉本哲太(男優)亜紀の父
宮崎将(男優)高校時代の同級生
松田一沙(女優)中川悠子
マギー(1972年生まれ)(男優)カメラ屋の店員
大森南朋(男優)空港の係員
近藤芳正(男優)蜷川先生
尾野真千子(女優)松本千恵子(過去)
浅野麻衣子(女優)看護婦
森田芳光(男優)映画監督
天海祐希(女優)朔太郎の上司
木内みどり(女優)朔太郎の母
菅野莉央(女優)少女・律子
田中美里(女優)少女・律子の母
ダンディ坂野(男優)英語教師
谷津勲(男優)商店のおじさん
西原亜希(女優)学級委員長
内野謙太(男優)
市川しんぺー(男優)写真館の男
渡辺美里(女優)DJ
出演堀北真希國村晴子校長(20才)(写真)
草村礼子國村晴子校長(写真)
原作片山恭一「世界の中心で、愛をさけぶ」
脚本行定勲
伊藤ちひろ
坂元裕二
音楽めいなCo.
北原京子(音楽プロデューサー)
作詞平井堅「瞳をとじて」
佐野元春「SOMEDAY」
作曲平井堅「瞳をとじて」
小室哲哉「君に会えて」
佐野元春「SOMEDAY」
編曲佐野元春「SOMEDAY」
主題歌平井堅「瞳をとじて」
挿入曲渡辺美里「君に会えて」
佐野元春「SOMEDAY」
撮影篠田昇
製作細野義朗(製作総括)
近藤邦勝(製作総括)
亀井修(製作総括)
島谷能成(製作総括)
東宝(「世界の中心で、愛をさけぶ」製作委員会)
TBS(「世界の中心で、愛をさけぶ」製作委員会)
小学館(「世界の中心で、愛をさけぶ」製作委員会)
S・D・P(スターダストピクチャーズ)(「世界の中心で、愛をさけぶ」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「世界の中心で、愛をさけぶ」製作委員会)
毎日放送(「世界の中心で、愛をさけぶ」製作委員会)
プロデューサー市川南〔製作〕
配給東宝
美術山口修
衣装宮本まさ江
編集今井剛
録音伊藤裕規
照明中村裕樹
その他東京現像所(現像)
あらすじ
日本列島に台風が近づきつつある日。東京で働く朔太郎は結婚を間近に控えている。同郷の婚約者律子は自分の荷物の中から見つけた古いカセットテープを聴くと突然、故郷である四国の海沿いの町へ帰ってしまう。彼女を追って帰郷した朔太郎にはしかし、高校時代に交際していた同級生亜紀との思い出が生き生きと蘇えるのだった。失われた過去の記憶が再生されるべき未来へと生まれ変わっていく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
228.いつか観ようと思っていて、ずっと観まずじまいの映画って誰にでもあると思います。
自分にとってはこの映画はそういう作品、十年以上かかりようやく観賞。
原作やドラマ版と違うと聞いていましたが、ドラマが至高と思う自分にとっても映画版もうまいこと作ってたんだねというのが感想。
障害が残ってる律子の設定はちょっとあざといなあと思ったが、長澤まさみの亜紀役もハマっていて素直に感動しました。
たんたかたんさん [インターネット(邦画)] 9点(2017-03-22 20:14:24)
227.《ネタバレ》  ロボコンと本作を観て、長澤まさみの魅力の半端なさを思い知らされた。美しい。そしてサクのやり取りするカセットテープ交換日記みたいなやつ。長澤まさみのカセットテープの中の声だけ演技に魅了された。

 本当に今まですいません。長澤まさみどうでもよかったです。今はファンになりました。
JFさん [DVD(邦画)] 7点(2016-03-22 14:24:59)
226.一応最後まで可もなく不可もなく見ることができました。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-08-24 15:44:40)
225.これは流行に乗って原作読んでたんで、脚色とはこうやるものか、と随所で思った。エピソードをうまくあっちとこっちをつなげたり、生き生きさせている。人物の来歴に手を加えたり(アキが弔辞読む先生とか)、いろいろの加工の跡を見るのが楽しかった。原作のネタをあちこち動かして、シナリオライターが自分の世界にしていく。編曲の楽しみと言うより、コラージュ現代美術みたいな感じ。たぶん原作より締まった。そして反復される台風の空港、長回し。ヘンデルにヒントを得たと思われる音楽が流れている。
なんのかんのさん [DVD(邦画)] 6点(2014-03-12 10:13:59)
224.《ネタバレ》 この作品を観て、
人間が生きていくうえで心に整理をつけていくことは大事なんだと思った。
当時はこの映画一色だったような気がする。それくらい当時は流行った。
とにかく有名な作品なので今更見てみることにした。
数年前に飲み会で先輩がこの作品を熱く語っていたことがこの頃ふと思い出されたことがキッカケだ。
これは多くの人に支持されるべき純愛映画だったと思う。
なかなか感動的だし切なさもある。
当時の記憶と幻想に浸りながら、テープレコーダー越しの彼女の声を聴きながら誰もいない校舎を徘徊する哀愁が何ともいえない。
それからとにかく長澤まさみが若い!
彼女は不思議な美女で、この頃はそうでもないが、美人なのに笑うとおばさん顔だ。
よって自分は長澤まさみがあまり好きではない。
島国?の淡い恋愛物語は儚くどこか懐かしい思いがして、正直なところ観ていてなんか羨ましさ半分、そして切なさ半分といった感じだった。
この島国の恋愛物語は青春映画としてかなりよかったと思う。
当時はこの作品に対してあまり印象が良くなかったのでスルーしていた。
恋人たちがまるで「自分たちが世界の中心である」とでもいうかのようなタイトルが嫌だったが実際はそうじゃなかった。
肉体としてここにあるよりも、心で結ばれることの純愛映画。
こういう映画は、もし自分が学生時代に恋人と映画館で見れば点数も跳ね上がるのですが、
自分はそういうんじゃないからダメだった。
ただ万人向けで万人受けする映画としては傑作なのかもしれない。
ゴシックヘッドさん [DVD(邦画)] 6点(2013-07-20 21:22:55)
223.《ネタバレ》 長澤まさみの絶頂期ともいえる魅力だけでなんとか成立している感じで、ストーリーはいたって凡庸。
白血病で好きな人と死に別れるというのも使い古された筋だ。
まるで童貞のロマンティックな妄想青春物語みたいで、その青臭さに気恥ずかしくなる。

二人で賭けたウォークマンゲット競争のために深夜ラジオに投稿したウソ話が、白血病で死ぬ現実と偶然カブるなんて…。
二人と律子との関係も偶然性が気になる。
ストーリーを盛り上げるのに偶然は必要だとは思うが、度が過ぎるとウソ臭さが先に立ってしまう。
昭和のテイストでノスタルジーは刺激されるがそれ以上のものはなく、柴崎コウもあまり活かされていなかった。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 4点(2013-06-23 23:11:48)
222.《ネタバレ》 2人の健気さは単純にしっとりと泣ける。最後の車がパンクしてしまうって設定は、エアーズロックまで到着してしまうと岩の頂上に登って灰をまかないと絵にならないし、そのような撮影許可がおりなかったのかな。それも含めて、最後でのテープが、全てを都合の良い(誰もがハッピーになれる)方向へ向かわせてくれたりと、何かと制作側のわざとらしさが見え隠れする。というか全体的にあざとい。
afoijwさん [DVD(邦画)] 3点(2013-06-21 23:24:34)
221.キャストも違和感なく、現在と過去をうまく結んだ展開もまずまず。
nojiさん [DVD(邦画)] 6点(2013-06-09 23:30:25)
220.《ネタバレ》 なんだ 最後 さけばないのかよ 一緒になってさけんであげる気バンバンだったのに なんだか締まりが悪いなぁ  
ところであの遺灰ってどこから出て来たんだよ いつから持ってたんだよ なんで持ってたんだよ 
まさかとは思うが、もしかして墓参りの時に盗んで来たとかか? ちゃんと見ていたけども分からなかった なんだか締まりが悪いなぁ
3737さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2013-04-29 22:01:37)
219.《ネタバレ》 ドラマ版のほうが初見ってのもあって思い入れは上でしたが、映画版も原作に近くていいですね。
どちらにせよ青春の青臭さ全開で、こーゆーのを好きだなんてそれまでは他言できなかったように思います。しかし当時のブームでそーゆー気恥ずかしさを振り切って楽しんだ方々も多数いらしたかと。男性、女性それぞれ見解は異なるでしょうけど、オトコってのはこーゆー幼稚なところがあるんですよ。どうぞお見知りおきを(笑)
それにしても長澤まさみと森山未來、この時はモテキでの邂逅を知る由もなし!ですね(笑)
ろにまささん [DVD(邦画)] 5点(2013-01-06 21:47:58)
218.もうひとつ話にはいれこめなかった。
ホットチョコレートさん [地上波(邦画)] 5点(2013-01-06 20:57:05)
217.《ネタバレ》 えぇ、当然知ってますとも 当時はスッゲー話題作になってましたね  当時は全く興味がなかったのですが、ご縁があり完全前知識ゼロで鑑賞 いろいろあるので箇条書き①長澤まさみ超絶カワイイ 撮影時17歳ぐらいか?声もいい この若き姿を記録しているというだけでこの映画には価値がある ②サクの高校生役の子似てましたねーよく探してきたものです、ちょっと身長差が気になりましたが ③他の方も書いてましたが…好きな映画は?(キター)小さな恋のメロディ(ほほぅそうきたか)ローマの休日(うん!あれはいい!!)ベンハー(…んなアホな)マニアックだけど(苦笑)なんでこんな薄っぺらいこと言わすかね ④廃墟ホテル?にあった「他人」が撮影したカメラのフィルムを勝手に持ち出し現像までする神経を疑う(高校生なのに結構ゴージャスな船もってる&運転してるお友達…スゴイね) ⑤そして後片付けとか言ってオーストラリアに行った割にフラフラ歩いてた? 足の悪い彼女もいるっつぅのに 無計画にも程がある ⑥結局車がパンク?してエアーズロックに行ってない(なんじゃそりゃ)そこまで行ったんだからもう少し頑張れって    作家の方々のような文才は全く無いのでとやかくは言えないケド、全般的にチョットわざとらしい  柴咲コウがあの女の子とか、まー普通はあり得ないね  山崎努が出てるから「絵」がグッと引き締まり(さすが名優!)&効果的な音楽(平井堅の歌はすごくいい)が相まっていい映画な印象あるが、終わってみれば スゴイ興行収入をあげたとはチト思えない …宣伝活動のうまさと当時の日本人的な「何か」に触れたのかな? 総じて 長澤まさみがかわいかった(それかw)  一つの時代を築いた日本映画としてこの点数でゴザイマス
Kanameさん [DVD(邦画)] 5点(2012-08-29 18:09:14)(良:1票)
216.TVドラマが良かったので、映画をDVDで鑑賞。TVと映画の違いに戸惑いながらも、高校時代の亜紀と朔太郎はなかなか良かったと思う。長澤まさみはとてもかわいかったし、森山未來には青春映画らしい新鮮さがあった。それに比べると現在のサクはえらくめそめそしているし、柴咲コウの律子って誰なんだ?という感じであまり好きではない。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 6点(2012-05-25 11:17:23)
215.これはもっと評価されてもいいはずの映画。「映画通」には低評価のようだが、脚本に関しても律子の存在が多少ご都合主義的で、何かしら理屈をつけてほしかった(婚約までしてればさすがに実家とか考えると「サク」に気付いてもいいんじゃないか、という違和感について)が、全体として考えると丁寧な伏線と巧みな演出は光っている。どうしても観るエリアを限定させてしまうような演出になってしまうが、テープレコーダーを使うという発想は特別素晴らしい。お互いの人柄がよく出ているし、最後まで効いてくる。手品や海などもしっかり伏線になっており、上手い。婚姻届や例の「助けてください」はやりすぎな気がするが、そこを差し引いても素直に面白い恋愛映画だと思う。
Balrogさん [DVD(邦画)] 6点(2011-09-24 23:56:33)
214.シリアスタッチの暗い純愛映画。
主人公の現在の人物描写がしっかりと描かれていないので、感情移入しづらかったな。
それにも増して、柴咲コウの役柄があまりにも無茶でご都合主義。陳腐すぎ。
演出に関しても、リアリティーを欠くシーンが何度か見受けられた。
音楽はこの映画の暗い雰囲気には合っていたと思う。
最近の映画全般に言えることだが、脚本をもっとしっかりと練り込んでほしいよね。
絵コンテもちゃんと書いているんだろうかと、つい勘ぐりたくなる。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 3点(2011-08-03 06:08:37)
213.《ネタバレ》 入院中の患者を連れ出したり、他人の人骨をまいたり。婚約者がいるのにいつまでもテープ持ち続けて一緒に旅行するなんてわけわかりません。すべてロマンチックで片付けようたってそれは無理があると思います。
osamuraiさん [DVD(邦画)] 3点(2011-02-17 21:27:41)
212.《ネタバレ》 『セカチュー』って騒がれてた時から、少し経ってから鑑賞しました。
小説も未読ですが、普通に楽しめました。

劇中の朔太郎とほぼ同年代の私には、ウォークマン、ラジオから流れる佐野元春の『SAMEDAY』、同級生のバーの店名が『ENTER THE DORAGON』(燃えよドラゴンの原題)だったり、そうそうこの頃は原チャリはノーヘルでよかったんだよなぁ~と。
そして、その原チャリで二人乗りのシーン・・・
朔太郎『あんま ひっつくなよ おい』
亜紀『胸あたる?』なんて言った時の亜紀(長澤まさみ)の笑顔のチャーミングなこと、この上なし・・・
この映画での彼女は魅力的でした。

んでもって『どうして忘れちまうんだろうな、大切なものあんなにあったのに・・・』なんて思いにふける朔太郎と共に、私の涙腺が・・・あぁ。

個人的には結構ツボな映画でしたよ。
ぐうたらパパさん [DVD(邦画)] 8点(2011-01-10 12:08:40)
211.小説から読んだ私としてはドラマよりも映画のほうが原作に雰囲気が忠実であるように感じて好感が持てました。(綾瀬はるかのほうが良かったけれど…長澤まさみはちょっとふっくらしてるから病人に見えない…)森山未来が好演していたと思います。
なこちんさん [DVD(邦画)] 6点(2010-12-18 02:24:15)
210.薄っぺらい。
eurekaさん [ビデオ(邦画)] 4点(2010-11-04 17:38:54)
209.《ネタバレ》  実は難病物はけっこう食傷気味で、どうして日本映画は?って普段文句を言う方なんですが、この映画にはやられました。
 あまり回想部分には惹かれるものはなかったんですが、現在の方。
思い出の場所で、亜紀の声が、テープから聞こえてくる、もうたまりません。
 自分だったらあんな思い出に出会ったらその場で、悲しさのあまり崩壊してしまうかもしれません。
 巧みなストーリーに惹かれました。あと、長澤さん、自分的にはあまり評価が高い女優さんじゃないんだけど、この映画は素敵です。テープの声も含めて
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2009-09-21 19:41:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 228人
平均点数 5.29点
073.07%
152.19%
2114.82%
3208.77%
42611.40%
54821.05%
65122.37%
72510.96%
8219.21%
9135.70%
1010.44%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.26点 Review23人
2 ストーリー評価 5.25点 Review36人
3 鑑賞後の後味 5.35点 Review37人
4 音楽評価 6.88点 Review36人
5 感泣評価 5.66点 Review39人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS