グッドナイト・ムーンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > グッドナイト・ムーン
 > (レビュー・クチコミ)

グッドナイト・ムーン

[グッドナイトムーン]
Stepmom
1998年【米】 上映時間:125分
平均点:6.55 / 10(Review 84人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-04-10)
ドラマファミリーロマンスクリスマスもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-09-05)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリス・コロンバス
キャストジュリア・ロバーツ(女優)イザベル・ケリー
スーザン・サランドン(女優)ルークの元妻 ジャッキー・ハリソン
エド・ハリス(男優)弁護士 ルーク・ハリソン
ジェナ・マローン(女優)アンナ・ハリソン
リーアム・エイケン(男優)ベン・ハリソン
リン・ウィットフィールド(女優)医師 スウェイカート
デヴィッド・ザヤス(男優)警官
土井美加イザベル・ケリー(日本語吹き替え版)
寺田路恵ルークの元妻 ジャッキー・ハリソン(日本語吹き替え版)
佐古正人弁護士 ルーク・ハリソン(日本語吹き替え版)
岡村明美アンナ・ハリソン(日本語吹き替え版)
矢島晶子ベン・ハリソン(日本語吹き替え版)
喜田あゆ美(日本語吹き替え版)
永野広一(日本語吹き替え版)
脚本ロナルド・バス
ジェシー・ネルソン
カレン・リー・ホプキンス
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
挿入曲クイーン"Under Pressure"
デヴィッド・ボウイ"Under Pressure"
撮影ドナルド・マカルパイン
アナスタス・N・ミコス(カメラ・オペレーター)
製作クリス・コロンバス
マーク・ラドクリフ[製作]
マイケル・バーナサン
ウェンディ・フィネルマン
コロムビア・ピクチャーズ
製作総指揮スーザン・サランドン
ジュリア・ロバーツ
ロナルド・バス
パトリック・マコーミック
配給コロンビア・トライスター・ピクチャーズ
特撮リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
美術レイ・クルーガ
ジョージ・デ・ティッタ・Jr(セット装飾)
ニーナ・サクソン(タイトル・デザイン)
編集ニール・トラヴィス
ニコラス・デ・トス(第1編集助手)
字幕翻訳古田由紀子
あらすじ
思春期の娘といたずら盛りの息子を抱える離婚経験者ルーク(エド・ハリス)は別れた妻ジャッキー(スーザン・サランドン)と友達関係を保っているがキャリア・ウーマンのイザベル(ジュリア・ロバーツ)との再婚を考えている。イザベルが子供たちの母親役に納まれば新しい家庭が誕生するのはずなのに子供たちは生みの母親ジャッキーへの遠慮からイザベルを敬遠し、ジャッキーはルークには自由を認めながらも子供のこととなるとイザベルに譲らない。しかし時の経過とともにそれぞれが新しい状況に適応するよう成長していく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
84.《ネタバレ》 〇元旦那のベビーシッターが再婚相手だとか病気になるとか、設定が残念。〇この使い古されたようなテーマをあえてなぞる必要はあったのかもしれないが、この作品からは感じない。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-11-25 18:58:18)
83.《ネタバレ》 継母ジュリア・ロバーツと実母スーザン・サランドンのお話。
20年近く前の作品ですが、この頃から離婚問題ってのはあったのかな。
スーザン:サランドンの病気がなかったら、また違う結末なのかもしれないけれど、物語としてはラストシーンの写真が良かったかな。
どっしりひとつのテーマで最後まで丁寧に描いたからこそ印象深い結末になりました。
なかなか綺麗事では済まないこともあるかと思うが、映画としては面白かった。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-12-31 08:58:16)
82.こんな風な慈愛に満ちた家族があってもいいと思いますが、大人の対応がお伽話のようでなんとも居心地の悪い映画でした。彼らの会話も自分の言葉に酔っているようで殆ど響いてきません。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-03-26 00:27:14)
81.態度の悪い子供は(たとえ創作人物であっても)嫌いなので、導入部の時点ですでにまったく入り込めなかった。しかしその後も、どこかで見たような、あるいは適当に思いついたようなシーンの連続で、クオリティが高まっていかないまま終わってしまった。演出上の人格設定がなされていないので、サランドンもエド・ハリスも、3割くらいの力でしか演技をしていない。というか、どう演技していいか困っているような感じ。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2015-07-30 01:10:33)
80.女性同士の絶妙な会話がポイントの映画。
これまでの母親と、(その人に変わって)新しく母親になる女性とが交流する物語はあまり観たことないが、あくまで女性向けの作品だと思う。
それでも、個々の会話自体はなるほどと感じて面白いところもある。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-07-19 00:37:11)
79.挑戦的な題材には好感が持てるが諸々の問題の処理の仕方(夫の浮気の件など)がすっきりしなく、
結局テーマそのものに違和感が残った。やっぱり外国人の感覚は分からない。
リベラルな感性をもって、素直に鑑賞すれば感動できなくはない、のだろうか。
ポン酢太郎さん [DVD(字幕)] 3点(2014-12-02 13:08:49)
78.女性の業母の業を感じました。とりあえず感動させようというあざといくらいの製作意図がわかるので、そのまんまそれに乗っかるのもなと思うので辛めに5点。なら、もうちょっとさりげない巧い設定や演出があってもしかるべきだと思いました。主役3人の演技は申し分なかったです。でもジュリアはキャラ通りではあるもののあんまり得な役どころではなかった気もしました。子役のベンのかわいさはたまらないものがありました。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-09-09 15:26:25)
77.元々お涙頂戴系があまり好きじゃないせいもあって、後半はクドく感じた。とはいえ、感動的なシーンもそれなりにあるので、2時間付き合って損したって感じではない。ベン可愛い。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-10-24 18:20:33)
76.《ネタバレ》 スーザン・サランドンの迫真の演技力はすごい が、ジュリア・ロバーツ エド・ハリス と好きな人がでてるのに ちょっと無理がある設定な 日本じゃあんな状況あんまり無いと思うけどな  子どもたちのわがままさにもチョットイラットシタ  展開的にまぁある意味黄金パターンで という気はします  ホントどこからこの邦題がでてきたんでしょ?(どこもグッドナイトでムーンじゃないし(苦笑
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-11-19 08:20:32)
75.一応家族愛を描いた、いわゆる感動もの作品。
親たちの設定がちょっと変わっていて、日本ではまず滅多に見られない光景。
この不思議なシチュエーションに子供二人が絡んでくるのだが、
彼らの親たちはそれぞれ自己主張が強く、ホントに子供たちの事を大切に思ってるの?
と序盤から不愉快モード全快。彼らのセリフ一つ一つが薄っぺらで、説得力をまるで感じない。
ラストはもう丸わかりだし、終盤の何度も使い古された安直パターンは勘弁してください。
この内容じゃ、出演している役者さんたちもかわいそう。
シナリオ、演出ともに、センスの悪さばかりが目立つ作品だった。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 2点(2011-07-23 03:10:39)
74.《ネタバレ》 終始ジャッキー(スーザンサランドン)に感情移入して見てしまいました。決して旦那さんのことを愛していないわけではなかったのにうまくいかず、離婚することに。そして旦那さんと愛する子供たちは、新しいお母さんと次第に幸せな家族になっていく。それなのに自分は、がんの宣告を受け、治療も効果が出ず、余命いくばくもない。なのに、新しい家族が幸せになっていくのを、さも自分の幸せであるかのように応援し、共感し始める。その心の美しさと強さ。すばらしいです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2011-07-09 20:42:39)
73.暗いニュースが多い今日この頃、どちらも子供のことを第一に考えている実母継母の心理描写もよくできていて、見応えがあり感動しました。子供たちの演技もよかったです、印象的だったせりふが何箇所かありましたが、子供が[I can hate her, if you want]のようなところでした。子供はママの思い通りになりたい時期があるのよね。 あ、ところで邦題が理解できません!
HRM36さん [DVD(字幕)] 7点(2011-02-14 17:00:29)(良:1票)
72.《ネタバレ》 前半は2人の母、どちらにも共感できるようでできない、エド・ハリス演じる父が頼りなくてイライラ、一体この映画はどこに向かうのか不安でしたが、中盤以降スーザン・サランドン演じる実の母のある事情が明らかになって以降は徐々にこの家族の物語に引き込まれました。こんな家族もので一度は気持ちが離れてしまった家族の再生の過程が描かれることは少なくないですが、これは再生というよりはある家族が新しい家族のカタチを築き上げていく物語。スーザン・サランドンとジュリア・ロバーツの2人の演技が素晴らしく、この2人の女優それぞれのいい特徴がよく出ていた反面、お気に入りの俳優でもあるエド・ハリスの存在感が薄かったのが残念。ラストの家族だけのクリスマスは最後の家族写真と共に一生この家族の誰もの心に残ることでしょう。いいラストシーンだった。そしてスーザン・サランドン演じる実の母の運命を最後まで見せないことがこの映画にとってはとても良かったと思います。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2009-10-20 21:48:04)(良:2票)
71.最初はただやかましい会話ばかりの印象だったけど、女性二人の心理状況が非常に上手く描かれていると思った。特に後半の二人のレストランでのシーンは素晴らしい。
nojiさん [地上波(吹替)] 6点(2009-03-28 09:16:34)(良:1票)
70.ラストの記念写真を撮る場面で癌のため余命わずかの実母スーザン・サランドンが(頼みます、子供をよろしくと言わんばかりに)無言でジュリア・ロバーツの肩に手を、その手をしっかり握り返す継母。真の家族になっていくんでしょうね。胸が熱くなりました。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2009-01-22 22:59:33)(良:1票)
69.これ、友人のイチオシでした。だけど、ありがちな話を感動的に描いたって感じで、印象深くはなかった。
Michael.Kさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-01-20 18:07:55)
68.いい俳優人の割りに印象に残らない。
ご自由さんさん [地上波(字幕)] 6点(2006-09-06 14:48:46)
67.よくありそうな話をよくありそうな見せ方で見せたため、特にインパクトもなく普通に観れてしまった。ゆえにとりわけ強い印象も感動もなく過ぎたのはもったいない。もう少し主演女優2人の認め合いに感情移入できるような大きなエピソードが欲しかった。ありがちなエピソードでのそこそこの認め合いでは盛り上がれない。可もなく不可もなし。
ムッシュ★いち~ろ!!さん [ビデオ(字幕)] 5点(2006-07-29 16:31:15)
66.《ネタバレ》 ジェナ・マローンが若い!というか幼いと言うべきでしょうね、最近ではあまり見かけませんがやっぱり彼女は良い演技をしています。最初は登場人物が皆自分のことしか考えていない自己中心的なやつらで嫌気が差したけど、そんな人々が他人への思いやりと愛情に目覚めていくのがこのドラマの見所なんですね。自分も見習いたいです。しかし毎度ながらのクリス・コロンバス調とでも申しましょうか、良い話なんだけど何か決定的なものが物語に欠けているような、そんな懐の虚しさを感じてしまいました。問題が脚本なのか、はたまた演出にあるのかは分かりませんが…。ただ俳優の演技は申し分無かったです。特にレストランでのジュリア・ロバーツとスーザン・サランドンの対話は、まるで「私の方が上よ!」とでも張り合っているかのように双方泣きまくっていて見応えがありました。それから最後はスーザンが死んで感傷的な終わりを迎えるのかと思いきや、前向きな気持ちで爽やかに締め括ってくれたので良かったです。欲を言えばちょっと泣かせ所が多かったかな?もうちょっと削った方が感動も浮き立つと思うのですが。
かんたーたさん [地上波(字幕)] 6点(2006-02-28 16:57:58)
65.あんなに愛してる幼い子供達がいるのに外国に行ってまでは治療しないでもうすぐ死ぬ→涙のラストクリスマス、ってのがなんだか腑に落ちない…(といっても私も少し泣いちゃったんですが^^;)でもスーザン・サランドンの演技は迫真ものですね!表情の一つ一つが素晴らしい。あと子役も良い。男の子可愛いなぁぁ。単調気味ではあるんだけど、心に残る良いシーンが結構あったので最後まで見ちゃえます。
69さん [地上波(字幕)] 7点(2006-02-28 13:32:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 84人
平均点数 6.55点
000.00%
100.00%
211.19%
333.57%
489.52%
51315.48%
61214.29%
71922.62%
81821.43%
978.33%
1033.57%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.33点 Review3人
2 ストーリー評価 5.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review4人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 6.33点 Review3人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

1998年 56回
主演女優賞(ドラマ部門)スーザン・サランドン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS