草原の野獣のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > 草原の野獣
 > (レビュー・クチコミ)

草原の野獣

[ソウゲンノヤジュウ]
Gunman's Walk
1958年【米】
平均点:6.40 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
ウエスタン
新規登録(2004-03-12)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フィル・カールソン
キャストヴァン・ヘフリン(男優)
ジェームズ・ダーレン(男優)
音楽ジョージ・ダニング〔音楽〕
モリス・W・ストロフ
撮影チャールズ・ロートン・Jr〔撮影〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.カウボーイの親方には息子二人がいて長男は自分に似て
少しヤンチャではあるが自分の跡継ぎに相応しい次男は女女しい所がで気に入らない
何事も銃で解決する時代は終わり法が支配する時代になっていた
時代に取り残された男の悲劇的結末が待っているだけだった
草のつるぎさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-07-06 15:14:10)★《新規》★
4.《ネタバレ》 傲慢な地元有力者の父に、彼でも手を焼く困り者の長男、正義感は強いが無力な次男。やがて、長男がある事件を起こしてしまい、裁判となるが……と、なんだか松本清張あたりが書きそうなテーマですが、一応、西部劇。いかにも物語らしい物語で、オハナシとして変に完結してしまってる感じがしてしまい、映画としてこのテーマをどう処理してやろうとかいう姿勢があまり感じられなくって。結局は長男を射殺し、号泣する父、そして、先住民の血を引く女性と交際する次男を許す父。って、こんなわかりやすいラストでいいんでしょうか。とほほ。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-01-05 20:25:52)
3.《ネタバレ》 前半は馬の集団疾走という美味しい風景を存分に駆使し、後半は一転して各人の心理戦をじわじわと高めていく。このメリハリがなかなか良い。終盤は、親子間の確執の方に重点が傾いて、何かやってくれるかと思っていた弟の方の存在感がどんどん希薄になっていくのだが、まあ仕方ないか。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-12-13 03:33:47)
2.古い西部劇ですがなかなかいい感じでした。銃の力で築きあげた大牧場主の父親と自分の思い通りに育ってくれない息子たちのよくある確執物語ですが、西部開拓時代の荒っぽいバイタリティーといつの時代にも見られる親から子への成功体験押付けの頑迷さが伝わってくる映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-11-26 18:41:14)
1.《ネタバレ》 ナカナカ。最初はなんじゃこの父親は~とか思ってた。多分エドは殺意があったんだろうね。だんだん狂ってくるエドに気づかない父親。ラストはちと予想できたけど、今まで傲慢な態度をとっていた父親が見せた涙はもう感涙ものっすねぇ~。
M・R・サイケデリコンさん 8点(2004-03-12 11:00:26)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.40点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5120.00%
6240.00%
7120.00%
8120.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS