Menu
 >
 >
 > ブラザー・ベア

ブラザー・ベア

Brother Bear
2003年【米】 上映時間:85分
平均点: / 10(Review 23人) (点数分布表示)
アドベンチャーファンタジーアニメファミリー動物もの
[ブラザーベア]
新規登録(2004-03-12)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2009-04-02)【+】さん
公開開始日(2004-03-13
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
ホアキン・フェニックスキナイ
D・B・スウィーニーシトゥカ
マイケル・クラーク・ダンカンタグ
ハロルド・グールド老年期のデナヒ
リック・モラニスラット
デイヴ・トーマストゥーク
エステル・ハリスおばちゃん熊
デビ・デリーベリー補足音声
東山紀之キナイ(日本語吹替版)
山路和弘シトゥカ(日本語吹替版)
平田広明デナヒ(日本語吹替版)
玄田哲章トゥーク(日本語吹替版)
郷里大輔タグ(日本語吹替版)
森光子タナナ(日本語吹替版)
原作クリス・ウィリアムズ〔脚本・アニメ監督〕(脚本原案補足)
音楽フィル・コリンズ
マーク・マンシーナ
主題歌フィル・コリンズ"No Way Out (Theme from Brother Bear)"
挿入曲ティナ・ターナー"Great Spirits"
製作ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給ブエナビスタ
その他スティーヴン・J・アンダーソン〔監督〕(artistic supervisor: story)
バイロン・ハワード(アニメーション・スーパーバイザー:熊のキナイ)
あらすじ
キナイは、成人祝いにグレイト・スピリット(精霊)から「愛」を象徴する「熊のトーテム」をもらう。 兄達のような、勇敢さに憧れるキナイは、不服でたまらない。そんな時、祝いのための魚を盗んだクマを追いつめたキナイ達は反撃され、兄は命を落とす。 そして、兄の仇とばかり、クマを殺したキナイをグレイト・スピリットはクマの姿に変えてしまう。 戸惑うキナイの前に現れたのは、母親とはぐれた一匹の小熊、コーダだった。 やがて、コーダとともに旅するキナイの心に芽生えたものは…。熊のトーテムの意味するものとは…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.《ネタバレ》 ラストから見て、言い伝えか伝説をもとにして作られているような感じでした。そうでもなきゃ、あのラストはないでしょ。
チョコレクターさん [DVD(吹替)] 6点(2017-01-23 22:35:46)
22.全然面白くなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-26 00:17:06)
21.尻切れトンボ気味のラストに唖然。あれでは、それまでの盛り上げが台無し。せっかく緩みかけた涙腺も、一気に乾いてしまったことを、私はよく覚えている。
ドラりんさん [映画館(吹替)] 4点(2007-06-26 00:52:49)
20.《ネタバレ》 子供向けだとタカをくくっていたけど、とても感動した物語でした。
命の大切さを子供にも伝えられるいい映画です。シャケのシーンについては、クマはこれを食べないと生きていけないんだよ(という事にした。本当は雑食だけど)と食物連鎖の解説までさせられましたが(苦笑)。
ラストも「どーせこーなるやろ」という予想を大きく裏切ってくれたのがまた良かったです。何度も観たい作品がまた増えたのが嬉しい。フィル・コリンズの曲もとてもよかったのですが、吹き替え版では途中途中の歌まで吹き替えていたのはちょっとゲンナリ。音楽はそのままで歌詞が字幕で出たなら良かったのに。それから吹き替え版の声優が少年隊のヒガシと森光子というのも、上手いとは思ったけど生々しくてちょっとなという事でマイナス2点。残念。
ジェイムズさん [DVD(吹替)] 8点(2007-04-12 12:43:09)
19.この時期に「憎悪の連鎖の断絶」をテーマとして選定したのはタイムリーでしたけど、ディズニーらしく踏み込みの甘い仕上がりではある。子熊のコーダに、もう少しキナイに対する愛憎の葛藤があっても良かった気がします。ま、子供がターゲットの映画としてはきちんとツボを押さえた作りになってるので、これでも充分楽しめるし、子どもには得るものもあるでしょう。作画では熊のデザインが良かった。歩き方や唇の垂れ下がってる雰囲気等がホントに良く再現されてます。もうCGはピクサーに任せて、ディズニーはセルアニメの技術向上だけに励んで貰いたいですね。それにしても、途中の挿入曲は日本人がフィル・コリンズ風に歌ってるかと思ったら、本人が日本語で歌ってたんですか? そりゃ知らなんだ…、6点献上。
sayzinさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2006-12-08 00:03:36)
18.話がよくまとまってるし、結構感動しました
ラスウェルさん [ビデオ(吹替)] 7点(2006-05-17 21:38:12)
17.奇想天外、摩訶不思議。
杜子春さん [DVD(吹替)] 3点(2006-01-02 23:50:48)
16.この話はこれで面白いんでしょうか、もう少し真剣に見る必要があるとも思えないス。コグマのように可愛いがうるさいチビ3人に免じて甘めの点数。
亜流派 十五郎さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2005-11-23 16:12:56)
15.ディズニーいい仕事してるな~。おそらく民話を基にしているんだと思う。熊を殺した主人公は亡くなった兄の意思で熊になってしまう。兄の思惑とは?  主人公は人間に戻るための旅の途中でコーダという小熊に出会う。コーダは母熊とはぐれてしまったのだ。このコーダがかわいい!「僕ね技があるんだよ。一つ目の技は小さい技なんだけどスラッシャーって言うの。」とか。
承太郎さん [DVD(吹替)] 8点(2005-11-09 00:31:48)
14.《ネタバレ》 ぐへー 泣きました。色もとても綺麗だった。なんかいつもの倍鮮やかな気がしたんですけど気のせいでしょうか…。サケのシーンはちょっとひどいと思った。(笑) 最後は、クマに戻っちゃったんだ!ちょっと驚きました。あとマンモス。マンモス?
リブロースさん [DVD(字幕)] 8点(2005-04-10 18:51:58)
13.はじめの方はコメディチックで面白かったのですが、キナイのコーダへの告白から一気にせつなくなってしまってラストは号泣でした。。ディズニーアニメは苦手なのですがこれは見て良かったと思います。。
junneisanさん 8点(2005-01-03 09:08:11)
12.普通にいいんじゃないでしょうか?かわいいし。ただ見ても見なくてもいいとは思う(笑)
paniさん 5点(2004-12-01 15:07:25)
11.DVDにて鑑賞。背景の美しさに驚きました。動物側よりも、人間側3兄弟の心情の描き方がとてもよかった。兄弟愛に弱いんです。
いわぞーさん 6点(2004-09-08 11:08:50)
10.一にも二にも、とにかくコーダがとってもかわいい。本当にそれに尽きるといった感じでストーリーは普通でした。ほろっときましたが何故か予告編の方が泣けました。でもディズニー映画だけあって、子どもたちと見るにはうってつけの良作であるのは確かです。子どもたちと見ると素敵なひとときを味わえると思います。
Vさん 6点(2004-09-05 17:44:00)
9.古くはジャングルブック。ターザンやライオンキング。そして最近ではファインディング・ニモと・・・・いやっこれは除外しましょ。とにかくディズニーが描く大自然はまさに大自然だ。観ていて気持ちがいいです。北米のさわやかな風がおいしいぃぃぃ!
やいのやいのさん 7点(2004-09-03 18:24:52)
8.結構泣ける。最後はそっちを選んだかって感じでびっくりですね。
りょうさん 7点(2004-09-03 17:10:17)
7.《ネタバレ》 期待ハズレでした..内容はまずまずってところですかね~ ラストはクマに戻っちゃ~いけないでしょう..俺なら戻らない、絶対に...
コナンが一番さん 5点(2004-09-03 12:23:58)
6.泣きましたね。こういう単純な、ありきたりなテーマの映画ってやっぱり良いですよ。キナイは人間より熊の方が素敵。
織姫さん 8点(2004-07-31 01:32:42)
5.グレートスピリットの映像処理とか音楽は、すげーかっこいいんです。あと、雪山が一気に春になるとことか「シシ神さまだ!シシ神さまがあらわれた!」とか言って素敵に興奮できたんです。でも、やっぱりストーリーに無理があったかなぁ・・・。熊と人間を同列にしちゃうと難しいかもしれない。ラストも、問題の解決になったとは言い難い。ただ、「導き」の「鷲」とか「愛」の「熊」とかを授かるっていうのはかっこよかった。ババ様(そういえば声は森光子で、これも、もののけ姫と同じだ)、僕にもそういうの何かください。
コダマさん 5点(2004-07-27 22:16:44)
4.まだ幼い、甥っ子たちを連れて吹き替え版で鑑賞。
母親と会えると信じているおませなコーダが可愛くて、いじらしくて、切なくて一人で大泣き。ストーリーもなかなか深い。
報復誓う人間と熊との関係は、そのまま国家や民族の対立する姿。 これは、この神話のようなお話しを、私たちの現実社会で起きている現象に当てはめ、報復はやめよう、相手を理解しよう、と優しく語りかけている反戦映画なのだと思う。
遠い異国で言葉も通じぬ、風習も価値観も私たちとは異なる人々も、私たちと同じように誰かを愛したり、ささやかな幸せを感じたり、泣いたり、笑いあったりして、一生懸命生きている、という当たり前の、しかし、忘れがちなことに気付かせてくれる。良作。
poppoさん 8点(2004-04-30 14:20:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 6.26点
000.00%
100.00%
200.00%
328.70%
414.35%
5417.39%
6521.74%
7417.39%
8730.43%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.25点 Review4人
2 ストーリー評価 4.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.40点 Review5人
4 音楽評価 7.25点 Review4人
5 感泣評価 5.66点 Review3人

【アカデミー賞 情報】

2003年 76回
長編アニメーション賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS