ラブドガンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラブドガン
 > (レビュー・クチコミ)

ラブドガン

[ラブドガン]
loved gun
2004年【日】 上映時間:111分
平均点:4.67 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-06-19)
ドラマ
新規登録(2004-03-20)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2011-11-08)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督渡辺謙作
キャスト永瀬正敏(男優)葉山田且士
宮崎あおい(女優)小諸観幸
野村宏伸(男優)長谷川医師
伊佐山ひろ子(女優)女教師
土屋久美子(女優)西園
川合千春(女優)葉山田聖子
田辺誠一(男優)葉山田明良
荒戸源次郎(男優)門脇組長
新井浩文(男優)種田太志
岸部一徳(男優)丸山定
水上竜士(男優)菰田
脚本渡辺謙作
撮影安田圭
製作石川富康
ポニーキャニオン(『ラブドガン』製作委員会)
特撮石井教雄(VFXスーパーバイザー)
編集日下部元孝
録音柴山申広
柿澤潔
照明上田なりゆき
あらすじ
海辺の道を彷徨う男・葉山田(永瀬正敏)は、両親の無理心中で一人残された少女・観幸(宮崎あおい)と出会う。殺し屋・丸山(岸部一徳)は、チンピラの種田(新井浩文)と組み葉山田の命を狙う。/「銃弾は撃つ人間の感情によってその色を変える。感情がこもってなければ地金の色。悲しい奴が撃った弾は青。脅えの黄色。憎しみの黒。」「赤い銃弾があるって知ってる?」
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 芝居がかったセリフや、漫画みたいな構図、わかりやすいキャラクター等が、殺伐とした内容と絡み合いながら、独自なファンタジー感をかもし出しており、そこら辺がツボでした。主人公の二人の関係も表面的に淡白ながらもなんとなく沁みるし、岸部・新井ペアもおかしくて悲しい。
評判はイマイチですが、個人的には大好きです。傑作コミック調ハードボイルドファンタジー。
すべからさん [DVD(邦画)] 9点(2008-10-29 11:53:06)
11.観始めてまず最初に持った印象は、何がなんだかわからない映画。
何から何までありえない話ではあるが、最後まで観てみれば、なんか普通の日本映画のようにも思える。
要するにぶっ飛んだ雰囲気を持ってはいるが、あくまで雰囲気のみ。
突飛な演出、変な編集で惑わされるが終盤は演歌っぽい話になって、飛びきれていない、そんな印象だった。

でも面白かった。
称えよ鉄兜さん [ビデオ(邦画)] 6点(2008-01-25 16:58:13)
10.ムードだけの作品。だから何?
こんな映画が量産されては邦画離れを助長させるだけ。
カラバ侯爵さん [DVD(邦画)] 0点(2008-01-09 06:09:40)
9.自分が今まで経験したことのない外国の料理を出されたとき、リアクションに困ることがあります。なんとも形容のし難い味。美味いといえば美味いけど、不味いともいえる。もう一度食べたいかと聞かれれば答えに困るような。本作の印象はまさしくこんな感じ。不思議な味というか、ちょっと凝っているなという部分は感じるものの、それが“良い”のか“悪い”のか判断がつかない。見た目はカラフル。だけど何だろうこの味は…。たまに食べるなら悪くないけど、毎日は勘弁というような作品でした。岸部一徳の味だけはしっかり感じました。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2006-09-10 19:07:57)
8.退屈、不愉快、つまらんの三拍子そろった作品。永瀬が出ていて良かった作品は今まで診た事がないです。本当に彼は役者で食っていけてるのか?心配。
たかちゃんさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2006-08-29 12:31:09)
7.キャスティングが良いよね。
タコスさん [DVD(邦画)] 4点(2006-04-01 12:49:59)
6.んー、僕も【すぺるま】さんと同じく、「赤い銃弾」の正体が何となく予想できたし、「けれんみ」の演出はちと力不足かな?と思っていたけれど、ラストがあんな風になるとは思わなかった。これは言ってみれば「ハードボイルド・ファンタジー」という感じでしょうか。あの葉山田と丸山を追い詰めた二人の殺し屋の馬鹿っぽさは面白かった。今回は予算が少なくて思うように作れない部分もあったのだろうと思うので、次回はもっとぶっ壊れてて馬鹿馬鹿しい(良い意味でね)作品を撮って欲しいです。
ぐるぐるさん 7点(2005-02-13 18:48:48)
5.永瀬・宮崎・新井・岸部、この四人のキャスティングに成功した段階で何を撮ってもそこそこの評価が得られたのではないだろうか。まあそれも監督の力ではあるんでしょうが、もう少し盛り上がりが欲しかったです。
亜流派 十五郎さん 2点(2005-01-24 01:09:48)
4.《ネタバレ》 これは漢の映画ですな。永瀬、新井両名も良かったが岸部一徳が素晴らしく渋い。
映画的にスローすぎる部分はあるものの話自体は悪くなかった、
この空気の重さは人によっちゃ好き嫌いが分かれるかもしんないが。
ただ時折あるよく分からない演出は好きになれなかったな、あの殺し屋はなんなんだ?
終わり方にも少しがっかり。
ふくちゃんさん 5点(2004-12-25 03:01:07)
3.永瀬正敏は、いつまでこういった「小品」に付き合って出演するつもりなんだろうか。
永瀬正敏が出演することで企画が成立する、若手の監督が作品を撮れるという意味ではアリなんだろうが。
ナクサライトさん 2点(2004-11-18 18:47:38)
2.久しぶりに永瀬正敏の映画を観たが、相変わらず彼は映画がよく似合う。それほどに演技が巧いとは思わないけど、いかにも映画っぽい格好良い台詞をさらりとそして意味深長に発することができるのは、彼ならではの映画俳優としての才能だと思う。その格好良さに宮崎あおいが加わりビジュアルのクオリティは殊更に高まっている。しかし、それだけではよくある“なんだかカッコイイ映画”で終わってしまうところだ。そこで、小奇麗な雰囲気を絶妙な具合に破綻させる岸部一徳の存在が光っている。
ところどころで奇妙な映像センスを見せる映画世界に、驚きと共になんだか見覚えを感じたが、なるほど、監督は鈴木清順と師弟関係だそうで、妙に納得。今後の作品にも期待したい。
鉄腕麗人さん [映画館(邦画)] 7点(2004-11-15 23:10:33)
1.「色」とは物体それ自体についているのではない。
物体が光を反射し、その反射された光から人間が色を認識するのだ。

黒、青、黄色、黒。
それらはモノ自体に色がついているのでなく、人間の眼と脳が色付けしているのだ。

否、それは違う。
そこに色は確かに存在している。それは間違いない色だ。

その跳ね返った光から、我々は色を感じる事が出来る。
意識に投影された色こそが真実の色だ。

無限の色彩、夢幻の物語。

だからただ見つめていればいい。目に写る全てを。
映画というキャンパスは驚くほど自由だから。
紅蓮天国さん 7点(2004-06-04 21:49:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 4.67点
018.33%
100.00%
2325.00%
300.00%
418.33%
5216.67%
618.33%
7325.00%
800.00%
918.33%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS