スクール・オブ・ロックのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スクール・オブ・ロック
 > (レビュー・クチコミ)

スクール・オブ・ロック

[スクールオブロック]
The School of Rock
2003年【米・独】 上映時間:110分
平均点:7.44 / 10(Review 300人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-04-29)
コメディ学園もの音楽もの
新規登録(2004-03-25)【onomichi】さん
タイトル情報更新(2019-08-12)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・リンクレイター
キャストジャック・ブラック(男優)デューイ・フィン
マイク・ホワイト(男優)ネッド・シュニーブリー
ジョーン・キューザック(女優)ロザリー・マリンズ
サラ・シルヴァーマン(女優)パティ
ミランダ・コスグローヴ(女優)サマー(マネージャー)
ジョーイ・ゲイドス・Jr(男優)ザック(ギター)
ケヴィン・アレクサンダー・クラーク(男優)フレディ(ドラム)
レベッカ・ブラウン(女優)ケイティ(ベース)
ロバート・ツァイ(男優)ローレンス(キーボード)
ニッキー・カット(男優)ラゾー
江原正士デューイ・フィン(日本語吹き替え版)
村治学ネッド・シュニーブリー(日本語吹き替え版)
勝生真沙子ロザリー・マリンズ(日本語吹き替え版)
浅野まゆみフレディ・ジョーンズ(日本語吹き替え版)
宮島依里ローレンス(日本語吹き替え版)
瀧本富士子ザック・ムーニーハム(日本語吹き替え版)
脚本マイク・ホワイト
音楽クレイグ・ウェドレン
ランドール・ポスター(音楽スーパーバイザー)
ジム・オルーク(音楽コンサルタント)
作曲アンドリュー・ロイド・ウェバー"Memory"
ホアキン・ロドリゴ
主題歌ジャック・ブラック"In The End Of Time"," Step Off"他多数
挿入曲AC/DC"Back In Black"
ホアキン・ロドリゴ"Concierto de Aranjuez"
キッス"Do You Remember Rock 'n' Roll Radio"
レッド・ツェッペリン"Immigrant Song "(移民の歌)
ザ・クラッシュ"Stay Free"
ザ・ダークネス"Black Shack"
ラモーンズ"My Brain Is Hanging Upside Down"
ザ・フー"Substitute"(恋のピンチヒッター)
クリーム"Sunshine of Your Love"
撮影ロジェ・ストファーズ
製作スコット・ルーディン
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮スティーヴ・ニコライデス
配給UIP
編集アンドリュー・ワイスブラム(編集補助)
字幕翻訳太田直子
あらすじ
デューイは売れないロックバンドのギタリスト。ロックへの熱い思いは誰にも負けないが、どうにも空回り。ルームメイトの心優しいネッドはそんな彼を見守ってくれているが、ネッドのガールフレンドは彼を追い出そうとする。おまけにバンドのメンバーからはクビを言い渡され、窮地に陥るデューイ。彼は起死回生を図るため取り敢えず家賃稼ぎを考えるが、偶然取った電話が切欠でネッドになりすまして有名私立校の代用教員に。そこで彼は、子どもたちに素晴らしい可能性を見出す… ロックロックロック!感動のコメディ!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
300.《ネタバレ》 ロックに夢見るニートが名前を語るだけで学校の教師をすることになり
超真面目な子たちがニートの妄言を信じて意味の分からないロックの勉強をしだし
数か月でプロ級の腕前を身に着け、ひょんなことから舞台へ 
大激怒していた保護者の皆さんも演奏を聴いて大絶賛

あまりに設定が展開が無茶苦茶すぎるせいなのか
ロックが好きじゃないせいなのか
評価を見て多少の期待をしてみてしまったせいなのか
娯楽映画としてみても
おもしろさを見出せない作品でした。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 5点(2021-01-23 22:57:31)
299.《ネタバレ》 型破りな先生が生徒を変えていく。GTO、ごくせんなど日本にも色々あるが、この先生のダメ度はかなりのものに思う。
なぜ制作が米・独なのか知らないが、ドイツの学校は この映画で描かれているような厳しい印象があるので、こういう開放的な内容が受けるのかも知れない。
吹き替えで観たけれど、歌の場面では無理に吹き替えしないで 原音に字幕を付けていたのが好印象。無理に声優に歌わせている洋画もあるけど、大概良くない。
校長のジョーン・キューザックを「ジョン」と勘違いしていて、男性が女装しているのかと思って視聴していた(恥
くろゆりさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2020-08-16 17:56:58)
298.罪のない映画。いや、罪深く無いことは無いような気もするけど。まあ、硬いコトは抜きにして。
と言いたいところだけど、やっぱり、なあ。
主人公が身分を偽って、教師として名門小学校に潜りこみ、子供たちとロックバンドを組んで活き活きとしたクラスにしちゃう、というんですけれども。
子供たちに対しては「キミは才能がある!」の一点張り。実際、たまたま才能のある子供たちが多かったみたいなので運が良かったけど、もうちょっと子供たちの表情なり成長する姿なりをしっかり描いてもよかったのでは。なのに、何かというと、ジャック・ブラックの「顔芸」に頼ってしまう、安易な構成。まあ、彼が芸達者なことは、大変よくわかりましたけれども。
音楽の才能のある子はいいけど、才能の無い子はというと、今度は「裏方として才能がある」とか言っておだてて、その気にさせてしまう。
経営学を名乗るインチキ指南書とかに、こういうのが「指導者としての良い例」などと掲載されていそうな気がしてくる。そのくらい、インチキくさくって、感動にも笑いにも教訓にも繋がりません。登場人物全員がナットクしてハッピーエンド、なんだけど、わたしゃあんまりナットクいきませぬ。
もともとインチキな主人公に、インチキでもってドラマを引っ張らせ続け、最後までインチキなまま走らせてしまった印象。「真実がインチキを追い越す瞬間」というものを、本当は見たかったのだけど。
鱗歌さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2020-08-13 14:07:34)(良:1票)
297.最後の音楽がいい。主人公が飛びすぎてるし途中まではちょっと、という感じだが、終盤まで観る価値あり。
simpleさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-05-17 20:51:07)
296.《ネタバレ》 子役はしっかり弾いているのに、デューイのギターソロがギタパクである所が残念。設定上上手いギタリストでもないのだから、多少下手でも自分で練習して弾いたほうが臨場感出ると思うのだが。
チェブ大王さん [インターネット(字幕)] 5点(2020-04-19 09:57:52)
295.《ネタバレ》 笑わせてくれました。
へまちさん [DVD(邦画)] 8点(2017-11-06 00:26:57)
294.最初に楽器を弾かせるシーンで、物語が始まる高揚感を覚えました。
Donatelloさん [DVD(字幕)] 9点(2017-07-17 00:52:07)
293.皆に嫌われてる、主人公のデューイのキャラクター嫌いではないです。
内容も悪い所はこれといってありませんが。なぜか乗れない所がある。
見た日のコンディション(体調的な)が悪かったのか?
何度も見たようなストーリーだからなのか?それとも自分が歳を取ったからなのか。
内容ほどは盛り上がれませんでしたね。
デミトリさん [DVD(吹替)] 5点(2016-12-12 16:24:18)
292.《ネタバレ》  これはちょっとだめですね。映画の出来の良し悪しとは別に、ストーリーが受け入れられません。
 『終わり良ければすべて良し』って考え方には基本的に賛成なんですけど、これは賛同できない。
 スタートがまずい。友人を騙し、学校を騙し、子供達を騙し、その親も騙す。
 しかもその動機は、利己的で自分勝手なもの。サクセスストーリーの体を保ってはいるものの、そのプロセスは子供たちの善意とラッキーに頼ったもの。正直デューイ(ジャック・ブラック)が嫌いです。そして自分の職業柄、子供達の貴重な時間を、自分の利益のためだけに奪う行為は許せません。
 子供達の得意分野が偶然ばらばら。個性もばらばら。にも関わらず、こんな型破りな新参者の教師の言うことを、誰一人として疑うことなく盲目的に従っています。しかも誰一人として親に『こんな教師が来たよ』ってことを話していません。こんなことはありえない。
 子供達はみんな良い子すぎて素敵なんですが、だからこそ怒りがわいてきます。
 学校を信じ、高い授業料を払って子供を預けている親達の気持ちはどうなる。
 そもそも親だって信念が無さ過ぎます。
 確かに最後のバンド演奏は良かったけれど、たったあの1曲で事をうやむやにすべきではないし、デューイを許すべきではありません。
 期待して見ただけに、こんないかれたストーリーだとは本当に残念です。
 そしてジャック・ブラックの過剰すぎる演技も、肌に合いません。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 1点(2016-11-03 12:35:12)
291.序盤は胡散臭い展開だったけど、校長のロック好きが判明した辺りから急に面白くなってきた。
子供たちの心の声が曲になって、ロックってこういうことなんだなぁって納得。
いい加減なようでいて、子供たちそれぞれの長所を見付けて自信を持たせることが出来る才能は教師に相応しいものだと思う。
もとやさん [DVD(吹替)] 6点(2016-01-06 12:52:38)
290.またミュージカル映画詐欺に遭ってしまった…。これって単なる「音楽映画」だよね。そしてその音楽映画としての出来栄えも特に高いと思えなかった。コメディーとしても中途半端。そもそも映画としての出来栄えがちっとも高くない。かなりの期待をして観ただけに多いに失望させられました。《追加》よく見たらここのサイトではミュージカル扱いになってませんでしたね。失礼しました。でもレンタル屋さんにはこれがよくミュージカルコーナーに置いてあってまぎらわしいんだなあ。
バーグマンの瞳さん [DVD(字幕)] 5点(2015-04-24 00:13:40)
289.話の展開が容易に推測できる、安心して楽しむための王道の娯楽映画でしょう。みなさんの言うとおり主人公がキモい。でも、ベースの女子がかわゆいのでプラマイゼロ。
la_spagnaさん [DVD(字幕)] 6点(2014-10-30 16:56:23)
288.《ネタバレ》 最高に愉快な音楽映画です。

劇中で演奏するミュージシャンは大人から子供まで全部モノホン(本物)。
極めつけはデューイを演じるジャック・ブラックの狂気地味たハイテンション!
次から次へと機関銃のように飛び交うセリフの応酬!

ライブで盛り上がる夜のバー、ロックで最高にハイになる音楽馬鹿の彼だが、彼は受け止めて貰えるほど愛されて(認められて)いなかった。

自分の音楽に酔っていた“現実”を思い知らされるデューイ、それでもロックへの情熱は燃え尽きない。

デューイは親友のネッドを騙してまで仕事を引き受ける。
だが待っていた職場は正に彼の運命、天職、音楽の才能に溢れた子供達との出会い。

子供達の才能を親と教師たちは無視していた。
しかし、誰よりも仲間を求めていたデューイは子供達の才能を見逃さない。

デューイにとっては利害の一致、子供達にとっては自分を認めてくれる恩人への恩返しだ。

しかしいくら何でも「夢は諦めろ」を先生がいうなよ。当っているかも知れないけど!

それでも褒めて伸ばす、付きっ切りで教えるのは上手い。デューイもまた様々な子供達と出会う事で少しずつ成長していく。モチロン狂気に満ちた野望を抱えて。
「ロックは頭を試されるんだ」
QUEEN&レッドツェッペリン「左様」

「ダイエットは?」
「食うのが好きだからしない」
デブの鑑かコイツは。

やがては教師も掌握して磐石・・・かと思いきやそう都合よくいかないのが世の中です。

それでもデューイの魂は生徒に届いていた!
彼を経歴ではなく“魂”で教師として認める子供達の心意気!
デューイも腹をくくる。デューイの情熱に親友の魂も蘇る・・・!
でもあの半ズボンは無いわー(褒めてる)。

ダイブにはじまりダイブに終わる。
メタいセリフが飛び交うエンディングも最高だったぜ。

DVDの特典でツェッペリンにライブで許可を貰おうとするシーンが面白い。

電話を取らせないために火まで付けるとかどんだけだよ。

「“The”で始まる映画はコケるんだ」
遊星からの物体X(The Thing)「!?」

ジャック・ブラックがオーソン・ウェルズみたいになっててワロタ。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-10-08 17:52:42)(良:2票)
287.好きな人は好きだけど好みじゃない。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-26 00:15:37)
286.どうってことのない映画だったと思いますが、単純に良かったですね!子供のおかげかジャック・ブラックのおかげか判りませんが、とにかく安心してみていられる家族向け映画です。

子供たちが元々演奏が得意なのに下手な演技をするのが難しかったというエピソードは笑えました。ゴスペルの子なんか凄く上手だった。全体的に子供の可愛さが強調された心温まる映画でした。

観ようか悩んでいる方へ、小難しい完成度を求めたり、名作を求めるのでなければ大丈夫です。年齢問わずにお勧めできます。かなりの良作。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-09-23 17:19:43)
285.文字通り子供騙しの映画。
サッカーの授業でやたら生徒の中に入って自分でゴールを決めたがる体育教師がいたが、その時の皆の冷めた目を思い出した。
あまりにも素直に付いていく健気な子供たちが不憫に思えてくる。
それに、バンドってメンバーの数人以外は物足りなくて、クラス皆が盛り上がるには一番向いてないと思うけど。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 3点(2014-08-20 19:03:32)
284.《ネタバレ》 ○無理やりな設定に慣れるのに多少時間がかかったが、それからは気楽に楽しめる。○序盤から教師になりすますまでの間に、音楽好きのダメ男以外の良い要素がく見込められたら良かったはず。その後、子供たちを褒めるなど良い場面もあるが、音楽好きと分かった校長を酒に酔わせて自分の良い方ばかりへ持って行くところがあまり共感を呼べない。例えば居候先の男の急病で教師を任されるなどもう少し主人公に共感できる要素があればその後の展開も意味合いが変わってきたはず。○子供たちの個性を描いた後のラスト演奏シーンはやはり盛り上がる。その後放課後教えているシーンも後味が良い。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-01-05 22:32:21)(良:1票)
283.《ネタバレ》 音楽モノは最後に判り易い山場が作れるので、これもちゃんと定番のルーティンに乗って脚本が作られてる。運びや設定も教科書通り。子役もかませてあるので面白いものができるのは鉄板。あとは演出次第となる。この作品はほぼジャックブラックの1人芝居みたいなものだけど、それを完璧にものにしている。あの高いテンションで最後まで押し切ったのは見事。馬鹿げていたかもしれないけど、立派に教育してたんだよね。意味ない年号覚えるよりずっと大事なモノを。ちと恥ずかしいけどなんか校長先生に意外なエロスを感じてしまった。バンドを成功させたストーリーというより立派に先生をしたということに1点おまけした。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2013-12-10 17:51:57)
282.《ネタバレ》 どうも主人公が生理的に受け付けられない・・・
終わり良ければ全て良しって流れも解せないし、勝手に身代りにされた友人の立場なら尚更(私が友人の立場なら、こいつシバくか告訴する)。

ロックが反抗と言うならば、こんな偽教師に反抗して何もせんよな~私ならと思って観てたら、生徒たち皆素直過ぎなんじゃないの?
まぁ~その可愛い生徒たちに救われている部分もあるんだが・・・(特に委員長みたいな女子生徒がお気に入り)。

と、何だかんだ言いつつも、ラストのステージが終わる頃には気持ちが高揚して、ついつい指笛を吹いてしまいました。

ウソです、指笛吹けません・・・

エンドクレジットもクドかったです。

ぐうたらパパさん [DVD(字幕)] 5点(2013-10-12 21:19:45)(良:1票)
281.学園ものによくあるベタなストーリーで、これといった困難というほどの困難は起こりません。
内容としてもそれほど深いメッセージは感じられず、ロックとは裏腹に非常に口当たりのいい心地よい作品だと思いました。
また、メンバーが10歳だから仕方ないのですが、最後の演奏はもう少し盛り上がってほしかった。
そして欲を具体的に言えば、アンコールのラストで「ジャ~~~ン、ジャン!」の締めでエンディングの字幕へ移るくらいのメリハリ・勢いが欲しかったです。
とはいえ面白い作品だったので、日本でも狩野英孝主演のスペシャルドラマ化を希望します。
午の若丸さん [DVD(字幕)] 6点(2013-09-08 21:31:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 300人
平均点数 7.44点
000.00%
110.33%
210.33%
362.00%
4134.33%
5196.33%
6299.67%
75819.33%
89632.00%
95418.00%
10237.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.76点 Review30人
2 ストーリー評価 7.45点 Review48人
3 鑑賞後の後味 8.70点 Review57人
4 音楽評価 8.85点 Review60人
5 感泣評価 6.27点 Review44人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2003年 61回
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ジャック・ブラック候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS