パーティ★モンスターのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パーティ★モンスター
 > (レビュー・クチコミ)

パーティ★モンスター

[パーティモンスター]
Party Monster
2003年【米・オランダ】 上映時間:93分
平均点:5.10 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-03-27)
ドラマサスペンスコメディ犯罪もの
新規登録(2004-03-25)【黒猫クロマティ】さん
タイトル情報更新(2008-03-06)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストセス・グリーン(男優)ジェイムズ・セント・ジェイムズ
マコーレー・カルキン(男優)マイケル・アリグ
ダイアナ・スカーウィッド(女優)エルケ
クロエ・セヴィニー(女優)ギッツィ
マリリン・マンソン(男優)クリスティーナ
ディラン・マクダーモット(男優)ピーター・ガティエン
ミア・カーシュナー(女優)ナターシャ
ウィルマー・バルデラマ(男優)キオキ
ダニエル・フランゼーゼ(男優)ザ・ラット
ナターシャ・リオン(女優)ブルック
撮影テオドロ・マニアチ
製作クリスティーン・ヴェイコン
製作総指揮エドワード・R・プレスマン
ジョン・ウェルズ
配給ワイズポリシー
衣装マイケル・ウィルキンソン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.あぁ、何、殺人事件映画だったの?と見終わって思った。成長したマコーリー&クロエが良い。音楽はあまり入り込めなかった。一番良かったのはファッションかな。
Vanillaさん [DVD(字幕)] 6点(2006-11-24 23:39:04)
9.「クラブ・キッズ」という風俗は知りませんでしたけど、どーしょーもない馬鹿の集まりですね。あれを見て「カッコ良い」と思う馬鹿もいて、馬鹿にはホント際限が無い。彼らは、原則的には「クラブ付きのパーティのプランナー」という「職業」になるんでしょうけど、思いつきと奇抜さだけでは長続きする筈もなく、地方へドサ回りを始める頃には、ニューヨークでは既に過去のものになっている。そして落ちぶれたジャンキーの行き着く所は、例によって刑務所しかない。軽佻浮薄に流されてる者達にとっては、殺人事件さえも、恐ろしく軽々しい出来事の様に感じますネ。という訳で、5点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-08-07 00:26:19)
8.セスの演技もマックの演技も上手い!!! そして音楽がイイ!!
ラストも好きだし、こういう映画ならどんどんみたい。
アオイさん [DVD(字幕)] 9点(2005-09-04 20:09:25)
7.マコーレーの久しぶりの作品だし、キャストも良かったからずっと見たかった。1回目の鑑賞はなんだかわけが分からなかった。でもだんだん見るごとにキッズクラブの雰囲気にやられてしまった。ディスコソング良かったし、個性ある服装が面白かった。
アンナさん [DVD(字幕)] 7点(2005-07-12 18:04:23)
6.全然意味が分からない・・・何のメッセージがあるのかも全く、良かったのは奇抜なファッションだけ!!全くおススメできる映画ではありませんね。
愛しのエリザさん [DVD(字幕)] 1点(2005-05-16 21:12:32)
5.これが実話!?かなり変わってる話です。実話ものは好きですが、この映画は好きなタイプではないです。クロエ・セヴィニーが好きっていうのと、10年ぶりの映画出演であるマーコレー・カルキンがどんな演技をしているかに興味があったので見たのですが、うーん・・・理解不能。全然わけわからんです。ドラックものの映画は苦手なようです。
未歩さん 3点(2005-03-26 15:14:30)
4.ドキュメンタリー調に撮られているせいか、いまいち盛り上がりに欠けます。私はマコーレー・カルキンは今でもとても魅力的な俳優だと思います。彼の復活を願っています。
parabenさん 2点(2004-12-16 20:50:05)
3.カルキンがマイケルの様にならない事を祈ります。
たまさん 6点(2004-10-10 23:13:10)
2.気色悪い映画だけど実話ものだしカラフルな画像と懐かしいディスコソングはグッド。グリーンをはじめ、みんな演技うまい。6点が妥当かと思ったがカルキン逮捕でリアル感が増し+1
やっぱトラボルタでしょうさん 7点(2004-09-24 23:45:36)
1.80年代後半から90年代初頭にかけてニューヨークのクラブシーンをリードした<クラブ・キッズ>マイケル・アリグを中心に、当時のゲイカルチャー、ドラッグカルチャー等を描いた実話の映画化。歳がひとつしか違わない彼が生きた時代は、私が生きた時代でもある。映画に出てくる巨大ディスコ「パラディウム」と教会を改造した「ライムライト」にはミーハー根性丸出しでわざわざ行ったことまであるんだ、恥ずかしながら。「空虚である」と考えることさえ拒否した「空虚さ」、悪趣味なゴージャスさ、それがあの時代の雰囲気だったのかも。彼らのハズレぶりには遠く及ばないが、私自身もしゃれにならないバカやってた時期だったし、ノスタルジーや親近感もあって甘い採点を許してこの映画を見たのだが、う~ん、イマイチ。監督のフェイトン・ベイリーとランディ・バルバートはドキュメンタリーで高い評価を得ているようなので、狙いでやってるんだろうが、登場人物達のアップがやたらに多くて疲れる。またマコーレ・カルキン扮するマイケル・アリグの心情に焦点を絞り過ぎているので、彼らがいかに時代にもてはやされたかが伝わってこない気がした。もっとクラブやイベントのシーンを入れてワクワク感を出した方がメリハリあって良かったんじゃないかなぁ。それとイジメられっ子が脚光を浴びてやがて薬漬けってマコーレ・カルキンにピッタリの役っぽいんだけど、なーんか彼にはピンとこなかったスね。但しファッションと マリリン・マンソンの怪演はかなり楽しかったス!
黒猫クロマティさん 5点(2004-04-02 17:19:08)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 5.10点
000.00%
1110.00%
2110.00%
3110.00%
400.00%
5220.00%
6220.00%
7220.00%
800.00%
9110.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS