チャップリンの道具方(舞台裏)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > チャップリンの道具方(舞台裏)
 > (レビュー・クチコミ)

チャップリンの道具方(舞台裏)

[チャップリンノドウグカタブタイウラ]
(チャップリンの小道具係)
The Property Man
1914年【米】 上映時間:15分
平均点:6.80 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
コメディサイレントモノクロ映画ショート(短編映画)
新規登録(2004-03-25)【--------】さん
タイトル情報更新(2021-11-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督チャールズ・チャップリン
演出羽佐間道夫(日本語版演出補)
キャストチャールズ・チャップリン(男優)小道具係
チャールズ・ベネット(男優)(男優)レナの夫
フィリス・アレン(女優)レナ
アリス・ダベンポート(女優)女優
マック・セネット(男優)観客の男
ジョー・ボルドー(男優)年老いた俳優
ハリー・マッコイ(男優)酔っ払い
ノーマ・ニコルズ(女優)喜劇女優
チェスター・コンクリン(男優)観客の男(ノンクレジット)
ジェス・ダンディ(男優)力持ちの男(ノンクレジット)
スリム・サマービル(男優)観客の男(ノンクレジット)
ジョセフ・スウィッカード(男優)頭の悪い年老いた裏方(ノンクレジット)
永井一郎(活弁トーキー版)
羽佐間道夫(日本語吹き替え版)
野沢雅子(日本語吹き替え版)
宝亀克寿(日本語吹き替え版)
杉田智和(日本語吹き替え版)
近石真介ナレーター(日本語吹き替え版)
脚本チャールズ・チャップリン
羽佐間道夫(日本語版脚色)
撮影フランク・D・ウィリアムス
製作マック・セネット
企画羽佐間道夫(日本語版制作企画)
編集チャールズ・チャップリン(ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 うふふ、チャップリンらしいギャグが目白押しですごいねーー。全体的なスピード感がいい! 印象にのこるとこ ネギ?を食べた隣の奴の息の臭さ?にすんごいリアクションをするチャップリン。こりゃーよっぽど臭い(><)んだろうね(笑) 椅子をいっぱい担いでトゲトゲイガイガ状態になるとこ(笑) エドナとチュッチュで終わるとこ→→こういう終わり方は珍しいような? なかなか面白かったですよハイ
Kanameさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2018-02-28 18:25:57)
4.《ネタバレ》 「舞台裏(小道具係り)」。

文字通り映画の舞台裏で起こる騒動を描いた作品で「役者」にも通じる展開。

冒頭からカメラの三脚や柱が倒れて倒れまくる。
イスを大量にかつぎイガイガみたいになる姿は爆笑。

絨毯の熊の頭を御丁寧に何度も磨いたり、ニラのまるかじりが臭すぎて甲冑の“マスク”を着けたり、チキンの骨で皿を演奏。

西部劇の撮影で監督が撃てばダストシュート作動。
「モダン・タイムス」でも見たデカいレバー。

チャップリンが間違えて監督まで落としてしまい、フタの部分で首が絞まってしまう。

とにかく落ちて落ちて落ちまくり、女優が破けたズボンを見て失神、パい投げ、ストライキで全部がメチャクチャになる様子は「パン屋」にもあったね。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2014-12-26 18:18:41)
3.チャップリンの自由な演技っていいなぁ。小道具係なんだけど相変わらずの世間渡りの上手さでカバーし仕事を与えられたらそれを見事に裏切ってくれる行為をするチャップリンがとても好き。今回も前半はイマイチだけど後半は見事!!に裏切ってくれました。どっかで見たことあるような気がするけど全然思い出せない水を使ったハチャメチャシーンはオススメ。出てくる奴全員巻き込み型はいかにもチャップリンらしいです。頭を殴られ即硬直気絶型も彼の映画らしい(笑
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 7点(2008-08-22 23:56:38)
2.舞台と裏方だけに留まらずラストは観客までも巻き込む大騒動のドタバタ、全体的にはそれほどですがラストの収拾のつかないオチが好きです。
亜流派 十五郎さん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-12-10 11:10:56)
1.題名の通りで、チャップは道具係として序盤からバタバタ険しくちょっと独りよがり的なコントが続いていくのですが(実は個人的に前半部分はちっとも面白くもない) しかし、その中盤、彼が道具係として椅子を運ぶというシーンが出てくるのですが その際彼は4本足の椅子を何気に平気に計12脚も背負ってしまってるんですが、その持ち方といったらまさに異常で特殊で滑稽で、前に後ろに背負ってしまってるもんだからその姿たるやまるでハリネズミといった具合の姿になってしまっているのです。そんなところはまさにおかしかった(イメージ出来ますでしょうか 彼がハリネズミになってしまった様相を^^;) そしてその中盤から手動式の落とし穴を使ってのドタバタ劇が始まり一気にペースを上げてパイ投げ戦争にまで雪崩れ込んでってしまった一連の流れはさすがで後半一気に爆笑の渦へと呑み込まれてしまってました、そんな見どころ多き作品となっていました。尚、ここでチャップとエドナのキスシーンというのがありまして、実は二人のキスというのは私は初めて目にしたのですがたぶん後年の作品ではあまり見かけませんよね というか実際には何度かあるのか知れないし私が目にした事ないだけなのかもしれませんが なんだか意外でビックリしてしまいました しかしキスシーンとは言っても実はチュッチュチュッチュとかわいらしいものだったのですがね^^
3737さん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-08-13 18:57:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.80点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6240.00%
7240.00%
8120.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS