Menu
 >
 >
 > ブラザーフッド

ブラザーフッド

Brotherhood
(Taegukgi)
2004年【韓】 上映時間:148分
平均点: / 10(Review 96人) (点数分布表示)
アクションドラマ戦争もの
[ブラザーフッド]
新規登録(2004-04-20)【放浪紳士チャーリー】さん
タイトル情報更新(2017-05-23)【イニシャルK】さん
公開開始日(2004-06-26
公開終了日(2004-11-05)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督カン・ジェギュ
キャストチャン・ドンゴン(男優)ジンテ
ウォンビン(男優)ジンソク
イ・ウンジュ(女優)ヨンシン
コン・ヒョンジン(男優)ヨンマン
チェ・ミンシク(男優)北朝鮮人民軍大佐
キム・スロ(男優)青年団長
森川智之ジンテ(日本語吹き替え版)
小森創介ヨンマン(日本語吹き替え版)
古澤徹北朝鮮人民軍大佐(日本語吹き替え版)
小林正寛青年団長(日本語吹き替え版)
多田野曜平(日本語吹き替え版)
宮内敦士(日本語吹き替え版)
水内清光(日本語吹き替え版)
稲垣隆史(日本語吹き替え版)
脚本カン・ジェギュ
音楽イ・ドンジュン〔音楽〕
主題歌BoA"We"(日本劇場公開時)
撮影ホン・ギョンピョ
配給ユニバーサル・ピクチャーズ
UIP
字幕翻訳根本理恵
戸田奈津子(字幕監修)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
96.《ネタバレ》  過去に映画館で見たものを再び見ました。
 弟を思って・・という部分は良いとしても、倉庫のシーン以降の兄の行動は理解しかねます。
 ともかく、映画の世界であるにせよ、当時のことを考えるきっかけにはなりました。
海牛大夫さん [DVD(字幕)] 7点(2015-08-30 21:12:53)
95.脚本にリアリティがなくて萎えてしまいますがラストは良かったです






pillowsさん [DVD(字幕)] 7点(2014-04-05 04:35:06)
94.《ネタバレ》 むしろ、兄が北に行ってからの方こそがドラマなんじゃないのか?そこに、すれ違いがあり、孤独があり、環境があり、だからこそ"brotherhood"の意味がある。しかしこの制作者は、そのテーマを、軍隊や戦場という、個々の個別要望をいちいち聞いていては組織や所属者全員を即座に危機に陥れる場面で、兄が弟を過保護にすることだと捉えてしまっている。なので、もっともらしい銃砲撃の場面と登場人物が騒いでいるだけの感傷的場面を繰り返すしかなくなってしまうのです。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2013-06-10 00:50:49)
93.《ネタバレ》 韓流メロドラマとは一線を画する本格戦争映画。邦画顔負けの写実性に富んだ凄惨な戦場を再現。悲しき兄弟愛ですがやや大げさなお涙頂戴的フィナーレ演出は興ざめ…。
獅子-平常心さん [地上波(字幕)] 7点(2010-08-07 01:28:55)
92.無能なくせに正義派気取りの弟を見ていると向かっ腹が立ってきて、「たのむから、みんなの迷惑だから、早く死んでくれよっ!」と願わずにはいられませんでした。
きのう来た人さん [DVD(字幕)] 2点(2009-06-01 06:07:39)
91.朝鮮戦争の凄まじさは伝わるし、韓国映画の気合の入った映画作りも伝わる。チャンドンゴンとウォンビンの演技も凄く良いし、兄弟愛の絆の強さも涙を誘う。でも何か物足りない。残酷な戦争と兄弟の絆、そこだけをクローズアップさせ過ぎた結果、この戦争が持つ同民族同士の熾烈な戦いという切ない部分や、朝鮮半島が二分されたことに対する虚しさというか不本意さみたいなものが伝わってこないしあまり表現されていないのが難点。
ちゃかさん [地上波(字幕)] 6点(2009-04-25 16:09:10)
90.ひどいな、これ。と思ってたのだがココでは概ね好評のようで、またしても自分のズレた感覚を思い知る。でもこれは・・。朝鮮戦争とはいったい何だったのかといったことについてや政治的背景などがほとんど語られないのは全く問題なく、「戦争」をひとつのごくごく普通の家族、兄弟を通して見つめ直すという観点からすればむしろ正解だと言える。しかし、おそらくは感動話にするためのこの兄弟の突出した愛情物語がごくありふれた普通の家族を逸脱してしまっているため、「戦争」がないがしろ、とまではいかないまでも兄弟の感動話のお膳立てぐらいにしかなっていないのは問題ありかと。あと、決定的にダメなのが戦闘シーンの無駄な長さ。そして臨場感を得るための「ゆれ」ではなくハリウッドには遠く及ばない特撮のショボさをごまかすための過剰な「ゆれ」に辟易。個人的につまらなかった『シュリ』のほうがまだ数倍素晴らしい。
R&Aさん [DVD(字幕)] 1点(2009-02-06 14:40:48)
89.《ネタバレ》 韓国の友達も出来たし旦那も韓国で迷子になって韓国の警察に助けられたので、韓国は身近な国ですが、国がある日2つに分かれ、殺し合い、味方同士でも殺し合うという悲劇を映画で知った今、韓国の友達が出来る事はとても素晴らしいことだと思いました。竹島や歴史問題で相容れない考えはあるけど、価値観の違いを乗り越えて人々が仲良くなることが許されるなんてホントにホントに素晴らしいですよ。でも頭蓋骨が砕けるまで人を殴ったり、首つり死体や黒こげ死体がたくさん出てくるのはリアルで気持ち悪いし、戦争の狂気と死の恐怖を表現するには浅はかかな。この点は殺戮描写のほとんどないホテル・ルワンダの方が秀逸だと思いました。兄弟愛もラストはスター・ウォーズの最終章そのままでしたしね・・。それを差し引いても今を生きる私たちが平和のために何を大切にしていくべきか、そしてすることが許されている素晴らしさはメッセージとして十分伝わってきたので8点です。
はち-ご=さん [DVD(字幕)] 8点(2008-11-25 23:04:26)
88.《ネタバレ》  大国間の思惑・対立により、同じ民族同士が殺し合うという不条理とも言える朝鮮戦争の悲惨で哀しい姿(もしかしたら日本でも同様な事態になっていたかもしれないと思うとゾッとします・・・・)を見事に描ききった作品ですね。
 
 ここで描かれる兄弟の姿は、意味も良くわからないまま戦争に放り込まれた多くの庶民たち、そして南北朝鮮の象徴であるように思いました。そして、最初は韓国軍で、そして途中で北朝鮮軍に寝返った兄の描写からは、この戦争の本当の敵は北朝鮮(韓国)では無いというメッセージが感じ取れました。

 やや、戦場シーンが過剰気味のような気がしますが、この悲劇を後世に伝える非常に貴重な作品だと思います。
TMさん [地上波(字幕)] 10点(2008-08-04 19:14:18)
87.南北朝鮮戦争もの。とにかく戦争シーンが残酷。グロい。戦闘シーンに賭ける思いは伝わってきました。しかし取って付けたような兄弟愛にあまり説得力はなくストーリーに魅力が感じられませんでした。
Carrot Ropeさん [DVD(字幕)] 5点(2008-07-20 05:49:03)
86.韓国映画(ベタ映画)ということであまり期待はしていなかったのですが、素直にいい映画だなと感じました。
eurekaさん [DVD(字幕)] 8点(2008-03-27 13:08:37)
85.面白かったけど、最後グダグダ。
ジダンさん [映画館(字幕)] 6点(2007-11-10 18:09:17)
84.《ネタバレ》 全体にリアリズムを志向している中で、いちばんリアリティがないのは、ウォンビンの顔だろう。チャン・ドンゴンも、そりゃふつうにはありえない二枚目だが、顔のタイプとしては、この手の韓国人はいないことはないと思う。だが、ウォンビンの顔立ちって、この時代の韓国人にはまったく見えない。まあ、夢も希望もない話なので、せめてハンサムな俳優が演じていたほうが、多少は救いになるというものだ。ここは、ソル・ギョングやソン・ガンホじゃなくてよかったのである。
チャン・ドンゴン演じる兄は、韓国軍で勇猛な働きをして英雄になった後、今度は北朝鮮軍に寝返り、しかも最後は、弟を援護するため味方であるはずの北の兵士を機関銃でなぎ払う。もうめちゃくちゃである。要するに彼にとっては、弟を無事に家に帰すというのが闘う目的であり、思想も何も関係ないのである。ここまで極端でないにしても、大方の兵士は、なんとか生き延びて無事に家に帰るために闘ったのであり、資本主義だとか共産主義だとかそんなこと知るか、というのが実際のところだっただろう。だが本人たちが知ろうと知るまいと、兵士だけでなく一般の民衆もまた、空襲で、双方の軍の襲撃で、また粛清によって命を落とした。
「兄弟愛に感動する」というのが、この映画の正しい見方なのかもしれないが、どうもこのパターナリズム丸出しの兄ちゃんを見ていると、無償の愛なのか、保護欲なのか、はたまた、残された家族のための計算か、と余分なことを考えてしまう。
自分が帰るよりも、できのよい弟を家に帰したほうが、いずれ出世して、家族を楽にさせてくれる可能性が大きい。一族の若者だれかひとりが科挙に受かって出世すれば、一族郎党すべてそこにぶらさがる、という李朝以来の伝統をそこに見出すのは、あまりに酷というものだろうか。
家族の情でくるまれていても、自分の生き方が外側から規定されようとしていることに変わりはない。ともに生き残った戦友が「残されたほかの家族のことを考えろ」と必死で説得する声を無視して、再び戦場に戻る弟の心の奥底には、愛する兄を探し出したい、という気持ちと、自分の意思を無視する兄の意のままにはならないぞ、という気持ちがせめぎあっていたのではないだろうか。
チャン・ドンゴンの婚約者役のイ・ウンジュも、印象的な演技である。しかし、ほんとに死ぬ役が多いなぁ、この人は。
よんひゃんさん [DVD(字幕)] 7点(2007-07-22 18:31:25)
83.手紙のシーン泣ける。サントラ聴いても泣けてくる。
Michael.Kさん [DVD(字幕)] 8点(2007-01-19 02:32:51)
82.ヘタなハリウッドの戦争映画より面白かった。容赦のない描写がいいねぇ。
捕虜を問答無用で撃ち殺したり、村人虐殺とかリアルな戦場が描かれてる。
主人公が強すぎなのは相変わらずで、萎える原因にもなってるけど、
総じて66億掛けただけのことはある戦闘だった。てか韓国じゃ大ヒットしても回収できないんじゃ?
ういろうさん [DVD(字幕)] 7点(2006-10-28 19:25:37)
81.最近は時々韓国映画の鑑賞機会があるが良い作品も多い。この作品も朝鮮動乱を兄弟愛をベースにかなり濃厚に、描かれている。重すぎるきらいがある。
ご自由さんさん [DVD(字幕)] 7点(2006-09-05 18:17:32)
80.韓国でしか表現できないメッセージ性はあるんだけど(北と南、兄弟みたいなものなのになぜ対立しなければいけないのか?とか)、映像表現はハリウッドの二番煎なので惜しいなあと思いました。これを作るのに相当な苦労はあったろうし、力作だけど、演出的にもっと別の方向性で行っても良かったんじゃないかと思います。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 6点(2006-05-10 16:12:34)
79.死んだり殺したりの戦争などの暴力的な映画は嫌い。
なのであまり見る意欲は湧かなかったのだが、
横から見ていたらついつい魅入ってしまった。
ラストシーンの兄弟愛には感動して涙が出た。
物語の展開などは、多少無理や疑問が残るものの良い映画。
こころないてんしさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-05-04 18:03:56)
78.戦争映画は、主に戦争否定系と戦争肯定系の2種類に分かれると思いますが、この映画は、その2つを同時に持っているような気がします。主人公が2人いるせいか? あと、ストーリー展開には多少無理がありますが、深く考えないで楽しむほうがよいかと思いました。
ぱんこさん [DVD(吹替)] 7点(2006-03-12 15:46:03)
77.それにしてもタフで強運な兄弟ですね。撮影は凄いです。感動はできませんでした。
やっぱトラボルタでしょうさん [DVD(字幕)] 7点(2005-11-16 23:08:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 96人
平均点数 7.05点
000.00%
111.04%
211.04%
311.04%
466.25%
577.29%
61313.54%
72829.17%
81919.79%
91414.58%
1066.25%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.37点 Review8人
2 ストーリー評価 7.45点 Review11人
3 鑑賞後の後味 7.36点 Review11人
4 音楽評価 7.10点 Review10人
5 感泣評価 8.50点 Review12人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS