いつか見た青い空(1965)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > いつか見た青い空(1965)
 > (レビュー・クチコミ)

いつか見た青い空(1965)

[イツカミタアオイソラ]
A Patch of Blue
1965年【米】 上映時間:105分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1966-06-17)
ドラマモノクロ映画小説の映画化
新規登録(2004-04-29)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-06-13)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ガイ・グリーン
助監督ハンク・ムーンジーン
キャストシドニー・ポワチエ(男優)ゴードン
シェリー・ウィンタース(女優)ローズ・アン・ダルシー
エリザベス・ハートマン(女優)セリナ・ダルシー
ウォーレス・フォード(男優)
脚本ガイ・グリーン
音楽ジェリー・ゴールドスミス
撮影ロバート・バークス
製作パンドロ・S・バーマン
ガイ・グリーン(ノンクレジット)
配給MGM
美術ジョージ・W・デイヴィス
ウーリー・マクレアリー
ヘンリー・グレイスセット装飾
チャールズ・S・トンプソンセット装飾
ヘアメイクウィリアム・タトル(メーキャップ・デザイン)
録音フランクリン・ミルトン
その他リンズレイ・パーソンズ・Jr(アシスタント・プロダクション・マネージャー〔ノンクレジット〕)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.盲目の少女と、ポワチエが恋に落ちる物語。人種の壁は例によってあるのだけれど、それよりも娘の家庭環境のほうに問題があったのでなんか期待したのと違った。母親もいつも怒鳴っているだけだったのでアカデミー賞というのも意外な感じだ。
HKさん 7点(2004-08-21 11:28:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

1965年 38回
主演女優賞エリザベス・ハートマン候補(ノミネート) 
助演女優賞シェリー・ウィンタース受賞 
撮影賞ロバート・バークス候補(ノミネート)白黒
作曲賞(ドラマ)ジェリー・ゴールドスミス候補(ノミネート) 
美術賞(白黒)ヘンリー・グレイス候補(ノミネート) 
美術賞(白黒)ジョージ・W・デイヴィス候補(ノミネート) 
美術賞(白黒)ウーリー・マクレアリー候補(ノミネート) 
美術賞(白黒)チャールズ・S・トンプソン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1965年 23回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ドラマ部門)エリザベス・ハートマン候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)シドニー・ポワチエ候補(ノミネート) 
監督賞ガイ・グリーン候補(ノミネート) 
脚本賞ガイ・グリーン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS