キング・ラットのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > キング・ラット
 > (レビュー・クチコミ)

キング・ラット

[キングラット]
King Rat
1965年【英】 上映時間:134分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1966-03-08)
ドラマ戦争ものモノクロ映画小説の映画化
新規登録(2004-04-29)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-11-28)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・フォーブス
キャストジョージ・シーガル(男優)
トム・コートネイ(男優)
ジェームズ・フォックス〔男優〕(男優)
パトリック・オニール〔1927年生〕(男優)
デンホルム・エリオット(男優)
ジョン・ミルズ(男優)
ジェームズ・ドナルド〔1917生〕(男優)
ジョセフ・ターケル(男優)
アラン・ウェッブ(男優)
トッド・アームストロング〔男優〕(男優)
リチャード・ドーソン〔男優・1932年生〕(男優)
原作ジェームズ・クラヴェル
脚本ブライアン・フォーブス
音楽ジョン・バリー〔音楽〕
撮影バーネット・ガフィ
美術フランク・タトル[美術](セット装飾)
編集ウォルター・トンプソン
録音ジョン・コックス〔録音〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 1945年、シンガポール 日本軍チャンギ捕虜収容所。悪魔島のような脱走不可能な場所で日本軍の監視は緩く捕虜達の毎日も緩いのですが、食料薬品は不足していて皆痩せこけた姿。要領良くしたたかに立ち回り健康体の米軍伍長と彼の不正を暴こうとする英軍中尉の確執が描かれています。飢えには勝てないのか少佐・大佐も伍長に取り込まれているのが何ともはや。興味深かった結末は思いもよらぬもので、「そんなものなのかなぁ」納得出来ないところです。捕虜収容所ものとしてはかなり異色作でした。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 6点(2021-06-26 03:11:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

1965年 38回
撮影賞バーネット・ガフィ候補(ノミネート)白黒
美術賞(白黒)フランク・タトル[美術]候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS