Menu
 >
 >
 > 下妻物語

下妻物語

Kamikaze Girls
2004年【日】 上映時間:102分
平均点: / 10(Review 265人) (点数分布表示)
ドラマコメディ青春もの小説の映画化
[シモツマモノガタリ]
新規登録(2004-05-10)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2014-11-25)【イニシャルK】さん
公開開始日(2004-05-29
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督中島哲也
演出山田一善(アクション指導)
キャスト深田恭子(女優)竜ヶ崎桃子
土屋アンナ(女優)白百合イチゴ
宮迫博之(男優)桃子の父
篠原涼子(女優)桃子の母
樹木希林(女優)桃子の祖母
阿部サダヲ(男優)一角獣の龍二/産婦人科医
岡田義徳(男優)BABY, THE STARS SHINE BRIGHTの社長 磯部明徳
小池栄子(女優)亜樹美
矢沢心(女優)ミコ
荒川良々(男優)八百屋の若旦那
生瀬勝久(男優)パチンコ屋店長
本田博太郎(男優)組の兄貴分
真木よう子(女優)BABY, THE STARS SHINE BRIGHTの店員
木村祐一(男優)組の仲間
福田麻由子(女優)竜ヶ崎桃子(幼少時代)
水野晴郎(男優)水野晴郎
原作嶽本野ばら「下妻物語」(小学館刊)
脚本中島哲也
音楽菅野よう子
作詞Tommy heavenly6「Hey my friend」/「Roller coaster ride→」
松山猛「タイムマシンにおねがい」
作曲加藤和彦「タイムマシンにおねがい」
ヨハン・シュトラウス2世「美しき青きドナウ」
主題歌Tommy heavenly6「Hey my friend」/「Roller coaster ride→」
挿入曲尾崎豊
撮影阿藤正一
製作東宝(「下妻物語」製作委員会)
島谷能成(「下妻物語」製作委員会)
亀井修(「下妻物語」製作委員会)
TBS(「下妻物語」製作委員会)
近藤邦勝(製作総括)
小学館(「下妻物語」製作委員会)
ホリプロ(「下妻物語」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「下妻物語」製作委員会)
パルコ(「下妻物語」製作委員会)
企画濱名一哉
プロデューサー平野隆
小椋悟
制作STUDIO 4℃(アニメーション制作)
配給東宝
美術桑島十和子
編集小池義幸
録音志満順一
上田太士(光学リレコ)
照明木村太朗
その他IMAGICA(協力)
松竹衣裳株式会社(協力)
熊澤尚人(メイキング)
東京テレビセンター(協力)
あらすじ
ロリータファッション命の少女・桃子(深田恭子)と特攻服・原チャリで飛ばすヤンキー娘・イチゴ(土屋アンナ)が、茨城県下妻を舞台に織り成す青春友情ストーリー。スローモーションで卓球をするビールのCMが有名な中島哲也監督が、嶽本野ばらの原作を映画化。物語は桃子が野菜屋の軽トラックに跳ねられるところから始まり、15世紀のフランスへ遡る。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
265.漫画チックでしたがなかなか楽しい青春友情ものでした。
舞台がマイナーな北関東の田舎ですが、地方の選択肢の少なさやあるあるネタを上手く茶化していたと思います。
クリプトポネさん [DVD(邦画)] 7点(2017-08-12 23:56:33)
264.《ネタバレ》 この映画、スタートダッシュの事故紹介(自己紹介)からしてぶっ飛んでいやがる。
「パワーパフガールズ」とかカートゥーン風のアニメーション、メーターをふりきらんばかりにバイクをブッ飛ばすゴスロリ?ウエディングドレス?白装束の女?が軽トラとドッカーンッ!!
彼女にそっぽをむき傍観すらしない仏像、無数の破片、野菜、パチンコ弾と共に宙を舞いながら女は回想を始める。
交通事故や自分が死ぬ瞬間というのは、何分にも何時間にも感じるらしい。女はそんな感じに自分の経緯を語り始めるのである。

回想の中ですらこの女はフワフワと飛びやがる。
夢の中のベルサイユ宮殿も、実際は田舎の糞尿と精液まみれの肥沃な土地と同じ“匂い”がする環境にすぎない。
ジャスコのファッションショー、
天空カメラもブチ割って~、
自分の故郷もボロクソに~、
ピーピー五月蠅え著作権~、
子供のような眼帯ばあちゃん、
ジャージの国からご機嫌遊ばせゲロ・マミーレ。

まったく何てアホな映画なんだ(褒め言葉)!

出産中に浮気かますとか何つー精神力だ!
そんな勝手な女よりも、がむしゃらに家族のために命を削ってくれたダメ親父の方が良いに決まってらーな。
その娘も嘘を塗りたくる厚化粧。なるほど、人は見かけですわ(断言)。
その“化けの皮”が泥にまみれて洗い流され、吐き気がするくらい白かった服に“色”が付く瞬間!
そこには精気に満ちた凛々しい女の表情しかない。初めて心を開いた友のため、金属バットを叩き付け啖呵を切る一世一代の大芝居よお!怒涛の「ゴーン」三連打!!
父ちゃん譲りに、いやそれ以上の“ドス”が現す器のデカさ。

ゴスロリ女はゴスロリという仮面を身にまとう。
スイーツ(笑)を気取っているようで、心は男顔負けのオスカル(男前)ハート。
今まで自分を育ててくれた父親のためにアレコレ金儲けの手段を考えたり、そんな男を捨てる女を“見限ったり”、いまどき借りは作らないとかカッコ付けてる漢娘(おんなのこ)の義理に応えてしまうような女だった。

絶滅危惧種のスケバン女もまた、スケバンという仮面を身にまとう。
一見すると何かある度に頭突きだの飛び蹴りだのをかます暴力女だが、本当はゴスロリ女以上に夢を見ていた少女だった。初恋に初心な感情を見せたり、特攻服の下に着る黒シャツの女らしさ(肩がエロい)、世話になった組織のために命がけで背いたり。

あの変テコリンなオーナーもただの漢(おとこ)だったぜ。ハイハイ、ツンデレ乙。

でも何をどうしたら全身ギャグ漫画の絶滅危惧種の男に惚れるんでしょうね。

???「今おれのこの頭のことなんつった!」

一護「こんな名前で死神やってんだよっ!」


“本物”の記憶は実写、伝説はハッキリしない“幻”だからアニメ。

とにかく俺の脳味噌では語りきれない、笑いあい涙ありのメッチャ面白いアクション映画なのです。
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 9点(2015-06-01 20:48:50)
263.まさかこれ以降もこの映画同様にエネルギー溢れる映画を量産してくれることになるとは。。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 8点(2014-08-13 22:13:34)
262.《ネタバレ》 中島監督の作品は「嫌われ松子の一生」を先に観たのですが、アニメーションを挿入したり、空想部分を実写とCGで映像化したり、本作から早くも監督ならではの個性あふれる演出が色濃く出ています。とにかく本作は、桃子とイチゴという二人のキャラクターが強烈でした。全くタイプの違うこの女の子二人が打ち解け合い、そして親友になったことは決して不思議なことではありません。彼女たちが違うのは、着ている服や趣味だけであって、"我が道を往く"という意味では本質的に二人はよく似た者同士であるからです。自分を貫いて、そしてたった一人でも自分のよき理解者がいれば、それだけで人生は生きていく価値があると思います。彼女たちは人生の勝者です。
タケノコさん [DVD(邦画)] 7点(2014-03-30 20:17:46)
261.《ネタバレ》 いい意味でバカっぽくて楽しい。
演出が『嫌われ松子の一生』と似てるなと思って観ていたら、同じ監督の作品だった。
あちらはとても切ない気分にさせる良作だったが、こちらは同じ良作でも爽快で痛快な青春もの。
小ネタのセンスが良くて何度もニヤリとさせられるし、なにより主演二人のキャラがいい。
深田恭子と土屋アンナがロリータ少女とヤンキー娘にこれ以上ないくらいハマっている。
特に深田恭子の魅力がたっぷり。
勝手な先入観で今まで見るのを敬遠していたのだが、漫画チックなおもしろさで予想外に楽しめた。
幹となるストーリーに少し物足りなさは感じるものの、キャラと演出のセンスの良さで補えた。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 8点(2014-03-13 22:25:06)(良:1票)
260.《ネタバレ》 ○深田恭子の魅力もあり、まるで男の青春もののような終盤の展開。相棒の土屋アンナも真骨頂といった感じで楽しめる。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-03-09 22:07:37)
259.《ネタバレ》 前半の細かいロリータ少女とレディースの描写は理屈抜きに楽しかった。小池栄子や阿部サダヲの登場も思わず笑っちゃう。が後半なんか集中力が途切れた。もっと地についた現実感のある話で描いて欲しかった。土屋アンナのロリータは全くかわいくなかった。ピアノを弾いてるメガネアンナはすげーかわいいのに。それでも前半のおもしろさだけで十分評価に値すると思う。すばらしい。
reitengoさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-11-03 17:54:41)
258.《ネタバレ》 いやーなかなか良かったですね。とにかく深キョンのかわいさにヤられました。随所に笑えるところもあったし。
ただ腑に落ちない点も結構ありましたねえ。
まず、終盤(というかド頭でも出てくるけど)で軽トラに跳ねられるシーンはいらんでしょ。最後まで見て振り返ってもやっぱり必要性がない。結局無傷でイチゴの所行くんだからただの不要なエピソードだよ。特に最初のはちょっと変わった事入れとこうみたいな小手先の笑い感があって無駄です。
あとこれは個人的だけど、コメディとしてクスクス笑える感じで最後まで行って欲しかったので、クサい演出がすごく気に障りましたね。イチゴが失恋して泣く時のバックに悲しげなピアノが流れるのとか、最後バイクに跨った二人が笑い出す所とか、生理的にダメなシーンでした。
でもそれよりも何よりも言いたい事は、桃子がブチ切れるシーンで、関西弁でしばくぞ!みたいな事を突然豹変した感じで言うんですけど、そん時「あ、そうかこいつ尼崎出身だった!ヤンキーの街で育ったからこういう言葉知ってんだ、ばあちゃんも父ちゃんもヤンキー出身だし。今から関西弁でまくし立てるんだろうなあ」って思ってたら、関西弁は最初の一言だけじゃん。これは絶対ダメでしょ!せっかく関西育ち&普段はブリっ子喋りっていうフリが効いてて、その桃子が豹変するって場面なんだから、オール関西弁でいかなきゃ絶対にダメですよ。しかもそん時の深キョンの台詞がなんか棒読み。ブチ切れの演技しきれてないじゃんって感じでサムかったです。一番迫力を求められるシーンなのに。その点矢沢心は違和感なくレディース役やれてましたね。演技って感じがしなくてとても自然でした。
まあ総論すると、深キョンのかわいさに500点ってとこですかね笑。エンドロールで一瞬特攻服着てるとこがあったけど、そっちもめっちゃかわいいからたまらない。
いらないとことか残念なとこもあったけど、最初から最後まで楽しんで見れたし、見てよかったと思ったので8点でフィニッシュです。
TK of the Worldさん [DVD(邦画)] 8点(2012-09-16 17:02:51)
257.《ネタバレ》 正直、深キョンもアンナちゃんも役者として苦手なんですが、この映画の彼女達はすごくいい。特にリンチシーンの深キョンが「ん?こっちが素なの?」と思っちゃったほど(笑)
movie海馬さん [地上波(邦画)] 7点(2012-05-15 00:54:36)
256.やたら騒々しいだけで落ち着きのかけらもない前半は、どうしようもないという印象しかなかったのですが、終盤は強引ながらもきちんと着地していました。ただ、振り返ると、やはり騒々しい、というかむしろ鬱陶しい部分しか印象がないな・・・。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2012-04-25 01:35:51)
255.阿部サダヲいい味だしてた。絵が綺麗。
ホットチョコレートさん [地上波(邦画)] 4点(2012-04-18 22:04:19)
254.小説・漫画を映画化するのはあまり好きではありませんが、中島監督は原作の面白さを損なわずに映像化できる監督だと思います。ただ、小説の中で一番笑ったシーンが映画ではカットされていたことが残念でした。
ひなりょんさん [DVD(邦画)] 8点(2012-01-11 08:08:34)
253.意外に面白いと聞いていたので期待していたが、この監督の作品ではこれが一番つまらなかった。
afoijwさん [DVD(邦画)] 5点(2012-01-04 02:54:02)
252. 中島哲也監督は面白い見せ方をします。「告白」「嫌われ松子の一生」を先に見ましたが、どれも強い印象を残しています。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2011-12-14 22:25:36)
251.《ネタバレ》 牛久大仏でのケジメシーン。イチゴは桃子を「ダチじゃねえ」と言い放つ。馬鹿なイチゴは上手く表現できなかったが、自分と桃子の間柄は、レディース仲間の「ダチ」関係とは違うと言いたかったようです。何が違うのか。彼女の言葉を借りると桃子は「たった一人で自分のルールで立っている」。イチゴは桃子のスタンスを「尊敬」していて、それを認めた台詞が「ダチじゃねえ」でした。正反対にスタイルが違う相手を認めるピュアな気持ちが独特な映像と笑いのなかに浮かび上がり、私の涙腺は軽々と緩みました。実は初めて会った時からイチゴは桃子のことを認めていたと思います。最初は何だかヒラヒラの変な奴。コミュニケーションを重ねるうちに、尋常では無いヒラヒラのコンセプトを知る。そこで変人として切り捨てるのではなく、得難い個性として受け入れるイチゴの背景には彼女の過去が関係している。大声の啖呵やアクションで目立つのはイチゴだけど、精神的なイニシアチブを取っているのは桃子。大仰な映像を連ねながら、その微妙にしてアンバランスな関係から焦点を外さない手腕はこの監督の才能でしょう。桃子がヒラヒラブランドの仕事で行き詰った時、イチゴの携帯に「会いたい」と漏らします。不器用な短い台詞が友達がいなかった桃子らしい。また、桃子が本音しか口にしないことを知っているイチゴにとって、その言葉がどれほど嬉しかったことか。一本の電話にお互いの気持ちがたくさん詰め込まれた、私がとても好きなシーンです。ちょっと歪んだ少女たちの個性とその結びつきを情感豊かに描いた傑作。過剰に演出された画面も映像表現の新たな可能性を示唆しているように映りました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 10点(2011-12-14 21:51:23)(良:2票)
250.《ネタバレ》 こんな癖の強い映画に10点が集まるわけありません。この手の作品は7点8点こそ満点だと思います。自分は結構何回も観れる作品です。観るというよりBGMみたいにリビングに流してます。イチゴがベルPチに「かっけー!」と喜んだり、モモコの刺繍に感謝感激してるさまはとても心地がいいです。見た目はヒラヒラで可愛いけど、ひれくれつつも確固たる信念を持ってるモモコと、ヤンキーでコワモテだけどどこかフワフワしてるイチゴの掛け合いは見てて楽しいです。脇のキャラも笑えてGood。演技も全然問題なし。欲を言えば、フカキョンの最後の啖呵きり、第一声が迫力あったけど以降は普通な印象。話の方も、もうちょっとイチゴの恋模様を描いてたら失恋の涙も冴えると思いました。何気にネタとして日常で使いたくなる面白名言が詰まった作品。
Jar_harmonyさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2011-08-31 01:06:43)
249.どのカットも隅々までしっかり画作りされているんだけれど、私にはどうしてもこの監督の色彩感覚やセンスがあまり映画的とは思えない。
でも本作にはそのテイストさえも合っていたように思う。

オープニングから繰り出される小ネタは文句なしに笑えるし(ジャスコや尼崎、そして水野晴郎のくだりでは声をあげて笑ってしまった)、ストーリーやキャラクター造形もしっかりしており、大変楽しめた。

自分の美学をしっかり持って周囲に迎合しないヒロイン達は本当に魅力的で、二人の体当たりの演技も素晴らしく、ゴスロリが完璧にハマってた深キョンにも、淡い初恋に涙する土屋アンナにも完全にやられた。
痛快で爽快な快作。
poppoさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2011-08-20 00:17:32)
248.テンポの良さ、独創性、キャスティング、音楽、どれをとっても相当の完成度。「テレビドラマのような安っぽさ」のようなレビューを時折見かけるが、この映画のようなテレビドラマが過去ひとつでもあるのなら教えて頂きたいし、アニメーションやCGを使うことは安っぽさと同義ではない。後半の深田恭子の演技はすこし辛いものがあるが、それを補って余りあるロリータファッションのハマり具合。脚本のシンプルさはむしろ友情という純情の裏返しであろう。
Balrogさん [DVD(邦画)] 7点(2011-08-10 23:17:27)(良:1票)
247.《ネタバレ》 派手なデコレーションで目をくらませておいて,実は真ん前から面を打ち込んでくるような映画だと思います。
「…だから僕には友達がいません」で涙があふれてしまうのです。
まきげんさん [DVD(邦画)] 9点(2011-08-04 15:00:46)
246.ヒロイン二人の設定が興味を惹く、ちょいと変わったストーリーコメディー。
でもこの作品の、いったいどこが面白いのか全然わからなかった。
主演の二人は役柄に合っていたし、親父や変なリーゼント男も妙に可笑しかったのだが、
笑えたシーンはここだけ。肝心のストーリーがスカスカすぎて、さすがにこれではキツい。
映像演出はもう映画を観ているというよりは、テレビドラマを観ているような感じ。
登場人物が突然カメラに向かって、合いの手のセリフを言ったりポーズを取る演出は、
もう生理的に受けつけない。ベタベタになりそうな展開でのラストが、
さらっと観れたのだけは良かったかな。やっぱり若い人向けの映画だね。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 3点(2011-07-25 04:51:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 265人
平均点数 7.34点
000.00%
110.38%
210.38%
362.26%
451.89%
5186.79%
63513.21%
75922.26%
88030.19%
94818.11%
10124.53%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.27点 Review22人
2 ストーリー評価 7.73点 Review38人
3 鑑賞後の後味 8.28点 Review42人
4 音楽評価 7.75点 Review33人
5 感泣評価 6.83点 Review30人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS