深呼吸の必要のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 深呼吸の必要
 > (レビュー・クチコミ)

深呼吸の必要

[シンコキュウノヒツヨウ]
Breathe In, Breathe Out
2004年【日】 上映時間:123分
平均点:7.07 / 10(Review 88人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-05-24)
ドラマ青春もの
新規登録(2004-05-23)【ヴァッハ】さん
タイトル情報更新(2019-09-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督篠原哲雄
助監督中西健二
キャスト香里奈(女優)立花ひなみ
谷原章介(男優)池永悠一
成宮寛貴(男優)西村大輔
金子さやか(女優)川野悦子
久遠さやか(女優)辻元美鈴
長澤まさみ(女優)土居加奈子
大森南朋(男優)田所豊
北村三郎(男優)平良誠(おじぃ)
吉田妙子(女優)平良ツル(おばぁ)
上地雄輔(男優)宮里一雄(飲み屋店長)
脚本長谷川康夫
長澤雅彦(脚本協力)
飯田健三郎(脚本協力)
森下佳子(脚本協力)
音楽小林武史
主題歌My Little Lover
撮影柴主高秀
製作坂上直行
川城和実
日本ヘラルド(SHINKOKYU associates)
松竹(SHINKOKYU associates)
電通(SHINKOKYU associates)
バンダイビジュアル(SHINKOKYU associates)
IMAGICA(SHINKOKYU associates)
企画岡田惠和
プロデューサー遠谷信幸(エグゼクティブプロデューサー)
配給松竹
日本ヘラルド
美術都築雄二
赤松陽構造(タイトルデザイン)
衣装小川久美子
編集奥原好幸
録音白取貢
北田雅也(音響効果)
照明長田達也
あらすじ
場所は沖縄、某離島。時はサトウキビ収穫真っ盛りの季節。都会の男女5人が平良さん家でキビ刈りのバイトを始めた。製糖所の受入れ期限まであと35日。何しろ農作業に慣れない箱入りバイトたち、収穫が間に合わなさそうな感じ。平良さんは「なんくるないさー」とノンキに笑顔を見せているのだが…キミたち間に合わなかったらヤバいんでないの…? 働くという行為と、成果主義という現実。陽光の下で汗をかきながら、泣き笑いしながら、理想と現実のギャップに喘ぎ、やがて「深呼吸の必要」に気付くまでを心優しく綴る沖縄体験ムービー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
88.《ネタバレ》 ・新人たちだけでなく、リーダーとして一段高みにいるかに見える田所氏も実は問題を抱えている。35日間の作業を通してそれらは多少可視化されるが、決定的に解決されるわけではなく、多分良い方向へ行くはずだ、後は想像に任せます・・・という感じの緩い終わり方。いい塩梅と感じました。・この深刻になり過ぎない空気感に貢献しているのは、間違いなく、おじいさん・おばあさんの存在ですよね。包容力が半端でないこの人たちがいなかったら、チームが空中分解していたでしょう。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 8点(2020-09-08 16:23:42)
87.《ネタバレ》 沖縄を舞台にした男女数名によるありがちな恋愛系青春映画と思っていましたが、いい意味で期待を裏切られました。 これは、仕事の映画でした。もちろん、人があっての仕事、仕事あっての人、っていう。その中身は肉体労働で、単純作業の繰り返しでありながら、「仕事」って一体何だろう? と今一度考えたくなるような、実に深くて心に残る映画でした。 サトウキビを刈る、というわかりやすい作業。 一日中、クタクタになるまで一心不乱に刈りまくり、その報酬として日当をいただく。仕事としての特筆としては、目標達成に向けた進捗度が視覚的に一目瞭然であり、自分の仕事量や欠勤がプロジェクト達成に与える影響まで見える。そして、何と言っても、目標達成した後の充実感、に尽きるだろう。それは、個人としてはもちろん、チームとして、仲間として、プロジェクトとして共有するもの。その全てが、巨大企業の歯車となって一生遮二無二働いたって見えないもの、だろう。おまけにお天道様の下で食べるおにぎりに、夜は沖縄料理のフルコースつきだ。「労働」の尊さとあるべき姿を改めて見せつけられた気がしました。 見渡す限りのサトウキビ畑を冒頭に映すのは基本としても、居酒屋やタバコ屋、そして最大のドラマがあった "病院" を事前に一度見せておくなど、同じ場所の反復も効いている。 沖縄という絶好のロケーションでありながら、観光案内的な内容ではないのも好ましい。 また土地の事情なんだろうか、携帯電話が登場せず、わずか週一 (だったかな) の船便による生活物資の配送も、人間同士のつながりを感じさせ映画性を高めているように思う。 ・・・と、色々と書いたが、やはり、おじぃとおばぁの素朴なやさしさが何よりも心を打ちます。
タケノコさん [DVD(邦画)] 8点(2020-09-01 21:38:46)
86.有意義な時間を過ごすにはメリハリが不可欠との思いを強く感じた映画です。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-09-07 20:18:53)
85.5人の若者がみんな同じ顔をしている時点で、創作としては失敗。各人が過去を語らないということは、各人に過去や背景がないということを意味しない。明示的に表現しないのであればなおさら、人格について丁寧な作り込みを行わないと、登場人物としての必然性がなくなってしまうのだが、この作品はそこまで考えていない。結果、サトウキビ畑の風景や作業そのものに寄りかかってしまっただけ。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2014-01-07 00:55:05)
84.南国のゆっくりした雰囲気がでていた。語りすぎないセリフも心地よかった。
ホットチョコレートさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2013-12-29 14:07:42)
83.ひと冬の間、沖縄でさとうきび刈りのバイトに奮闘する若者を描いた映画。そんなのんびりしたプロットそのままに、ゆったりとした時間が流れる映画です。深呼吸しても水泳は速くならないし、ビリはビリ。でも、する前より楽しくなれる。そんな人生の深呼吸を疑似体験させてくれます。仕事に疲れたときにお勧めです。逃げ込む場所ではなく、ここで休んだらまた行ってらっしゃいと背中を押してくれます。
デルモゾールG軟膏さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-07-30 00:14:18)(良:1票)
82.《ネタバレ》 深呼吸、必要ですよね。
沖縄の離島のキビ刈りバイトを通して、ただただその1点を問いかける作品作りに潔さを感じて、非常に清々しい印象の映画でした。
とかく頭でっかちになりがちなご時世、なんも考えずに(って言っちゃ失礼か)額に汗して黙々と単純作業をするってのは、イイもんですよね。
あ、もちろん『仲間』が居ればなおのこと。
今回は沖縄の景色とおじぃおばぁのヒーリング効果でなんとも嫌味のなくメッセージを受け取ることができました。
しかし、香里奈さん、長澤まさみさんと一緒に働けるなら喜んで飛んでいきますけど、無心に働くのは不可能かなw
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-07-10 08:28:34)
81.それぞれのエピソードが、思ったより響いてこない。香里奈は相変わらず表情ないし。沖縄の風景は良かった。
nojiさん [映画館(邦画)] 5点(2013-07-06 10:16:57)
80.《ネタバレ》 日給5,000円で都会から重労働に行くかは良いとしても、イビキがうるさくて眠れないとかのいがみ合いはないのか?1ヶ月以上も美女美男が共同生活をして色恋沙汰か全くないのか?動脈が切れて輸血が必要な程の大怪我なのに病院に行かなくて良いのか?などなど、現実に染まった心の汚れた私などには御伽噺のような映画でした。沖縄の風景に助けられたヒーリング映画と割切れば良いのでしょうが、それにしてももう一つというところでしょうか。
ダルコダヒルコさん [地上波(邦画)] 4点(2010-12-26 22:10:33)
79.《ネタバレ》 「深呼吸」は暮らしている場所を離れて自分を見直すような意味合いだと思うけど、それよりもイベント的コミュニティがもたらす一体感や達成感の方にポイントが置かれた作品だと思いました。感激しすぎて大森南朋のように同じ仕事を続ける人も稀にいるけれど、大方は元の日常へ戻って行く。本人を取り巻く環境が何も変わらなくとも、物事を前向きに考えられる自分がいるはず。由緒正しい「リクリエーション」を見せてもらいました。彼らの内面の化学変化が分かりやすく沁みこんできて感動的です。トラウマを抱えた医師の再生はあざとい感もあったけど、彼だけは確かに「深呼吸」になったようです。それにしても、本作の「きび刈り隊」の女性陣の偏差値の高さは異常。深呼吸する前に過呼吸になりそうです。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2010-11-15 21:40:52)(良:1票)(笑:3票)
78.《ネタバレ》 男女が入り混じって共同生活を送る設定ではありますが恋愛模様が繰り広げられるわけでもなく、ただひたすら地味で単調なきび刈りの日々が描かれているだけなのに何でこんなに心に響くのでしょうか。沖縄のゆったりとした空気がそうさせるのか、いろいろなものを抱えながらも目標に向かって真摯に突き進んでいく若者たちの姿がそうさせるのか・・・・とにかく爽やかな感動を与えてくれる素晴らしい青春映画でした。
TMさん [地上波(邦画)] 8点(2010-07-15 00:33:02)(良:1票)
77.《ネタバレ》  見るのを1回だけにしておけば良かったのかと思える映画。
そりゃ1回だけにしとけば、あまりにも圧倒的な量の作業に立ち向かい、変わっていく主人公達の姿にうたれないこともないんだけど。
 2回目ともなるとこの映画の前提そのものが気になって。
例えば、何故機械を使わずに手作業でやらなければならないか、一切説明なし。(調べたらレンタル料がとてつもなく高いそうで)
 何故、あのような手順で刈り取らなければいけないかも説明なし。(これも調べたら、枝払いは、刈り取ってまとめてからでもいいそうで。無理に難しい、やりにくい手順に描いてるような気がする)
 低賃金なほとんどボランティアのような状態なこと、農家の経営がかかるような大事な農作業に、未経験者ばかり雇うこと。ここらあたりは、いろいろな情報があって実態はわからない。
 しかし少なくとも、ボランティア同然の賃金で、大変な重労働をさせることで、ようやく成り立つ産業って、絶対歪なんだから、単純に肯定しちゃまずいだろ。

 とにかく、少し考えれば気づくような無理の上に無理を重ねて話を作って、労働は素晴らしい、人間を変えると訴えられてもね。
rhforeverさん [DVD(邦画)] 5点(2010-03-22 10:50:15)
76.《ネタバレ》 長澤まさみはオーラゼロ!!上地なんか存在感すらありません。サトウキビ狩りがやたら楽しそうなのと沖縄のゆったりとした雰囲気は好感がもてます。ただ、あの重労働で日給5000円はありえない。しかも、わざわざ都会からなんて・・・。そこが一番、ひっかかりましたね。嵐以降は蛇足な感じがします。ゆったりとした雰囲気のまま90分程度で映画をしめれば良かったのに。沖縄に興味あるか香里奈のファンなら見ても良いかもね。やたらサトウキビをかじりたくなります☆
マーク・ハントさん [地上波(邦画)] 5点(2009-08-31 12:40:15)
75.《ネタバレ》 何とも都合の良い映画。わけあって沖縄のキビ刈り隊に参加した男女5名が、ぶつかり合いながらもお互いを認め成長していく姿を描いている。で、何が都合いいかって、ストーリーもそうだけど、何よりキャスティング。香里奈と長澤まさみだよ!彼女たちとひとつ屋根の下で過ごせるのなら、俺だって行きたいよ!でも映画だからね。映画にはこういう都合の良い部分も必要で、何気に好きだったりするんだよ。故に7点献上。
フライボーイさん [DVD(邦画)] 7点(2009-08-17 20:09:06)
74.沖縄の映像は綺麗でしたが、少し長いかな。あれで日給5千円はどうなんでしょうね。疲れた心には深呼吸が必要です。
山椒の実さん [地上波(邦画)] 5点(2009-08-06 21:33:50)
73.つっこみ所は多々ありますが、それを踏まえても心地のいい作品でした。映画だからいって、つい映画的な展開や流れを期待してしまいますがそんなお約束を出さなくても、さとうきびを刈るだけで十分彼らの変化を感じ取れました。欲を言えばもう少し彼らの抱えてる問題にも触れてほしかったですが、そこを触れればあのゆるい空気感が壊れてしまうかもわかりませんし、正直この位の方がいいのか解りませんが、とにもかくにも良い映画でした。
アフロさん [地上波(邦画)] 7点(2009-07-04 05:02:50)
72.おれ、これ映画館にみにいってんだよ。そう、そういえば香理奈と長沢まさみが一緒にでてんだよなあ。けっこうすごいメンツ。それだけでもいいが、作品もいい映画!
でも、長沢って、こういう役がピッタリだと思う。実際こういうのに近い気がする。
まあでも、いまや大女優だからなあ。すごい。それから、やはり、こういう映画なので、美男美女が大勢でてくるワケ。だから、どんな状況だって、いいなあ、うらやましいなああ。って、思っちゃう。仮に女性群が、”かもめ食堂”の面々だったら、おれは1秒で逃げ出す。
男ザンパノさん [映画館(邦画)] 7点(2009-02-21 00:08:27)(笑:1票)
71.見終わって、「こういう映画、大好きだなあ」と思って、スタッフを確認したら、脚本に長澤監督の名前を見つけて納得。篠原監督作品も好きだけど(長澤監督もスタッフとしていくつかの作品に参加してるけど)、長澤作品にはたまらなく惹かれる自分なので、この作品が大好きなのは当然です。今まで、沖縄舞台の映画は何本か見てきたけれど、見終わって「沖縄に行きたい」と思えたのは、この1本だけです。まず、青空がきれい。それに、あえて不自然に美しい風景をはさまず、南の島の暑い空気まで感じさせるような映像。そして、青春というには、ちょっと年齢を重ねているけど、やっぱり自己再生というか成長物語的な、青年達の群像劇(?) まさしく癒しの映画ですね。その癒し感を崩さないキャストと演出。自分も仲間に入りたくなってしまう。でも、実際のきび刈り隊にあんなに美男美女だけが集まることなんてないだろうけどね(あたりまえか)。あと、金子さやか、見直しました。こういうキャラもっと演じてほしいなあ。
フラミンゴさん [DVD(邦画)] 7点(2009-02-05 20:52:49)
70.実はこれ、深夜にテレビで何気に見たんだけどゆる~い感じが割と心地良かったです。登場人物の過去とかがあまり描かれてないんだけどそれはそれでいいのかもしんない。そういうのって前面に出すと暑苦しいもんね。煮え切らないのがこの映画のいいところだな。
イサオマンさん [地上波(邦画)] 6点(2009-01-07 20:22:35)
69.これだけ美男美女だったらこんな生活もいいかもしれないな・・・なんて思ったりしました。現実的ではないでしょうが・・・。映画については田舎の良さをあらわしていると思うし、素晴らしいが、ある意味、田舎への逆差別も感じられる映画でもある。
あるまーぬさん [地上波(邦画)] 6点(2009-01-06 00:52:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 88人
平均点数 7.07点
000.00%
100.00%
200.00%
311.14%
422.27%
51011.36%
62123.86%
72022.73%
81719.32%
91112.50%
1066.82%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.21点 Review14人
2 ストーリー評価 6.81点 Review16人
3 鑑賞後の後味 8.17点 Review17人
4 音楽評価 7.42点 Review14人
5 感泣評価 6.00点 Review14人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS