セイブ・ザ・ワールドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 セ行
 > セイブ・ザ・ワールドの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

セイブ・ザ・ワールド

[セイブザワールド]
The In-Laws
2003年上映時間:95分
平均点:5.09 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-06-26)
アクションコメディリメイク
新規登録(2004-06-12)【sayzin】さん
タイトル情報更新(2023-04-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・フレミング〔1964年生〕
助監督M・ジェームズ・アーネット(第二班監督)
キャストマイケル・ダグラス(男優)スティーブ・トバイアス
アルバート・ブルックス(男優)ジェリー・ペイサー
ロビン・タネイ(女優)アンジェラ・ハリス
ライアン・レイノルズ(男優)マーク
キャンディス・バーゲン(女優)ジュディ
リンゼイ・スローン(女優)メリッサ・ペイサー
デヴィッド・スーシェ(男優)ジャン=ピエール・ティボドー
山路和弘スティーブ・トバイアス(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしジェリー・ペイサー(日本語吹き替え版)
鈴木弘子ジュディ(日本語吹き替え版)
宮寺智子(日本語吹き替え版)
後藤哲夫(日本語吹き替え版)
手塚秀彰(日本語吹き替え版)
木下紗華(日本語吹き替え版)
脚本エド・ソロモン[脚本]
アンドリュー・バーグマン(オリジナル脚本)
音楽クラウス・バデルト
作詞ポール・マッカートニー"Live and Let Die", "A Love for You"
マーヴィン・ハムリッシュ
アラン・バーグマン
マリリン・バーグマン"The Way We Were"
ダニー・エルフマン"Will Hunting (Main Titles)"
バート・バカラック"Raindrops Keep Fallin' on My Head"
作曲ジョン・パウエル"Thunder Struck"
ダニー・エルフマン"Will Hunting (Main Titles)"
主題歌ポール・マッカートニー"A Love for You"
挿入曲エルヴィス・プレスリー"It's Now or Never"
ポール・マッカートニー"Live and Let Die", "I'm Carrying"
ザ・ビー・ジーズ"Wedding Day"
撮影アレクサンダー・グラジンスキー
製作エリー・サマハ
製作総指揮アンドリュー・スティーヴンス
トレイシー・スタンリー
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特撮シネサイト社(視覚効果)
その他リチャード・H・プリンス(追加撮影班ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.ダレはしないけどアクションもコメディも中途半端だったなー。期待しなかった分つまんないとは思わなかったけど。オッサンの友情系は何気に好き笑
たいがーさん [DVD(字幕)] 5点(2006-07-11 14:58:03)
10.マイケルダグラスは年齢のわりには頑張ってたと思う。ファットコブラが笑えない。ストーリーもいまいち。
やっぱトラボルタでしょうさん [DVD(字幕)] 3点(2006-06-11 08:29:45)
9.この手の映画にとって、必要不可欠なテンポがいい。で、台詞の斬り方が下品一辺倒でなく、妙に粋。いわゆるコラテラル・コメディは状況が間延びしたり、笑い飽きしちゃったりするんだけど、そういう心配もなく楽しめた。音楽のセンスもごっつ好みでした。P・マッカートニーは嫌いなアーティストなんですが、まぁそんなに気にもならないか。みたいな。
aksweetさん [DVD(字幕)] 7点(2006-05-14 13:23:52)
8.マイケルダグラスっていう大物を起用した時点で失敗。
スタローンのコメディ物ほどはひどくはないけど。
そこそこ面白いシーンも無くはなかったけど、なんか引いちゃいました。
家族を巻き込んでのドタバタという点でシュワルツェネッガーのトゥルー・ライズと比較してしまう。トゥルー・ライズはコメディだけどマジなとこはマジでやっててメリハリがあるんだよね。この映画は最初から最後までコメディタッチで通そうとして間が持たなかったようです。
kazu-chinさん [DVD(字幕)] 3点(2005-04-25 03:30:14)
7.正直微妙です。ストーリー展開もテンポは悪くないし、笑えるシーンもあるにはありましたが、何かいま一つ決め手に欠けていた感じ。パーティー会場が水びたしになるスローは冗長だった気が。ちなみに私は吹替えで観ましたが山路・岩崎両氏のほうです(笑)。
ライヒマンさん [DVD(吹替)] 6点(2005-04-02 23:17:57)
6.マイケル・ダグラスはさすがだ。笑いのつぼを押さえているし、決めるところは決めてくれる。映画のできも良い。終始笑いっぱなしだった。
ビンセントさん 8点(2005-02-14 01:53:21)
5.うーん特徴ないね。なにもかもありきたり。えっつ、小川&橋本のハッスル吹替え? あまりにも辛く、ものの5分で鑑賞打ち切りました。容量の無駄遣いだね。
tantanさん 5点(2005-02-07 22:46:59)
4.決して悪くはないんだけど、何かが足りないなあ・・・。料理で言うと、何だろう?ごちゃごちゃした味をもう少し引き締める何かの調味料が欲しい。
やぶさん 6点(2005-02-01 20:18:34)
3.最初から最後まで中年男2人のドタバタ騒ぎ、コメディー性もイマイチ面白くない。マイケル・ダグラスにコメディーは合わないと思うんですけど・・・
みんてんさん 3点(2005-01-11 17:06:29)
2.バカバカしいけどつまらなくは無かった。
たまさん 6点(2004-12-12 17:36:49)
1.破天荒な男に堅物の男が巻き込まれ、反目し合いながらも最後は友情を確認し合う、そして家族は大切だねってゆー、アメリカ人が好きそうな毒にも薬にもならないファミリー向けコメディ映画(オリジナルの「あきれたあきれた大作戦」は未見)。アクション・コメディと謳われてますが基本的には「コメディ」なので、「アクション」で楽しめる部分は皆無(特にパラシュートのシーンなんか、オリジナルと何ら変わらないであろう合成映像)。昔の映画主題歌(「死ぬのは奴らだ」「男と女」「雨にぬれても」等々)も取って付けただけの様な感じで全く映像と合ってませんでした。ということで、4点献上。
sayzinさん 4点(2004-06-17 23:10:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 5.09点
000.00%
100.00%
200.00%
3327.27%
419.09%
5218.18%
6327.27%
719.09%
819.09%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS