Menu
 > 作品
 > タ行
 > ダウト ~あるカトリック学校で~
 > Oliasさんのレビュー
ダウト ~あるカトリック学校で~ のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ダウト ~あるカトリック学校で~
製作国
上映時間105分
劇場公開日 2009-03-07
ジャンルドラマ,ミステリー,学園もの,戯曲(舞台劇)の映画化
レビュー情報
重厚堅実な演技の応酬を見ているだけで十分楽しめる作品。ただし、ストリープについては、設定上やむを得ないとはいえ、黒フードと黒コートで表情や所作の多くが隠れてしまっているのが惜しい。ホフマンは、善でも悪でもどっちでも成り立ちそうな微妙なラインを繊細に表現している。しかし、MVPはやはりエイミー・アダムスだろう、むしろストリープもホフマンもそれに刺激されて芝居が前進しているのが分かる。僅かな登場で役柄の存在意義を残しているヴィオラ・デイヴィスも忘れがたい。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2011-11-28 00:25:54)
その他情報
作品のレビュー数 54件
作品の平均点 7.15点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
535.56%
61324.07%
72138.89%
81018.52%
947.41%
1035.56%
作品の標準偏差 1.19
このレビューの偏差値 48.96
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ダウト ~あるカトリック学校で~のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS