Menu
 > 作品
 > ナ行
 > ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生
 > へちょちょさんのレビュー
ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生
製作国
上映時間96分
ジャンルホラー,サスペンス,SF,シリーズもの,モノクロ映画,ゾンビ映画
レビュー情報
 1968年時点でモノクロってのは多分に低予算ゆえのコトかと思われるが、それが制作スタッフの想像を遙かに凌駕して秀逸な効果を生んでいる。1978年版「ゾンビ」との最大の違いは正にココにあると思う。カニバリズムの不快さに絶妙なフィルタ-がかけられ、何とも言えない不気味なムードを醸成する結果となっている。ゾンビたちの特殊メイクの稚拙さをボカす意味合いからも「正解」と言わざるをえまい。何がどうなってゾンビが蔓延るようになったのかは相変わらずサッパリ分からないが、兎に角、各地で一斉にゾンビが活動を始めたのだ!!と主人公たちと同様に無理矢理ナットクするしかないのも彼らに感情移入させる動機付けとなっており、78年版などより余程優れていると思う。無名の俳優ばかりなのも、この手の映画の場合には大正解。ココで見慣れたスターなんか出てきた日には「ああ、コイツが主役で生き残るんだな。」と後の展開がバレバレになり、激しく興醒めするコト間違いナシ!!どいつもこいつも全然馴染みが無い顔ばっかりなんで先の読めない緊張感・テンションが維持され続けていた。加えて立て籠もるのがごく普通の館というのも良かった。78年版のスーパーマーケットは長期の立て籠もりを考慮すれば「正解」なのかもしれんが、”ホラー”の雰囲気ブチ壊しだった。ラストの後味悪さもこういうジャンル映画では全くオッケー!!ていうか、アレ位やらんと作品のインパクトが弱くなったかもしれない。78年版は酷評してしまったが、イヤ本作は歴史的意義だけでは無い面白さがあって、以後幾多の類似品(ロメロ自身の作品も含む)を生み出すオリジナルとしての風格すら漂っている。恐らくロメロ監督のベストワークだろう。素直に敬意を表して…8点。
へちょちょさん 8点(2003-03-06 00:48:23)(良:4票)
その他情報
作品のレビュー数 78件
作品の平均点 7.64点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
311.28%
411.28%
533.85%
6911.54%
72430.77%
81519.23%
91823.08%
1078.97%
作品の標準偏差 1.45
このレビューの偏差値 51.71
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS