Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 刑事グラハム/凍りついた欲望
 > sayzinさんのレビュー
刑事グラハム/凍りついた欲望 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 刑事グラハム/凍りついた欲望
製作国
上映時間120分
ジャンルドラマ,サスペンス,刑事もの,小説の映画化
レビュー情報
続編群のスリラー路線と違い、こちらはマイケル・マンの地味な社会派サスペンスのような作りになっているので、続編群を先に観てしまうと、主人公が(プロファイリングというよりも)事件現場で犯人に感応していくように捜査を進める様は、緊張感ではなく退屈に感じてしまうかもしれません。原題は「MANHUNTER」(最初の邦題は「刑事グラハム/凍りついた欲望」という2時間ドラマ風)。余談ですが、製作のディノ・ディ・ラウレンティスは当時大コケした「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」に混同されるのを嫌い、「RED DRAGON」をこのタイトルに変更しました。その努力も虚しくこの映画もコケてしまった為、なんと権利を持っていた「羊たちの沈黙」の製作からも降板。そして15年後、この時の何重ものミスを悔い、晴れて「ハンニバル」を製作したのだそうです。ん~、人に歴史あり、5点献上。
sayzinさん 5点(2002-02-18 22:32:18)
その他情報
作品のレビュー数 20件
作品の平均点 4.55点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
215.00%
3315.00%
4630.00%
5525.00%
6420.00%
715.00%
800.00%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.24
このレビューの偏差値 52.91
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
刑事グラハム/凍りついた欲望のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS