Menu
 > 作品
 > ス行
 > ストレンジャーズ/戦慄の訪問者
 > りりらっちさんのレビュー
ストレンジャーズ/戦慄の訪問者 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ストレンジャーズ/戦慄の訪問者
製作国
上映時間85分
劇場公開日 2009-04-04
ジャンルホラー,サスペンス,シリーズもの,実話もの
レビュー情報
「実話に基づく不条理系ホラー作品」だって知らなかったせいか、観ている最中はそれなりに面白かったです。
なんでしょうか、「現実の未解決事件を題材にした」って言えば何の説明も解決もナシでやりっ放しですむからなのか、近年、こーゆう作品多いですよね。

「実話に基づく」を売りにした場合、やり過ぎるとキツイ場面ばかりになって観客が引くしヌル過ぎると観客が退屈するしで、徹底的に極める事が出来ない分作品の完成度が高くならないのが、この「実話に基づく系」の宿命だと思いました。
まあ最初に「実話が元なんだ。観てみようか」という興味を引くから、興行的に失敗することはないでしょうけど。

そーゆう意味でも、リブ・タイラーを起用したのは成功でした。
「正体不明ゼム」みたいにあまり華のない女優・俳優だと、画面が退屈だわ感情移入もできないわで、大してドキドキもせず終わっちゃいますから。でも「実話に基づく」を強調したい場合は、その方がリアリティがあるのでしょうけど。でもでも、やっぱり映画ですから、お金を払ってでも観たいと思わせるものがなくちゃーいけません。なので、この作品は彼女で成功したようなものかも。

観た後、トマス・H・クックの「七つの丘のある街」を思い出しました。実際の事件で逮捕後に法廷も開かれたけれど、結局犯人たちの犯罪理由に納得できる「なぜ」はありませんでした…。犯人たちの証言もなにが本当で嘘なのかわからない。「リアル」の限界です。それが現実なのだから、映画でくらい、人が求める解答を作って見せてくれてもいいのに、というのが私の本音です。残念。
りりらっちさん [DVD(吹替)] 6点(2014-12-28 15:53:43)(良:1票)
その他情報
作品のレビュー数 11件
作品の平均点 6.18点
作品の点数分布
000.00%
119.09%
200.00%
300.00%
419.09%
500.00%
6436.36%
7327.27%
819.09%
900.00%
1019.09%
作品の標準偏差 2.17
このレビューの偏差値 49.61
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ストレンジャーズ/戦慄の訪問者のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS