Menu
 > 作品
 > タ行
 > 007/カジノ・ロワイヤル(2006)
 > re-bornさんのレビュー
007/カジノ・ロワイヤル(2006) のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 007/カジノ・ロワイヤル(2006)
製作国米,英,チェコ,独
上映時間144分
劇場公開日 2006-12-01
ジャンルアクション,サスペンス,アドベンチャー,シリーズもの,犯罪もの,ロマンス,小説の映画化,スパイもの
レビュー情報
 007に出合ったのは高校1年。映画館で見た「ゴールデンアイ」。ここからあらゆるビデオレンタル屋を駆け巡り、007を借りた思い出があります(田舎だったので、全部の作品を置いている店がありませんでした)。ロジャー・ムーアの軽い感じも好きなのですが、繰り返し見たのは「女王陛下の007」「消されたライセンス」でした(「ロシアより愛をこめて」や「ユア・アイズ・オンリー」も好きです)。つまりリアル路線が好きだったのです。ボンドが人間的に感じるとき、それが最もアクションに力が入り、大きな映画的興奮を味わせてくれました。「消されたライセンス」のトラックのシーン。ボンドの怒りの感情がアクションに乗り移り、最高の興奮、そしてカタルシスを与えてくれました。さて近年の007。テクノロジーだけが進化し、ボンドはその波に飲まれたような印象です。ピアース・ボンドは、スマートでハンサムなのですが、スマートすぎて、人間的なリアルさを持ち合わせていませんでした。「トゥモロー・ネバー・ダイ」ではその良さが出ていたのですが、「ワールド・イズ・ノット・イナフ」ではピアースのボンド像が中途半端なために、作品も中途半端になっていたと思います。そして今回。
 リニューアルは私にはぴったり会いました。もうオープニングの銃口のシーンが、ハードに演出されていて大興奮!!。そして最高の主題歌!!ダニエル・グレイクのボンド起用は、斬新過ぎて不安だったのですが、今回の路線変更にはぴったりでした。リアルさやアクションで魅せてくれます。女性との絡みも思ったより悪くない。カジノシーンが退屈との意見もありますが、途中で挟まる殺しや毒のシークエンスはより緊張感を高めていたと思います。とにかくリアルなボンド、人間的なボンドが帰ってきたのが最大の喜びです。脚本も素晴らしい。後半はアクションでなく、ストーリーと俳優の演技で魅せるのだからたいしたものです。とにかくハードボイルド!拷問のシーンはダニエルだからできたもの。
 ここまでの傑作を作ったので、逆に次の作品がこれを超えられるか不安。でも次もボンドはダニエルでしょうから、この路線が続いていくことには一安心。
re-bornさん [映画館(字幕)] 9点(2006-12-04 22:10:12)
その他情報
作品のレビュー数 195件
作品の平均点 7.12点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
210.51%
321.03%
452.56%
5199.74%
63216.41%
74925.13%
86030.77%
9199.74%
1084.10%
作品の標準偏差 1.46
このレビューの偏差値 58.82
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
007/カジノ・ロワイヤル(2006)のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS