Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
 > あにやん‍🌈さんのレビュー
劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
製作国
上映時間127分
劇場公開日 2018-07-27
ジャンルドラマ,サスペンス,医学もの,パニックもの,ロマンス,TVの映画化
レビュー情報
《ネタバレ》  冒頭にこれまでのあらすじ的なモノが流れるのだけど、初めて『コード・ブルー』に触れる人間には全く理解できないシロモノ。「思い出の名シーン」みたいな。

 完全に一見さんお断り映画。作品世界や登場人物の知識がある事が大前提になってる作り。映画としてちゃんとするよりも、ファンを楽しませる事を第一に作られてるようなカンジ? 映画としてはガタガタ。

 色々なエピソードが同時進行、というよりバラバラに散りばめられていて、でも、それぞれがキチンとした流れになってなくて。起承転結のどれかがスッポリ抜け落ちたエピソードの行列。っていうか、それぞれがレギュラーキャラのドラマを盛り立てるためだけに存在しているようなもので、登場する怪我人も、大事故ですらも、キチンとしたケリをつけないままに放置されるという、最終的にはどうでもいい扱い状態。キャラへの思い入れが総て。

 なので、ドラマを一切見ていない人間にとっては知らない人の結婚式のビデオを見せられるような感覚。勝手に盛り上がってる状態を傍観するのって、なかなかの苦行よね。明らかに馬鹿な状態も、あれ、ドラマを見てた人から見れば自然なのかしらねぇ? 浅利陽介のキャラなんか本当にウザいだけのバカキャラにしか思えないのだけれども、アレもドラマを見ていれば、って? 私語多過ぎでプロ意識欠如しまくった人達の集団に見えるのも、ドラマを(略)

 3人のモノローグが登場して、その禁じ手(通常は1人。じゃないと人称ブレブレでしょ?)を使うのは、その3人が等しく主役だから、って事なんでしょうけど、その恥ずかしいポエムみたいなモノローグはキャラの心情をぜーんぶ説明しちゃうっていう。
 そもそもモノローグ出してこなくたって、全キャラ気持ちも心もセリフで喋りまくってるし。勝手に自分語り始めちゃうキャラ多数で、学芸会風だわよ。

 あと音楽うるさい。超うるさい。ずっと鳴り続け。でもそれもドラマでお馴染みのメロディだったとしたら、ドラマ見てた人にとっちゃ(略)

 一体いつになったら終わるの的な、長い長い馬鹿げたエピローグ部分も、ドラマ見てた(略)

 でも、それでもコレが今って時代を映す日本の映画なのだから、その存在自体を否定はしないわ。普段あまり映画を見ないようなお客さんでシネコンがいっぱいだもの。短いカットをちゃかちゃか繋いだり、上着を羽織る後ろ姿をスローモーションで見せたりして『踊る大捜査線』から20年、全く進歩無しかよフジテレビ映画、とか思ったりはしたけどね。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 4点(2018-07-28 15:47:09)
その他情報
作品のレビュー数 10件
作品の平均点 5.20点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
3110.00%
4220.00%
5330.00%
6220.00%
7220.00%
800.00%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.25
このレビューの偏差値 42.31
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS