Menu
 > 作品
 > ニ行
 > ニセコイ
 > あにやん‍🌈さんのレビュー
ニセコイ のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ニセコイ
製作国
上映時間117分
劇場公開日 2018-12-21
ジャンルラブストーリー,コメディ,青春もの,学園もの,ヤクザ・マフィア,ロマンス,漫画の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》  最近TOHO系を避けて松竹系によく行くようになったんで、特報とか予告編とか見せられまくった気がするのよね、この映画。そのたびに、きっとバカバカしい映画なんだろうなぁ、って。

 いやもうこんな映画に感動させられたり泣かされたりするのってなんか負けた感じがしちゃって。チョロい、チョロいよ、アタシ、みたいな。

 予告編から受けるイメージ通り、あるいはそれよりヒドいギャグタッチのおバカ映画なんだけど、丁寧に作られてるのよね。カメラとか照明とか、ちゃんとしてるの。おバカだからって、決してバカにしてない、手を抜いてない作り。
 ニセモノの恋愛の中に本当の愛を見つける内容に符号するように、ニセモノで飾られた映画の中に本気を見せて貰った感じがして。

 あり得ない設定やキャラばかりで組み立てられているけれど、そのあり得なさの中にいっぱいのキモチが織り込まれていて、そのキモチに引っ張られちゃうのよね。

 ヒロインの強さっぷりと弱さっぷりがとても魅力的で、なんかキモチがシンクロ状態で、友達ノートと『ロミオとジュリエット』とラストで3回泣けたわ。4回泣けますって言いながら1回も泣けなかった映画と対象的ね。おいおい、こんな映画で泣くか~みたいな。
 それにクラスメイトのコ達もいいコなのよね。登場人物が多いので、中途半端な、もう少し描いて欲しいな、ってキャラもいたけど、それだとテンポ悪くなりそうだし。それでなくてもちょっとクライマックスのテンポが悪かった気もしたし。

 決して素晴らしい名画とか言うことは出来ない、マンガ原作の日本らしいおバカ映画だけど、こういうのもアリですなぁ、としみじみ。この映画でしみじみっていうのもヘンだけど。

 そうそう、余談だけど『ニセコイ』のパンフレット、表紙と裏表紙とでデザインが対になってて、中も半分に分かれていて、表紙側から半分は縦書き、裏表紙側から半分は横書きって凝った作りになってるわ。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 7点(2019-03-05 20:16:26)(良:1票)
その他情報
作品のレビュー数 6件
作品の平均点 5.17点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
2233.33%
300.00%
400.00%
5116.67%
600.00%
7233.33%
8116.67%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 2.41
このレビューの偏差値 53.16
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ニセコイのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS