Menu
 > 作品
 > イ行
 > インサイド・ヘッド
 > tubirdさんのレビュー
インサイド・ヘッド のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 インサイド・ヘッド
製作国
上映時間94分
劇場公開日 2015-07-18
ジャンルドラマ,コメディ,ファンタジー,アニメ,ファミリー,CGアニメ,3D映画
レビュー情報
《ネタバレ》 これは本当に凄い。同じ記憶が別の感情に触れるとカラーを変える。感情が迷路に迷い込むと性格を構成する要素が死ぬ。脳内地図を移動するのは思考。眠ると思考も止まるが感情と想像は動いている。喜びと悲しみはコンビ。怒りと恐れと嫌悪はトリオ。喜びが原動力だが道を憶えているのは悲しみ。怒りが突破口を開き嫌悪がそれを焚きつける。恐れは身を守る。イマジナリー・フレンドは成長のために犠牲となって忘れ去られる。11歳が12歳になるとコンソールがいきなり複雑になる。

少年とおっさんの感情メンバーがやたら単純なのは面白い。そうなんだよ、我々の種族では感情は「同時」に働かず「一緒に」動いてしまうんだよ。女性教師が休暇と男のことだけ考えてたり、このあたりの描写は少女の複雑さに魅せられた大人のいかにも大人っぽい自己診断という感じがする。でもあんたらのバックヤードも結構えらいことになってるよ。

この映画では人間の原動力であるヨロコビが世界の仕組みや様相、他のメンバーの大切さを学んで進む成長物語になっている。現実世界でも物事を学ばないで得る「喜び」はすぐ虚無に落ちてしまう。そんな知的な話でありながら知性はあくまで脇に置くという知性が凄い。

追記:一つだけ文句を。子供向け映画で邦題『インサイド・ヘッド』てなんだよ。「あたまのなか(直訳案)」「ライリーの大切な仲間たち(平凡案)」「ココロレンジャー(冒険案)」でもなんでもいいから邦題考えようよ。邦題は何かと叩かれやすいが、ひるむな。もしアナ雪が邦題「フローズン」だったらどうなる?
tubirdさん [DVD(字幕)] 9点(2019-07-02 23:43:42)(良:1票)
その他情報
作品のレビュー数 57件
作品の平均点 7.00点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
211.75%
300.00%
423.51%
51119.30%
61017.54%
7610.53%
81424.56%
91017.54%
1035.26%
作品の標準偏差 1.77
このレビューの偏差値 56.40
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
インサイド・ヘッドのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS