Menu
 > 作品
 > イ行
 > 1917 命をかけた伝令
 > no_the_warさんのレビュー
1917 命をかけた伝令 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 1917 命をかけた伝令
製作国
上映時間119分
劇場公開日 2020-02-14
ジャンルアクション,ドラマ,戦争もの
レビュー情報
《ネタバレ》 確かに宣伝やポスターには、前編ワンカットと書いてあるから、さぞかし緻密に計算され尽くした本番一発勝負作品なのだろうと期待しちゃうのは当然のことだ。なので実際ワンカットではなかったことに、ちょっとだけ騙された気持ちになった。
でもよく考えたら、2時間ワンカットでドカーン!バキャーン!戦闘機バーン!な戦争映画の撮影が成功するなんてありえないわけで、それなら初めから「前編ワンカット(風)」と宣伝してた方が誤解が無くてよかったと思う。

ワンカットといえば、最近だと『カメラを止めるな!』は忘れがたい。もう少し前だと『ある優しき殺人者の記録』が素晴らしかった。これらの映画は、ワンカットで撮ることそのものに意義があった。
また、『ゼログラビティ』という宇宙パニック映画もワンカット。これも素晴らしい映画なんだけど、一方で、ワンカット撮影だと「カメラマンの存在感」がどうしても目立ってしまうことに気づいたのもゼログラビティ。もう宇宙空間でずっと黙ってカメラ構えて撮影してるの大変だろうなって心配になってしまう。そもそもタイトルにゼロつけちゃまずいと思うんだけど、その話はここまで。

同じことを『1917』でも思った。砲弾が飛び交い死体が転がる激戦地を、監督の指示通りの構図をキープしながら、カメラ構えて走り抜ける、カメラマンさんのプロ根性に感心してしまった。ワンカットだから気付いてしまう存在感。
でも今ならわかる。実はこのカメラマンさんの正体は、他ならぬ映画を観る僕たちひとりひとりである。兵士と一緒に塹壕から顔を出すあの恐怖と、部隊を救う使命感、そして戦争の狂気の疑似体験ができた。
思えばここまでワンカット(風)に戦争を撮る映画を観たことなかった。もはやVR。
no_the_warさん [映画館(字幕)] 9点(2020-03-23 15:37:34)
その他情報
作品のレビュー数 19件
作品の平均点 7.32点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
515.26%
615.26%
71052.63%
8526.32%
9210.53%
1000.00%
作品の標準偏差 0.92
このレビューの偏差値 69.87
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
1917 命をかけた伝令のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS