Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 252 生存者あり
 > HARVESTさんのレビュー
252 生存者あり のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 252 生存者あり
製作国
上映時間128分
劇場公開日 2008-12-06
ジャンルアクション,ドラマ,パニックもの
レビュー情報
《ネタバレ》 感動救助物にはそそられないのだが、前半のパニック描写は邦画にしては頑張っている。駅が水浸しになっている風景等は、自身の記憶とリンクし臨場感をもたらしてくれた。こういった不死身+自己犠牲を働く男性主人公はうっかり惚れてしまいそうになるのだが、そういうトキメキを与えてくれるという意味でこの作品は少女漫画的なのである。現に、憧れの王子様が大好きな周りの若い女性にこの作品は好評だった。私自身も嫌いではない。ストーリー自体はありがちすぎて興ざめだが、「252」という数字(暗号)という素材が陳腐なストーリーの中で良いスパイスになっている。映画を見た友人たちと「困ったときは252」と確認しあった。ひとつ勉強になった。この暗号というモチーフがなければとんでもない駄作になっていたかもしれない。
HARVESTさん [映画館(邦画)] 7点(2009-04-06 06:37:21)
その他情報
作品のレビュー数 34件
作品の平均点 4.32点
作品の点数分布
000.00%
125.88%
225.88%
3823.53%
4823.53%
5720.59%
625.88%
725.88%
838.82%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.81
このレビューの偏差値 58.17
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
252 生存者ありのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS