Menu
 > 作品
 > ソ行
 > ソロモンの偽証 後篇・裁判
 > ころりさんさんのレビュー
ソロモンの偽証 後篇・裁判 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ソロモンの偽証 後篇・裁判
製作国
上映時間146分
劇場公開日 2015-04-11
ジャンルドラマ,サスペンス,法廷もの,シリーズもの,ミステリー,青春もの,学園もの,小説の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 原作既読。中学生が裁判をやるっていう時点でファンタジーなわけで、あのガリ勉君の判事とか、神原君とか、みんなのキャラ設定はジュブナイル小説のノリで話は進んでいくのだけれど、扱ってる事件は中学生の自殺事件という、ある意味、連続殺人の犯人捜しなんかよりもリアルでヘビー。この辺のバランスの悪さは原作そのままというか、中学生日記的な子どもたちの演技もあって、増幅しちゃったような気がする。あと、よくわかんないところで流れる一筋の涙とか、やたら倒れたり気絶したりとか、演出面でもくどいし疑問符もいっぱい。保健室での三宅さんと母の涙の抱擁シーンとか必要? 永作さんに見せ場を用意するためにしか見えないし。ほかにも、校長先生にみんなで礼とかもくどいし、テンポも悪い。そして、最悪だと思ったのは音楽。メロドラマ調の音楽が終始流れてるんだけど、中学生主体のシーンには合ってないし、くどさを倍増させる。とどめはU2。あの曲の名イントロをもってしても、違和感しか残らない。全体として、成島監督の名作『八日目の蟬』で成功した手法を踏襲した感じなんだけど、この話には合ってない。数少ないよかった点は、前編で主人公の名前が「中原涼子」になってたことで一番危惧していた原作最大の蛇足が省略されていたことくらい。最後にその話が出てきてU2だったら0点にしてやろうと思った。
ころりさんさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2016-09-09 14:56:48)
その他情報
作品のレビュー数 34件
作品の平均点 4.97点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
212.94%
3823.53%
4720.59%
5514.71%
6720.59%
725.88%
838.82%
900.00%
1012.94%
作品の標準偏差 1.84
このレビューの偏差値 44.17
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ソロモンの偽証 後篇・裁判のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS