Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラースと、その彼女
 > ザ・チャンバラさんのレビュー
ラースと、その彼女 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ラースと、その彼女
製作国米,カナダ
上映時間106分
劇場公開日 2008-12-20
ジャンルドラマ,ラブストーリー,コメディ,ロマンス
レビュー情報
《ネタバレ》 かなり深刻な題材を扱いながらも、たまに笑いを入れて重くなりすぎないよう微妙な温度感まで調節された脚本と演出が素晴らしく、高評価にも納得の作品となっています。
ただし、面白かったかと言われると微妙。ラースの抱える心の闇がほとんど描かれておらず、また、ラースの異常行動に対する住民たちのリアクションも行儀が良すぎて、もうひと山を作れていないような印象を受けるのです。ドロドロの葛藤を描くべきとは言いませんが、たまにラースを傷つける人が現れて、順調に進んでいた治療が逆戻りするかもしれないというハラハラ感を出してもよかったのではないかと思います。
また、ラースの心境にフォーカスしても、マーゴとの距離が近づいた途端にビアンカを葬るという解決方法には違和感を覚えました。彼にとってラブドールのビアンカは現実の女性と同等の存在。都合が変わったからと言って、ビアンカを殺してしまうという選択肢はモラルに反しているように思いました。ビアンカはラブドールであることをラースに認識させた上で、次のステップに進ませるという解決にした方が、個人的にはスッキリしたと思います。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 6点(2016-01-26 16:20:03)
その他情報
作品のレビュー数 43件
作品の平均点 7.23点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
436.98%
549.30%
649.30%
71023.26%
81330.23%
9920.93%
1000.00%
作品の標準偏差 1.48
このレビューの偏差値 44.34
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ラースと、その彼女のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS