Menu
 > 作品
 > オ行
 > オールド・ボーイ(2013)
 > ザ・チャンバラさんのレビュー
オールド・ボーイ(2013) のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 オールド・ボーイ(2013)
製作国
上映時間103分
劇場公開日 2014-06-28
ジャンルアクション,ドラマ,サスペンス,リメイク,漫画の映画化,バイオレンス
レビュー情報
《ネタバレ》 ハリウッド版ということで独自アレンジが多く入るのかと思っていたのですが、意外なことにパク・チャヌク版のあらすじを極力変えないという方針で制作されています。改変が入ったのは、オリジナルのままでいくとあまりに無理がありすぎるという部分のみ。例えば、成長の過程を見ていないとは言え、主人公が目の前の女性を自分の娘として認識できないことは不自然。よって本作では監禁開始時の娘の年齢を引き下げ(4歳→3歳)、一方で監禁期間を延長(15年→20年)、主人公は娘の誕生日会にも出ないほど子育てに無関心だったという設定に変更し(オリジナルは子煩悩)、さらには別人を娘だと信じ込ませるための仕掛けを加えて、オリジナルでもっとも不自然だった部分をうまくカバーしています。こうした改変が功を奏して随分と見やすい作品になったという点で、リメイクの価値はあったと思います。
ぎらついた存在感にボテ腹というジョックスの成れの果てのような監禁前の姿から、禅の僧侶のような落ち着きとビルドアップされた肉体を見せる監禁後まで、振れ幅の広い役柄をジョシュ・ブローリンは見事に演じています。彼の演技や肉体の説得力が非現実的な物語に血を通わせており、その熱演は作品にきっちりと貢献しています。当初主演に予定されていたウィル・スミスが果たしてここまで出来たかどうかには疑問の余地があり、ブローリンという人選は的確だったと思います。
オリジナルにあった訳のわからんアクの強さは随分と薄まったものの、コンパクトで見やすい作品となったことで、これはこれで支持できるリメイクとして仕上がっています。
ザ・チャンバラさん [インターネット(字幕)] 7点(2016-10-13 20:05:32)
その他情報
作品のレビュー数 19件
作品の平均点 6.26点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
415.26%
5210.53%
6736.84%
7947.37%
800.00%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 0.85
このレビューの偏差値 60.23
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
オールド・ボーイ(2013)のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS