Menu
 > 作品
 > フ行
 > フレイルティー/妄執
 > ザ・チャンバラさんのレビュー
フレイルティー/妄執 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 フレイルティー/妄執
製作国
上映時間100分
劇場公開日 2002-11-23
ジャンルホラー,サスペンス
レビュー情報
ビックリしました。ビル・パクストンというぱっとしない俳優の初監督作で、しかもサイコサスペンスという難しいジャンルに挑戦なんて誰が期待するんだって思いますが、これが大変な出来で本当に驚かされました。確かに脚本の出来が秀逸というアドバンテージもありますが、監督の采配が驚くほど的確であることも否定できません。何を見せて何を見せないべきかという判断が非常に的確だし、役者から良い縁起を引き出しているのも自身が俳優のビル・パクストンならではと言えます。この映画が独特なのはサイコキラーの父親を持った子供達の物語ということであり、狙われる被害者や犯人を追う刑事を主役としてきたこれまでのサイコサスペンスとは一線を画しているところにこれまでにはない面白さがありますが、こうした前代未聞の題材だけに従来のサスペンスとはアプローチが大きく異なります。「羊たちの沈黙」のレクター博士や「セブン」のジョン・ドゥなどはおおよそこの世のものとは思えぬ異常性を発揮して作品の要となりましたが、ここでのサイコキラーはただ異常なだけではいけないのです。愛する父親が殺人鬼となった時に子供達はどんな反応を示すのかがテーマだけに、異常性を発揮する前の親子関係がきっちり描けていないと題材は価値を失います。そこに来て監督ビル・パクストンはこの特殊な親子関係を違和感なく見せてくるのですから大したものです。同時に俳優ビル・パクストンは良い父親と狂気のサイコキラーを多重人格ではなく同一人物の中で見せるという難しい演技も成功させているし、まさかここまで才能のある人だとは思いませんでした。知られざる傑作とはこのことなんだなと思わせる魅力的な映画です。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 9点(2006-11-18 01:32:10)(良:1票)
その他情報
作品のレビュー数 43件
作品の平均点 6.93点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
436.98%
5511.63%
6716.28%
71125.58%
81227.91%
949.30%
1012.33%
作品の標準偏差 1.45
このレビューの偏差値 59.80
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
フレイルティー/妄執のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS