Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラストレター
 > ヴレアさんのレビュー
ラストレター のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ラストレター
製作国
上映時間120分
劇場公開日 2020-01-17
ジャンルドラマ,ラブストーリー
レビュー情報
《ネタバレ》 手紙を通して過去と未来を繋ぐという枠組みは「Love letter」と同じだが、それ以上でも以下でもなく。

現代においては何故スマホではなく手紙を使ったやり取りになるのかというのがごく自然な流れで行われるのでそこは良かったし、一方通行だった手紙が徐々に双方向、さらには第三者が介入していくというのは面白い展開だった。

しかし、物語的にちっとも前に進んでいかないというか、同じ所をただグルグル回っているだけのような気がして、そこまで感動したりとかはなかった。
せめて、福山雅治がトヨエツをぶん殴るぐらいのアツい展開があれば良かったのだが…。

とは言え、昔の岩井俊二を思わせる落ち着いた展開が心地良かったのと、「Love letter」においては全く意味の無かった中山美穂による二役が、本作の広瀬すずと森七菜のニ役にはちゃんと意味があったのでそこは良かった。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 6点(2020-01-17 17:34:19)
その他情報
作品のレビュー数 9件
作品の平均点 7.78点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6444.44%
700.00%
8111.11%
9222.22%
10222.22%
作品の標準偏差 1.69
このレビューの偏差値 43.74
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ラストレターのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS